小物を切る丸鋸ガイドDIY

【丸鋸平行ガイド】丸鋸で小物や鋭角カットする為の丸鋸ガイド 平行ガイド活用タイプ

丸鋸で小さい木材カットや鋭角な角度のカットは危険!

不安定な固定になる小さな木材は苦手です。

そんな小さい木材をカットする為の丸鋸ガイド(平行ガイド活用タイプ)を製作しました。

YouTubeにて製作動画も配信中!

平行活用タイプの小物カット丸鋸ガイドDIY

丸鋸ガイドの材料

  • パイン集成材 15mm厚×幅90mm×600mm(800mm以上を推奨)
  • 檜材 15mm厚×幅30mm×910mm
  • 鬼目ナットM6×15mm
  • チェンジノブM6
  • M6ボルト長さ各種2本 1セット
  • シンワ スリムシフト30cm(カット時に使用)
  • 木工ビス25mm
  • 1mm厚ゴムシート

丸鋸ガイド製作の道具

  • インパクトドライバー
  • 7.5mm、8.0mm木工ドリル
  • 簡易ドリルガイド
  • ノコギリ
  • ノコギリガイド
  • クランプ各種
  • 木工用ボンド
  • サンディングシーラー(木材表面硬化用)
  • ゴム系接着剤

丸鋸ガイド材料の解説

今回使用したパイン集成材は、無垢材に比べて曲がり反りが発生しづらいのでチョイスしました。

幅は丸鋸ベース幅に合わせて90mmに。

クランプ用木材は硬めの木材が良いです。

今回はヒノキ工作材を選びました。

小物を切る丸鋸ガイドDIY1

集成材でも購入する前に反り曲がりチェックは必須です!

小物を切る丸鋸ガイドDIY2

丸鋸ガイド本体の加工

丸鋸ガイド本体にクランプ取り付け用鬼目ナットを取り付けます。

今回は6ヶ所に取り付けてみました。

motto
実際に使ってみて追加も良いと思います!

小物を切る丸鋸ガイドDIY3

鬼目ナットの組み付け

強めに固定する必要があるのでM6以上の鬼目ナットが良いです。

更に丸鋸ガイド板厚より短い物を。

小物を切る丸鋸ガイドDIY4

鬼目ナットには推奨の下穴サイズがあります。

ただし、板の硬さ使用条件でも変える必要があります。

小物を切る丸鋸ガイドDIY5

鬼目ナットはテーパー状になっています。

今回は強い保持力が必要なのでタイトにしたいと考えました。

そこで、細い方を7.5mmとして入口側を8.0mmにしました。

小物を切る丸鋸ガイドDIY6

半分までを8.0mmドリル。

小物を切る丸鋸ガイドDIY7

半分から貫通までを7.5mmに。

小物を切る丸鋸ガイドDIY8

全体的にキツめなので、ゆっくり回して木材が裂けない様に。

先細り下穴なので曲がらず真っ直ぐ入る効果も!

小物を切る丸鋸ガイドDIY9

ガイド上面に鬼目ナットが飛び出ない様に締め込みます。

小物を切る丸鋸ガイドDIY10

表面に凹凸ができた場合はサンドペーパーで平坦に。

小物を切る丸鋸ガイドDIY11

実際に丸鋸を走らせて確認しましょう!

小物を切る丸鋸ガイドDIY12

本体加工は一旦ここまで。

クランプ製作に入ります。

クランプ製作サイズの検討

今回の設定は30×40角加工をメインで考えています。

実際に角材を置いて、固定に最適な長さを検討しました。

小物を切る丸鋸ガイドDIY13

使った木材はヒノキ工作材です。

小物を切る丸鋸ガイドDIY14

各パーツを一気にカット。

小物を切る丸鋸ガイドDIY15

クランプ部材の参考サイズ

今回のクランプの参考値です。

メインで加工する木材サイズに合わせた方が確実に固定できます。

小物を切る丸鋸ガイドDIY16

支持パーツから木工用ボンドで接着。

小物を切る丸鋸ガイドDIY17

強度が必要な部分なので、クランプで圧着。

小物を切る丸鋸ガイドDIY18

サンアップ(SUN UP)
¥650 (2022/09/29 16:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

締め付けボルト用穴あけ

クランプ部材70mmにボルト穴を開けます。

位置は前寄りに。

小物を切る丸鋸ガイドDIY19

小物を切る丸鋸ガイドDIY20

次のページへ >