100yenboard

100均セリア木材の種類・用途・注意事項を徹底解説!

最近の100均はDIYグッズが充実してきて、手軽にDIYを楽しめるようになりました。DIYアイテムの塗料木箱などを当サイトでも取り上げてきましたが、今回は「木材」について検証してみたいと思います。

セリアの木材を例に挙げ、「種類・用途・100均ならではの注意事項」などをツクモ流に検証したいと思います。そして、100均木材のメリット・デメリットを把握して、上手く攻略しながらDIYを楽しむ術をご紹介します!

※2017/06/25 焼き目付き木板3種類追加

【SPONSORED LINK】

100均木材の種類(セリア)

セリアにはDIY用木材がいろんなサイズ・種類で販売されています。代表的なものをピックアップしてご紹介します。

桐製の板

桐製の板は、45cmの長さで幅が9cm・12cm・15cmの3種類で展開されています。私が一番愛用している木材です。

桐製の板3種

用途:メインの部材として使用

板の厚さは9mmです。

板の厚さは約9mm

桐製なのでとても軽量で、ノコギリカットもしやすく、DIY初心者でも扱いやすい木材です。

焼き目付き木板 ※追記

焼き目付きの木板が新たに登場しました!

焼き目付き木板1

幅も板厚も上記で紹介したプレーンタイプと同じです。

焼き目付きというと、通常は手に炭が付きますが、これは手につかないので扱いやすそうです。

焼き目付き木板2

カットすると当然ながら切り口は木肌色が出ます。そうなると、この部分は同じ色で塗らなければなりません。「同じ色ってどんな色!?」

焼き目付き木板3

そんなときは「セリアはセリアで解決!」

水性ニスのウォルナットが焼き目に近い色合いなので、これを上手く使うと良いでしょう♪

焼き目付き木板4

カッティングボード

このカッティングボードは「まな板」として売られています。DIY商品ではありませんが、形がオシャレなのでDIYによく愛用されています。(キッチンコーナーにあります。)

カッティングボード

2種類の大きさがあり、材質は上記で紹介した桐の板と同じです。可愛いキーフックなんかも簡単に作れますよ。

カッティングボードでキーフック

また、スリムタイプは45×12cmの板と横幅が一緒なので、カット無しでスパイスラックも作れます。

スパイスラック

角材&丸棒

角材は長さが45cmで、板の幅や厚さが3種類展開されています。

角材&丸棒

用途:メイン木材の補助材として使用

角材3本セット

この角材はなかなか使える木材です。(サイズ:約45×1.2×1.2cm)

角材3本セット

棚受けとして、またフレームとしても使用できます。

角材の使用例

100均すのこを解体したとき、それらの接続用パーツとしても使用しています。

すのこの連結

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2