包丁スタンドDIY

キッチンをスッキリ見せるオシャレで男前な包丁スタンドの作り方

キッチン用品の中であったらオシャレだなと思うのが、包丁スタンドですね。包丁スタンドの形は差し込むボックスタイプが多いですが、包丁を差し込む穴を洗えないなど衛生面が気になります。(奥様が。)

そこで、今回はオープンなデザインで衛生的にも安全そうなタイプをDIYしようと思います。材料は木目の綺麗な木材を。。と言いたい所ですがSPFなどの端材を有効活用します。

包丁スタンドの材料

  • SPF1×6材 250mm程度
  • 10×25白木角材 600mm程度
  • 5mm厚角材 40mm程度
  • SPF1×1材 210mm程度

包丁スタンド製作の道具

  • 丸のこ・丸のこ定規 orスライド丸のこ
  • メジャー・差し金
  • カンナ・ノミ・のこぎり
  • サンドペーパー#100、#240
  • 木工用ボンド
  • クランプ各種
  • ワトコオイル(ダークウォルナット)

DIYレシピ

今回の包丁スタンドは、180mm牛刀三徳包丁ペティナイフの3本を収納するサイズにしました。お持ちの包丁サイズを参考に。

立板の加工

メインの材料はSPF材白木角材です。木目の綺麗な材料があれば綺麗な家具調になりますが、今回はコスト重視で。

包丁スタンドDIY 材料

包丁スタンドの縦板はSPF1×6材を斜めにカットして効率的に左右分2枚製作します。

カットは丸ノコ丸ノコ定規です。角度は記録忘れてしまいましたが、包丁スタンド前面は斜めにして背面は直角です。

包丁スタンドDIY 横板寸法

カットした縦板を2枚重ねて、段差を削ります。

motto
中心でカットしたつもりでも1mm程度の差が出来ました。。多分、ノコ刃厚分の誤差ですね。

カンナ台にクランプで固定すると、削ることに集中できます。

包丁スタンドDIY 横板加工1

ポイント

2枚を揃えて同じ形にする時のカンナ掛けは、カンナが斜めにならないように注意しながら削ります。

包丁スタンドDIY 横板加工2

形を揃えた縦板材を重ねて、サイズカットしていきます。

今回は、底面長さを80mmにしました。安定感と邪魔にならないサイズとしてはいいサイズかなと思います。

包丁スタンドDIY 横板加工3

使っている包丁が180mmの牛刀なので、高さ200mmに設定。200mm以上の包丁の場合は底面長さも長くしたほうが安定しますね。

包丁スタンドDIY 横板加工4

横幅を決めて横部材の長さを決める

今回、3本の包丁を立てます。その幅+余裕で、包丁スタンドの内寸を170mmにしました。

包丁スタンドDIY 横板加工5

包丁を差す部分の部材は25mm×10mmの白木角材を2本、5mmの間隔を開けて取り付けます。

メモ

包丁スタンド内寸170mm + 縦板厚19×2 + 左右30mm×2 = 268mm

縦板下背面角にも補強用の角材を入れます。こちらは内寸+板厚2枚で208mmです。

包丁スタンドDIY 横板加工6

包丁を差す部分の角材部分と補強用角材用欠き加工の墨線を引きます。

ポイント

なるべく接合した時の隙間を減らしたいので、気持ち小さめに採寸してノミで調整します。

包丁スタンドDIY 横板加工7

作業台に部材をシッカリと固定して胴付きのこぎりで墨線内側でカットしていきます。

上面と下面を交互に確認しながら、力を入れず引く力のみでカットすると曲がらずに綺麗にカット出来ます!

包丁スタンドDIY 横板加工7

背面角のSPF1×1材が入る場所も同様に。

包丁スタンドDIY 横板加工8

何本か切り込みを入れた不要部分をノミやノコで取り除いていきます。

注意ポイント

ノミは使用する前に良く研いであるかを確認しましょう!切れないノミは材料を荒らしてしまいますよ!

包丁スタンドDIY 横板加工9

不要部分の取り除きが完了しました。

この段階で、仮組みしてはめ込みの硬さを調整します。

包丁スタンドDIY 横板加工10

包丁差し部材の加工

包丁スタンドの上部、包丁を差す部分の角材は両端下部を隅切したデザインにします。

ここは完全なデザインで機能的には関係ありません。

包丁スタンドDIY 包丁置き部材加工

こちらも作業台にシッカリと固定し、切るラインに合せて角材を固定。固定した角材に沿わせながら切ると綺麗にカット出来ます。

包丁スタンドDIY 包丁置き部材加工2

包丁スタンドの組み立て

角部材の加工が完了したので、木工用ボンドで組み立てていきます。差し金等で直角や垂直をシッカリ確認。

縦板と底角の補強用角材が固まってから、包丁を差す部分を組み立てます。

 

包丁スタンドDIY 組み立て2

25×10の角材に19mm幅にカットした5mm厚の角材を縦板と重なる位置に接着。

包丁スタンドDIY 組み立て3

組み立てたら塗装できない幅なので、この段階で角材が重なる部分を塗装します。

今回の塗料はワトコオイルダークウォルナットにしました。高級家具の仕上材ですが、天然由来の亜麻仁油が原料なのでキッチン系にも安心ですね。

包丁スタンドDIY 組み立て4

塗装完了。この状態で乾燥させて磨きまで仕上げます。

包丁スタンドDIY 組み立て5

内側の塗装仕上げが完了したら、木工用ボンドで接着。

こちらも固まるまで待ちます。

包丁スタンドDIY 組み立て6

縦板に上部部材を組付けていきます。

キツめに加工したので、当て木を置いて金槌で少しずつ様子を見ながら組んで行きます!

注意ポイント

キツ過ぎる場合は、一度外してノミで調整して組み上げます。無理をすると縦板が割れてしまいます。慎重に。

包丁スタンドDIY 組み立て7

無事に組み上げ完了です。

5mm厚の角材と縦板が直線になるように微調整して完了です。

包丁スタンドDIY 組み立て8

ここから、根気のいる作業です。

各合わせ目が揃うようにカンナとサンドペーパーで整えます。

motto
正確に測って加工しても0.5mm程の誤差が。。。修行が足りません。。

包丁スタンドDIY 組み立て9

ワトコオイル塗装

各部の調整が完了したので、削り粉を取り除き塗装を掛けます。

1回目は軽くワトコオイルで色付け。

包丁スタンドDIY 塗装

2度目は、多めに付けてスチールウールで磨きます。(湿式研磨)

乾燥したら、ウエスで磨き上げて完成です!

包丁スタンドDIY 塗装2

包丁スタンドの完成

包丁スタンドが完成したので早速、包丁を差して撮影!

綺麗めと言うよりは荒々しい感じですが、満足の出来です。

包丁スタンドDIY 完成1

抜き差し、使用感は良好!

安定感もバッチリです!

包丁スタンドDIY 完成2

製作を終えて

久しぶりのキッチン用品DIYでしたが、いつか作りたいなと思っていたので満足ですね。綺麗めに作る場合は木材を家具用のチークやウォルナットで作ると綺麗な木目が楽しめますね。

ワイルド感はこちらの方が上かなと思います。道具は最小限ですが、木の組み合わせを綺麗に合せるための作業は丁寧に行う必要があります。丁寧に作った作品は愛着も湧きますし。

オススメ商品

亜麻仁油を原料とした安心な木部仕上剤 ワトコオイル

NEW POST

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.