【ステンシルDIY】上手な切り抜き方と便利道具のご紹介♪

ステンシルの上手な切り抜き方

自作のステンシルはDIY作品のクオリティをアップさせてくれるので、とても人気があります。しかしネックなのは「切り抜き作業が難しい」という事。

今回は、そんなステンシルの切り抜きを上手に行うコツと、オススメの道具をご紹介します。

便利道具のご紹介

デザインナイフ

「ステンシルはカッターで切り抜く」という事はどなたでもご存知かと思いますが、しかぁし!!

普通のカッターじゃダメなんです。ダメなのです。あぁ、ダメなんです。。。

ステンシル文字は曲線や角をキレイに作らなければいけません。普通のカッターでは曲線はガキガキ、角は切りすぎてしまう恐れがあります。刃も不安定なので、細かい作業には向いていません。

ステンシルを切り抜く時はこの「デザインナイフ」を使用しましょう。

デザインナイフ1

私が使っているデザインナイフは刃の角度が2種類あって、35度と45度がセットになっています。普段は35度を使用しています。

持ち方は鉛筆を持つように軽く持ちます。

デザインナイフ2

刃のグラつきもなく、指先のちょっとした動きも繊細に表現することができます。

カッターマット

オススメしなくても絶対必須でしょ!と思われるカッターマット。でもね、ここ大事。ちゃんとしたものを使いましょう!100均のカッターマットはオススメしません。

カッターマット

私は100均カッターマットも持っていますが、100均のものは素材も固く、ナイフの刃が滑る感じがします。

ちゃんとしたカッターマットは刃当たりが良く、柔らかいです。そして、ナイフが滑ることがないので、自分が思った位置で刃をストップさせることができます。

女性は100均アイテム大好きですが(そう言う私も…)、これだけはしっかりとしたものを購入して下さい(^^)

OHPフィルム

ダイソーのステンシル用シートも使ってみましたが、オーブンシートみたいな材質で刃が滑って切りすぎちゃうことがありました。

ダイソーのステンシル用カッティングシート

プラ板で切ってみたりといろいろ実験しましたが、やっぱり切りやすかったのは「OHPフィルム」!

OHPフィルム

固くもなく柔らかすぎることもなく、角でスッと刃を止めることができます。

以上、オススメアイテム3点をご紹介しました。このトリオを使ってステンシルを切り抜くと、上手に切れるようになります♪道具や材料選びも大切ですね♪

ステンシル3点セット

ステンシル切り抜きのコツ

しっかり固定させる

OHPフィルムは印刷することができますが、私はステンシル文字を普通用紙に印刷して、その上にフィルムを重ねていつも切り抜いています。

テープでマットに固定する1

直接印刷する場合も重ねて切る場合も、テープでしっかりマットに固定させて切りましょう。

テープでマットに固定する2

刃は軽く当てる

切るときは刃の先端で切っていきます。

刃の先端で切る

デザインナイフの切れ味はバツグンです。力まなくてもスッと切れます。

軽い力で切る

逆に力んでしまうと切りすぎてしまうので、軽い力でゆっくり切るようにしましょう。

基本は「一方通行」で切り抜こう

私はいつも直線からスタートしますが、なるべく一方通行で切り抜くようにしています。

一定方向で切り抜く1

そのようにして切ると、角がキレイに仕上がります。

一定方向で切り抜く2

曲線はカッターマットを動かすべし!

デザインナイフは指先の細かな動きも繊細に表現してくれますが、それでも曲線カットは難しいです。

そんな曲線ゾーンの時は、カッターマットを動かしましょう!

大きな曲線はデザインナイフ先行で、その動きに合わせてマットを動かします。

曲線のカット方法1

小さな曲線はマット先行で、それに合わせてナイフを動かします。

曲線のカット方法2

また、刃をほんの少しだけ手前に倒しながら切ると曲線ゾーンは切りやすいです。

曲線のカット方法3

この時、刃をシートから離さないように最後まで切り抜きましょう。刃を離しちゃうとガチガチになっちゃうので。滑らかぁに最後まで切り進めましょう。

曲線は内側カーブ

曲線ゾーンはマットを手前に動かしながら切ります。そのため、内側カーブを意識して切る事がポイントです。

「D」を例に挙げると、カーブが2ヶ所あるので2筆でカットします。

内側カーブを意識して切る

外カーブだとマットを動かしづらいので、「カーブは内側」と覚えておくと良いでしょう。

※文字によっては例外あり。

切り取れない部分は無理しない

さぁ、切り抜きも終わりいよいよ「切り離し」を行います。でもね、ちょっと待ったぁぁぁ!

角の部分って繋がっている場合が多いです。それを無理にはがそうとすると、ピッと破けてしまう恐れがあります。

無理に取らない1

そんなときは、文字をクルクル回しましょう。そうするとパッと取れます。

無理に取らない2

ステンシル完成品

上記で切り抜いたステンシルはコチラです↓

完成1

「D.I.Y force」motto師匠ご要望のステンシルです(^^)

実際にステンシルしてみると、こんな感じに↓

ステンシルの様子

【大工道具DIY】端材を使った簡単なカンナ台の作り方
カンナを使っていると材料が動いて上手く力が伝わらない事があります。結構あります!そこで、ずっと作りたかった小物用カンナ台を自作します。自作と言っても、とって...

ちなみに、上手に切れるようになるとこんなもの出来ちゃいますよ↓

完成2

「DIY of the people,DIY by the people,DIY for the people.」

これもmotto師匠ご要望のステンシルです。「リンカーンかぃ!」と突っ込みましたけどね(ノ・?・)ノ(笑)

実際motto師匠が使ってくれました。

スチールラックリメイク

スチールラックリメイク

いいですねぇ(゚∀゚)嬉しくなっちゃいます♪

【リメイクDIY】スチールラックをアイアンブラックでインダストリアル風にリメイク
スチールラック(メタルラック)は、収納する物に合わせて高さを変えたり棚を増やしたりできるので、昔から愛用していました。しかし、徐々にインダストリアルな雰囲気...

まとめ

上手に切り抜くコツはいろいろありますが、やはり大事なのは「練習あるのみ!」です。力加減や曲線の切り方など、自分で感覚をつかむことが大切です。

大文字から練習をはじめて、慣れてきたら小文字にチャレンジしてみると良いと思います。自作のステンシルができると本当に楽しくて、いろんなものにステンシルしたくなります(*^^*)

ぜひ世界に1つだけのステンシルを作って下さい♪

≪ステンシルDIY≫自作シートの作り方や便利なスタンプをご紹介!
ステンシルは、DIYで家具や木箱を作った後の仕上げには欠かせない加工ですね。男前スタイルの演出や、普通の板にステンシルをするだけでもかっこいいディスプレイになり...
【データ無料配布】ExcelやWordを使ってステンシルを自作しよう♪?初心者向け?
ステンシルは市販の物を使う場合が多いと思いますが、作品の大きさや用途によってはステンシルデザインが合わない時ってありますよね。文字が小さかったり、単語の意味...
【ステンシルDIY】フリーフォントを使ってExcelやWordでステンシルを自作しよう!?中級者向け?
前回文字画像データをダウンロードしてステンシルを作る方法をご紹介しました。ですが、「いろんなフォントで試したい」などこだわりが出てくるのも事実!それなら、フ...

ご紹介した商品

この3点が私の愛用品です♪

合わせて読みたいオススメ記事

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

関連記事

  1. ガーデンチェアメンテナンスDIYサムネイル

    【メンテナンスDIY】ガーデンチェアの木部塗装方法

  2. タカラ塗料錆エイジング塗料サムネイル

    【タカラ塗料】錆エイジング塗料で簡単アンティーク風リメイクDIYを楽し…

  3. パンチングボードの取り付け方&飾り付け方サムネイル

    壁面収納に◎パンチング(有孔)ボードの取り付け方と飾り方を詳しくご紹介…

  4. ブライワックスサムネイル

    ≪ワトコと比較検証≫アンティーク感を演出するブライワックスの塗り方と特…

  5. ディスクグラインダーの使い方サムネイル

    【電動工具】鉄やレンガを切断するディスクグラインダーの使い方?DIY基…

  6. 【DIY基礎知識】正しい丸ノコの使い方で安心・安全なDIYを楽しもう!…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP