キーフック

100均カッティングボードで壁掛けキーフックを作る! @DIY女子

大人気の100均カッティングボードと100均黒板塗料を使って、カワイイ壁掛けキーフックを作ろう!

今回は黒板塗料も含めて、全てのパーツをセリアで揃えたプチプラ製作法をご紹介します♪

ベースは料理を乗せる100均カッティングボードを使って、木肌を活かしたナチュラルテイストに仕上げました。

ブラックとグリーンの2種類をご紹介します。

DIYレシピ

カッティングボードリメイク材料

20160731-1

  • カッティングボード(セリア)
  • 黒板塗料(セリア)
  • アンティークフック(セリア)
  • チョーク(セリア)

※画像はダイソーの黒板塗料も写っていますが、使用したのはセリアのものです。

カッティングボードリメイクの道具

  • 刷毛
  • トレー
  • マスキングテープ
  • ドライバー

黒板塗料で塗装

カッティングボード全面を塗装するよりツートンにした方が可愛いかなと思います。

そこで、お好みの位置でマスキングテープを貼り塗り分けします。

今回はカッティングボードの下にフックを取り付けるので、ボードの1/4ほどの部分にマスキングテープを貼りました。

カッティングボードにマスキングテープを貼る

今回使うセリアの黒板塗料をご紹介します。

塗るだけで黒板になるペイント

内容量は15mlと少ないですが、塗料自体は伸びもよく、小物の塗装にはもってこいのアイテムです。

水性タイプなので匂いもなく、刷毛も水で洗えるので便利です。

黒板ペイントをカッティングボードの上部にまんべんなく塗ります。

黒板塗料を塗る

黒板塗料が完全に乾く前にマスキングテープを静かに外します。

半乾燥の塗料で手を汚さないように注意して!

無塗装の部分に塗料が付いた手で触ると台無しですよ!

黒板塗料が乾いたらマスキングテープを取る

マスキングテープを剥がしたら、完全に乾くまで放置。

大体、2~3時間で完全に乾きます。

注意ポイント

ドライヤーなどで強制的に乾燥させると、カッテイングボードが反る場合があります。

自然乾燥がオススメです!

フックの取り付け

塗装をしていない木目部分に、アンティークフックを取り付けます。

インテリアミニフック

ドライバーを使い、付属のネジで止めていきます。

カッティングボードは柔らかい木材なので、手で簡単にネジを締めることができます。

左右均等の高さになるように注意しましょう。

フックを取り付ける

カッティングボードリメイク完成

チョークでお好みのデザインを書いて完成です。

画鋲をさして壁に取り付けてください。

壁掛けキーフックの完成1

ちなみに、同じセリアの商品で色違いのグリーンで作るとこんな感じです。

壁掛けキーフックの完成2

製作を終えて

セリアの黒板塗料は乾きが早く、伸びも良かったのでスムーズに塗ることができました。

全て100均アイテムで作りましたが、100均とは思えないクオリティで大満足の仕上がりです。

ただ、狭い範囲をチョークで描くのは大変です。チョークが太いので、思ったように字が書けませんでした(笑)

お子様のお絵かき用に、壁一面に黒板ペイントを塗る場合はとても楽しめるのではないかなと思います♪

セリアとダイソーペイント比べ
100均黒板塗料比較! セリアvsダイソー100均黒板塗料を塗り比べてみた! @DIY女子

今話題の「塗るだけで黒板 ...

続きを見る

おすすめ商品

大きな面積を塗る時は人気のターナー色彩シリーズがオススメ!

NEW POST

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.