軍幕用二股ポールの作り方

軍幕用二股ポールをDIY!バップテント室内が快適になる二股ポールの作り方

Campブームの中で無骨な軍用テント、通称『軍幕(バップテント)』が人気です。

ミリタリースタイルとキャンプの相性は抜群です。更に一般的なテントより簡単に設営・撤収が出来るのも魅力です。

しかし、訓練された兵士用のテント(ポンチョにもなるシートを2つ繋いでテントにする)の快適性は雨が多少しのげる程度設営・撤収の速さが求められて作られています。

キャンプとして一般人が使うにはストイック過ぎます。笑

そこで一般向けに改造する必要があります。軍幕の場合、大きく分けて2つ『ファスナー加工』と『二股ポール』です。

そこで、今回は市販ポールに接続出来る二股ポールの作り方をご紹介します。

Camp DIYレシピ

二股ポールの材料(2個セット)

  • 吊りバンド 15A 4個
  • ターボ用羽子板 50H 4個
  • M6ボルト 30mm 2個
  • M8、M6ワッシャー等
  • M6蝶ナット
  • ステンレス巻きパイプ 径19mm (長さはテント・ポールに寄る)
  • ゴムシート 1mm厚(隙間調整用)

二股ポール製作の道具

二股ポールのパーツ解説

二股ポールの製作では今回のバンドを使う方法イレクターシリーズを使う方法が多く紹介されています。

今回は既存のDODポールと接続させたいので、バンド内径が小さい吊りバンドを使いました。

ステンレスパイプも内径がDODポールに合うパイプを採用しました。

motto
羽子板は2個でも良いですが、雨水侵入防止用に付属の傘みたいなナットを使いたかったので2個追加購入しています。

軍幕二股ポール製作01

二股ジョイント部の製作

吊りバンドはバンドパーツのみを使うので、パーツごとに分解します。

軍幕二股ポール製作02

使うのはコレだけ。

別パーツを探しましたが、適当な物がなかったですね。要は延長ポールが収まってボルト留め出来る形状ならOKです。

軍幕二股ポール製作03

羽子板は、傘みたいなナットを裏返して取付けて完了。

軍幕二股ポール製作04

仮組みしてイメージを確認します。

延長パイプとの組み合わせもチェック。

軍幕二股ポール製作05

開いた時に当たるバンドの一部をカットします。

各バンド片側だけ角を取ればOKです。

軍幕二股ポール製作06

金属を削る時にはディスクグラインダーが便利ですね。

金ノコでは大変です。

軍幕二股ポール製作07

ディスクグラインダーで削った後を金ヤスリで丁寧に整えます。

キャンプ場や山で怪我したり、テントが破れない様に。

軍幕二股ポール製作08

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio