ほぞ穴加工

電動ドリルとノミでほぞ穴を開ける方法をご紹介!

ノミ加工

ノミ加工は、墨線の周りに軽く切り込みを入れる作業から始めます。

今回は最初に裏側から切り込みを入れました。

墨線の幅に合わせてノミの刃幅を合わせて、丁寧に墨線に刃を合わせて、軽く金づちで叩きながら切り込みます。

DIYテクニック ほぞ穴加工4

長辺はノミの刃幅が広いタイプで切り込みを入れます。

DIYテクニック ホゾ穴加工5

ポイント

なるべく広い刃幅のノミを使う方が、墨線からズレる可能性が低くなります。


表側も同じように、ノミで軽く切り込みを入れます。

DIYテクニック ホゾ穴加工6

切り込みを入れたら、金づちで叩きながら少しずつ掘り込みます。

DIYテクニック ホゾ穴加工7

縦ラインの切り込みまで彫り込んだら、また同様に縦ラインを切り込み掘り進めます。

彫り込む順番は、縦に切り込み → 横にすき取る感じです。

DIYテクニック ほぞ穴加工8

縦の切り込みは垂直を意識しましょう。

すき取りは一気に行うのではなく少しずつ行いましょう。

DIYテクニック ホゾ穴加工9

ある程度、表面をすき取ったら裏側も同じように掘り込みます。

DIYテクニック ホゾ穴加工10

裏表を均等に掘り込み、ほぞ穴の中心くらいの深さで貫通させるとズレの修正がしやすいです。

DIYテクニック ホゾ穴加工11

貫通できました!

しかし、まだほぞ穴の中が少し荒れているので、ノミで丁寧に修正します。(この作業は金づちを使わずに行います。)

DIYテクニック ホゾ穴加工12

ほぞ穴が完成しました。

DIYテクニック ホゾ穴加工13

ほぞ組み

ほぞ穴に合わせたホゾ先を作り、ほぞ組みの完成です。

DIYテクニック ホゾ組み1

DIYテクニック ホゾ組み2

DIYテクニック ホゾ組み3

▼ほぞ穴で製作した作品はこちら▼

ラダーシェルフ

まとめ

ほぞ穴加工はとても奥が深い作業です。何回作っても納得がいく出来にはなかなかなりません。

完成度は木材の種類によっても違います。また、やり方もいろいろあり、ほぞ先の固定方法やほぞ穴の縦横の寸法を微妙に調整して締める方法もあります。

ほぞ穴加工は終わりがないからこそ面白い作業だと思います。宮大工のように精巧にはいきませんが、「ちょっとだけプロっぽい事ができるぞっ!」というだけでも、作品のクオリティを上げ、DIYに対する自信も持つことができます。

回数を重ねるごとにいろいろ改善策が見えてくるので、まずは一度トライしてみましょう!

相欠き継ぎ加工
釘やビス不要の相欠き継ぎ(あいかきつぎ)方法をご紹介! DIYでも活用できる!

DIYは通常、木材 ...

続きを見る

おすすめアイテム

ノミは3種類ほど持っていると、様々な穴の大きさに対応できます。

角利産業(Kakuri Sangyo)
¥25,541 (2020/10/29 18:02:39時点 Amazon調べ-詳細)

真っ直ぐに穴をあけるドリルガイド

SK11(エスケー11)
¥4,433 (2020/10/29 12:00:36時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio