【木箱DIY】自然派素材(木箱)で鮮度を保つ!ツーバイ材で野菜ストッカーを作ろう/図面あり

木箱の野菜ストッカー
玄関やシューズクロークは靴の収納だけでなく、実は適度な暗さが野菜の保管にも適した場所です。しかし、段ボールに入れたまま置きっぱなしにすると通気性も、そして見た目も悪いので、今回はちょっとカッコいい野菜ストッカーを作ることにしました。

木の風合いと野菜がマッチするようナチュラルテイストに仕上げました。それと同時に、ガーデン用の道具入れも一緒に作って一体化させました。作業をする際は木箱のまま持ち出せるようになっています。

※今回の寸法は自宅の場合ですので、参考寸法として下さい。

材料

野菜ストッカーの材料

  • 1×4材(箱・枠用):910mm…16本
  • 1×3材(箱用):910mm…5本
  • 1×6材(底板用):910mm…2本+端材
  • その他端材(木箱のデザインにメリハリを出す用)
  • コーススレッド:スリムタイプ30mm
  • 塗料:ワトコオイル(ダークウォルナット)
  • 潤滑剤:ロウソク

※1×4材は、縦に2分割して32本にし、それぞれを箱と枠に使います。

道具

  • 丸ノコ・丸ノコ定規・平行定規
  • インパクトドライバードリル
  • 差し金(大、小)
  • クランプ
  • サンドペーパー#240
  • 塗装用具(刷毛、さげつ、ウエス)
  • ステンシルセット

DIYレシピ

※今回はほとんどのパーツで1×4材を使います。(1×3材を買うより1×4材を2分割した方が材料費を節約できるからです。)
※木箱のデザインにメリハリを出すため、端材を有効利用したレシピとなっています。

材料の切り出し

丸ノコに平行定規をセットし、1×4材を縦に2分割します。

img_4694

1×4材の幅は、(89mm-刃厚1.6mm)÷2分割=43.7mmで算出しますが、コンマ7mmは難しいのでコンマ5mm(43.5mm)とします。

 

平行定規が木材から離れないように注意して切断します。

丸ノコと平行ガイド

1×4材の縦切り計32本が完成しました。

img_4699

塗装

今回の木材塗装はワトコオイルを使います。食品を保管するので、人にも環境にも良い仕上げ材を採用しました。

ワトコオイル

ワトコ塗装は2回塗りで処理します。

ワトコオイルの塗装

ワトコオイルの乾燥は1時間。浮いているオイルはウエスで拭き取ります。

ワトコオイル乾燥

ワトコオイルの塗装が完了しました。

img_4714

ストッカー枠の作成

ストッカー枠を作成します。前後の枠が2セット、そしてそれらを固定する&木箱のスライド用にレールとなる板を渡します。

ストッカー枠完成イメージ

上記で切り出した1×4材(内15本)から下記の長さにそれぞれ切り出します。

外枠用 770mm…4本
552mm…4本
中央仕切り用 732mm…2本
レール用 430mm…10本

img_4715

コーススレッドはスリムタイプ30mmを使用します。下穴ドリルは2.5mmを使いました。

img_4716

部材の接合には下に板を敷いて作業します。これで接合部の段差を解消できます。

vegetablestocker03

 

まずは770mmと552mmをそれぞれ4本使って、外枠を2セット作成します。(組み立てたら差し金を使って直角を確認しましょう。)

vegetablestocker01

中央に仕切り用732mmを取り付けます。

vegetablestocker02

※レール材の設置は木箱作成後にご紹介します。

木箱の作成

木箱は3種類(計5個)のタイプを作ります。各木箱の中段の外枠位置がそれぞれ違う位置で固定している所がポイントです。

3種類の木箱
野菜ストック用の木箱で製作方法をご紹介します。各木箱も基本的に作り方は同じです。

2分割した1×4材から下記寸法に切り出します。(全長910mmから無駄が出ないよう効率よく切り出しましょう。)

野菜用2個(1×4材) 前後用:265mm×6本
側面用:392mm×6本
柱:215mm×4本

※ガーデン用は1×4材と1×3材以外にも、手持ちの端材を枠として追加しました。
※その他ストック用は、野菜ストック用の箱1×4材に下段の枠を1×3材で作りました。
※それぞれの木箱は高さ以外、横幅奥行きが共に同じ寸法なので、ご自分の好きなように端材で枠を追加するなどデザインを考えてみて下さい。

それでは木箱の作り方を説明します。

img_4743

コーススレッドを部材の端に打つため、クランプでしっかり固定してから下穴2.5mmを開け、コーススレッドで2ヶ所固定します。

img_4746

木箱の枠ができました。この枠をもう1セット作り、木箱の上段と下段用に使用します。

img_4721

上段と下段の枠はあらかじめ作っておきます。

vegetablestocker04

 

今回は、高さ3cmのところで中段の枠を取り付けることにしました。差し金で高さを確認し、中段は柱に打ちつけながら枠を作成します。

img_4722

中段が固定できたら、上段の枠を取り付けます。

img_4724

底板用の1×6材を266.5mmの長さに10枚切り出します。底板はそれを横に2枚渡した形で作ります。野菜の通気性を考えて、隙間を開けて固定します。

vegetablestocker05

野菜ストック用木箱の完成です。その他の木箱も同じ工程で作成して下さい。

img_4725

枠の製作(レール材の取り付け)

木箱を置いてレール材の位置を決めます。レール材は木箱の側面に取り付けます。

vegetablestocker07

木箱を引き出すときに抵抗を減らすため、木箱と枠は2mmほど浮くようにレール材を設置します。

 

仮固定のため、上部にレール材430mmを合わせてクランプでしっかり固定します。

img_4727

それぞれの木箱の寸法(側面の位置)に合わせてレール材を取り付けます。

img_4728

全てのレール材を取り付けたら、最後にサンドペーパー#240・#400で面の仕上げや、木箱を引き出したときの抵抗を調整します。小口をワトコオイルで塗装し、乾燥させます。

img_4757

1週間ほどしっかり乾燥させてから、レール材にロウソクを塗り、滑りを良くします。

img_4766m

ステンシル塗装

それぞれの木箱に『Onion BOX』『Potato BOX』『?BOX』『Garden goods』をステンシルします。シートとエアブラシセットを使い、水性塗料の白でステンシルしました。

img_4770img_4771

≪ステンシルDIY≫自作シートの作り方や便利なスタンプをご紹介!
ステンシルは、DIYで家具や木箱を作った後の仕上げには欠かせない加工ですね。男前スタイルの演出や、普通の板にステンシルをするだけでもかっこいいディスプレイになり...

完成

ステンシルを施せば完成です!

img_4807

本来の場所に設置して作業は完了です。

img_4810vegetablestocker10

オニオンとポテトを入れてみました。

vegetablestocker09

製作を終えて

今回の野菜ストッカーは組み立てるまでに3日ほど要しました。(中級?上級のDIYレシピですね。)一番時間がかかったのは木箱の製作でした。ですが、完成した達成感はひとしおですね!ロウソクをレール材に塗ったおかげで、中身の重量が増えてもスムーズに引き出すことができました。

立体的なストッカーとなると中級?上級のDIYレシピになりますが、木箱の作成方法は初心者の方にもできる内容だと思います。要所要所で『できそうだな!』という部分をピックアップして、それぞれのDIYライフに活かしてみて下さい。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. ALL100均インテリアボックスDIYサムネイル

    【木箱DIY】ALL100均アイテムでインテリアボックスを作ってみよう…

  2. 【焼印DIY】真鍮ブロックを使って焼印を自作しよう!

  3. コースター&スタンドDIY

    【雑貨DIY】SPF端材でコースター&スタンドを作る。

  4. ≪リメイクDIY≫家具(鏡)を塗り替えてアンティーク風にリメイクしてみ…

  5. セメント多肉ポットサムネイル

    【100均DIY】インスタントセメントと紙パックで可愛い多肉ポット(鉢…

  6. アンティーク風パンチングボード(有孔ボード)DIYサムネイル

    ≪インテリアDIY≫アンティーク風パンチングボードを作ろう♪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP