ザックパッキング

野営ソロのキャンプ道具とザックパッキング(サイバトロン)のご紹介!

キャンプの楽しみ方はマナーを守れば、人それぞれです。

キャンプ場で仲間とワイワイしたり、ソロキャンプで1人の時間を楽しんだり。コレが絶対と言う事はありません。

キャンプ道具でも登山派やミリタリー仕様で揃えて無骨なキャンプ。更に最低限の道具でサバイバルを目的としたキャンプ。

そんな多種多様なキャンプの楽しみ方の中で2020年Camp motto的な野営道具をご紹介します。

野営ソロで必要な道具とは

様々なキャンプの楽しみ方はありますが、最低限揃えておいた方が良い道具をご紹介します。

野営で徒歩移動の場合は担げる限界があります。野営の場合は、軽量化をして多少の不便も楽しむ気持ちが必要です。更に野営地の環境によっても持っていく道具が変わります。

テント・寝具

キャンプである以上、寝泊まりの道具が必要です。

テント

テントは様々な種類がありますが、mottoの場合『コールマン ツーリングドームST』がメインです。ソロキャンプ初心者から安心して使えるテントですね。

更にテント下に敷くテントシートです。

将来は、バップテントワンポールテントも楽しみたいなと思います。

タープ・ポール

タープは『DDタープ 3.0×3.0』ポールは、アルミ製40cm分割タイプを使用しています。

ポールは丁度よい倒木が常時あれば良いですが、無い事もあるので念の為。

寝袋

これは多少高くても良い物を選んだほうが良いです。特に冬用は最低でも-10度前後対応の寝袋を用意しましょう。

motto
現在持っている寝袋は-5度対応ですが、中◯製で寒くて大変でした。価格だけで選ぶのは危険ですよ。

スリーピングマット

サーマレストZライト

寝袋の下に敷いて地面の寒さを遮断したり、寝心地を良くしたりと便利なグッズです。mottoは定番の『サーマレスト Zライト』を使っています。

空気を入れるタイプはコンパクトで良いのですが、枝などで穴が開くと使えないので丈夫さを優先です。

コットンブランケット

ブランケット

ブランケットは防寒地面に敷いて座るスペースを作ったりとあると便利です。

クッカー・テーブル

クッカー系はキャンプ地でどんな料理を楽しむかによって変わります。野営の場合はなるべく少なくしたいので、所有している中から毎回チョイスして持っていきます。

ただし、キャンプで料理は楽しみのひとつなので大事かなと思いますね。

クッカーセット

メインで使っているのは、『スノーピーク クッカーセット』です。炊飯から焼き、鍋までこの2つで調理します。

最近ハマっているのは、肉を焼く『鉄板』ですね!

食器類・カトラリー

カトラリー

クッカーは調理だけでなく、食器の役目を果たします。それ以外では、シェラカップコップを持っていきます。

カトラリーはフォーク・スプーンと箸、ナイフは『OPINEL #7』を使っています。まな板は自作のコンパクトなタイプです。

テーブル

テーブルは2つとも自作テーブルです。

ソロキャンプローテーブルDIY
ソロキャンプ用分割式OSBローテーブルの作り方をご紹介!

前回、試作し ...

続きを見る

100均OSBボードでサブテーブル製作
100均OSBボードでキャンピングサブテーブルを簡単DIY!

キャンプでキ ...

続きを見る

いずれは軽量化の為、A4サイズのみになるのかなぁと思いますが、今は2つ使います。

五徳

五徳も自作品です。野営地では直火なので、五徳のみ持っていきます。キャンプ場では別途焚き火台が必要ですね。

ステンレスロウ付け
ロウ付けでステンレス丸棒を接合する方法! ステンレス製五徳をDIY!

ロウ付けは、1& ...

続きを見る

世間では『ピコグリル』が人気ですが、個人的には自宅のBQQでも使える『CAPTAIN STAG カマドB5』が便利で良いなと思います。

コーヒーセット

朝のモーニング珈琲は絶対なので(笑)必ず持っていきます。ヤカンと豆と手動ミル、100均のドリップシートは常備ですね。

ブッシュクラフトツール

ブッシュクラフトもキャンプの醍醐味です。倒木を切ったり、穴を掘ったり、フェザーステックを作ったりと一通り持っていくとブッシュクラフトが楽しめますね。

焚き火道具

薪グッズ

焚き火はキャンプの一番の楽しみかなと思います。薪を扱う薪鋏火吹き棒ファイヤースティック麻ひもです。

念の為、着火剤やマッチ、ライターは持って行きます。

パラコード・ペグ

左サイドパック収納3

テントの設営やポールの支えにパラコードペグは必需品です。

パラコード

パラコード

パラコードは30mの物を購入し、3.5mmを6セット、1.5mを2セット、残り6mを1セット用意してます。

そのパラコードに自在金具結びも事前に付けてあります。

ペグ・ペグハンマー

ペグは強さでスチール製20cm10本程度持っていきます。重量があるので、チタン製も検討中

ペグハンマーは重量重視でアルミと鋳造のタイプです。

救急セットなど

キャンプでは怪我などの準備も必要です。通常の応急セットポイズンリムーバー消毒液を常備しています。

更に除菌シート虫よけスプレーは必須です。

更に猛獣対策として催涙スプレー熊鈴なども用意します。

オイルランタン・LEDランタン

オイルランタン

キャンプの雰囲気をグッと上げるオイルランタンは常備品です。更に予備バッテリーにもなるLEDランタンも必須ですね。

クーラーバック

クーラーバック

帰りの荷物を減らす目的で、クーラーバッグはソフトタイプ5Lを使っています。

卵好きなので、ロゴスのエッグケースは必須です。

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEW POST

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2020 All Rights Reserved.