インターホンカバー

【100均DIY】すのこ&ガラスタイルde壁掛けインターホンカバーを作ろう♪

オール100均アイテムで可愛い壁掛けリモコンカバーを作ろう!

今回の壁掛けリモコンカバー(インターホンカバー)は、リーフパネルをイメージしたデザインです。さらに、賃貸でも使えるように画びょう固定ができる軽さに仕上げました。

材料も100均だけで製作できますが、リメイクシートの新しい使い方やガラスタイルの活かし方など、「100均オンリー」という難題に頭をひねりながら考えた作品です。

作業自体は簡単なので、DIY初心者さんにもオススメですよ♪

【SPONSORED LINK】

インターホンカバーの材料

掛けリモコンカバーの材料

  • すのこ:45×25cm…1枚(セリア)
  • 板:45×15cm…1枚(セリア)
  • リメイクシート:レンガ調(ダイソー)
  • フォトフレーム(セリア)
  • ガラスタイル(セリア)
  • 蝶番(セリア)
  • 取手(セリア)
  • 吊り金具(セリア)
  • 塗料:白、黒
  • 各種ビス

インターホンカバーの道具

  • マイナスドライバー
  • 差し金
  • ノコギリ
  • サンドペーパー#240
  • 両面テープ(今回のキーパーソン)
  • 電動ドライバー

DIYレシピ

カバーサイズの決定

今回、こちらのダサダサ給湯器のリモコンカバーを作ります。

縦長のデザインになるため、扉用の板幅をそのまま使用して楽ちんしたいと思います。(おっとっと…本音が。。。)

掛けリモコンカバーのサイズ決め

縦の長さはリメイクシートの幅に合わせて30cmにすることにしました。

すのこの処理

すのこはバラすことで、安価で軽量な木材となります。私は賃貸暮らしなので、画びょうで固定できるくらいの軽さが必須となります。それをすのこは実現してくれる素晴らしい材料です!

と言うわけで、まずはすのこを解体していきます。すのこの解体方法は下記記事をご覧ください。

すのこが解体できました。4枚中3枚を使用して枠を作成していきます。

すのこの解体

木材の切り出し

すのこ2枚と扉用の板は30cmに切ります。さらに枠上下は17cmに切ることにしました。

部材の切り出し

切ったあと、すのこの解体跡が気になるようだったらサンドペーパー#240で滑らかにしてください。(後ほどリメイクシートで隠れるので、整える程度で大丈夫です。)

すのこのヤスリがけ

各部材の切り出しが完了しました。

切り出し終了

塗装

ガラスタイルの模様がハッキリ見えるようにするため、扉の色を白で塗装します。

扉の塗装

そして、リーフパネルをイメージさせるため、フォトフレームを黒に塗装します。

フォトフレームの塗装

金具は全部外してください。

フォトフレームの金具を外す

塗装が完了しました。

塗装完了

すのこのリメイクシート貼り

ダイソー産リメイクシート(カッティングシート)を使って、レンガ調の枠を作成していきます。

すのこのリメイクシート貼り1

まずは、30cmのすのこ用に幅10cm×2枚切り出します。(リメイクシートの縦幅はそのままです。)さらに、上下用にレンガ模様1枚分を同じく幅10cm×2枚切り出します。

すのこのリメイクシート貼り2

※ここで注意!100均リメイクシートは貼る面積が少ないほど粘着力が弱く剥がれます。それを回避するため、両面テープを貼ってその上に貼り付けます。

【SPONSORED LINK】

両面テープはそれぞれの面に1?2枚貼って、シートを巻き付けてください。

すのこのリメイクシート貼り3

上下は接合によって見えなくなるので、シートを貼らなくても大丈夫です。

すのこのリメイクシート貼り4

枠上下の部材は全面にシートを貼ります。そのため、まずシートの上に板を置き、上下左右に線を引きます。

すのこのリメイクシート貼り5
そして、板を外して線を延長させ、カットする部分を決めます。

すのこのリメイクシート貼り6
×印の部分を切り落とします。

すのこのリメイクシート貼り7

貼り付けていきます。(こちらも両面テープ使用。)

すのこのリメイクシート貼り10

はみ出た部分はカッターで切り落としてください。

すのこのリメイクシート貼り8

リメイクシートの貼り付けが完了しました。

すのこのリメイクシート貼り9

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2