ハイチェアDIY

【ハイチェアDIY】カウンターチェア(ハイスツール)にもなる座面70cmのハイチェアの作り方

補強材、座面板の切り出し

30mm×100mm、長さ400mmの板2枚を繋げて座面にします。

足掛けと補強材は400mmに3本カット。

ハイチェア製作25

座面板の製作

 

座面板は板2枚を面付で接着しました。接着後の段差はカンナなどで整形します。

横を片欠き加工で繋げるので大丈夫かなと思います。

ハイチェア製作27

フレームの片欠き墨付け

ハイチェアフレームの横方向は欠き継ぎで強度を出します。

ハイチェア製作28

欠き深さは全て10mmにしました。

溝の角度を左右間違えない様に。

ハイチェア製作29

座面以外の位置や高さは任意です。

補強材は、なるべく下の方が安定しますね。

ハイチェア製作30

フレームの片欠き加工

欠き加工は丸ノコとジャスティーⅡで。

今回は欠き箇所が多いので集中して。

ハイチェア製作31

30分掛けてフレーム2本の欠き加工が完了しました。

流石にヘナチョコ手首が限界です。。。

ハイチェア製作32

溝は金槌とノミで段差が出来ないように綺麗に整形します。

ハイチェア製作33

ハイチェア製作34

座面の塗装

今回は座面のみアクセントでブライワックスジャコビアンを使います。

ハイチェア製作35

ハイチェア(ハイスツール)の組み立て

全てのパーツ加工が終わったので、いよいよ組み立てます。

まずは座面から。

欠き加工溝には仮止めの意味で木工用ボンドを使います。

ハイチェア製作36

当て木をしながら、位置を微調整して行きます。

ハイチェア製作37

座面の次は足置き材や補強材を組んでいきます。

ハイチェア製作38

ビス止めは部材の中心点で揃えた方がキレイです。

差し金で測りながら位置を決めます。

ハイチェア製作39

まず最初に8mmドリルで深さ10mmの穴を開けます。

ハイチェア製作40

次に下穴ドリルで40mmほど。

コーススレッド50mmを打ち込み本固定します。

8mm丸棒を15mm程度でカットし、木工用ボンドを付けて穴に差し込みます。

ハイチェア製作41

ボンドが乾いたら『アサリなしノコ』で余分な部分をカットします。

ハイチェア製作42

カンナとサンドペーパーで丸棒部分と各部の仕上げ。

ハイチェア製作43

亜麻仁油でオイル仕上げ

フレーム本体の塗装はオイル仕上げにします。

クリアな仕上がりとしっとりツヤ感でチョイスしたのが亜麻仁油です。

motto
亜麻仁油は乾性油なので、乾くとサラサラした肌触りになります。

ワトコオイルの原料でもあります。

ハイチェア製作44

保養面にオイル被膜ができる程度塗り込みます。

#600のサンドペーパーで全体をサンディングしてウエスで拭き取り。

最後に亜麻仁油を仕上げ塗りして、2~3時間ほどしたらウエスで拭き取ります。

後は1~2日乾燥させればOKです。

ハイチェア製作45

ハイチェア(ハイスツール)の完成

相欠き加工に片欠き加工とチョット面倒な作業が多かったですが、出来栄えに満足!

ハイチェア製作46

製作を終えて

今回のキッチンカウンターチェアはシュッとしたスタイルを考えていたので、細い角材を使いました。強度的な不安もありましたが、私の体重(笑)でもビクともしない強度で一安心。

レンジフードでパソコンしながらタバコを吹かす。そんあ事も出来る様になりました。(笑)

オススメグッズ

角度の付いたDIYの必須アイテム

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥909 (2020/10/29 05:53:42時点 Amazon調べ-詳細)

様々な角度カットに便利な丸ノコガイド

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥1,100 (2020/10/29 22:20:46時点 Amazon調べ-詳細)

関連動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio