【ガーデンDIY】第5回:天空に浮いたウッドデッキを作ろう(最終回)

天空に浮いたウッドデッキ製作最終回

第5回:天空に浮いたウッドデッキ製作(最終回)

いよいよウッドデッキ製作も最終回です。デッキ枠、根太、大引と順調に製作を進めてきました。裏話のコラムもありましたがっ!

ツクモ
ツクモ

裏話のコラム、巷だと「面白い!」って大人気だってさ♪

tsukuro-motto
tsukuro-motto

僕のこと、面白おかしく書くなよなぁ(´-ω-`)

【出張DIY】ウッドデッキ製作裏話!実はこんなことやってました!
こんにちは、ツクモです。当サイトは友人を介して製作依頼を請ける出張DIYを行っています。題して「出張tsukuroもっと」!いつもは当サイトの代表tsukuro-mottoが単独で...

大物製作はいろんなドラマがあるんです。それもDIYの醍醐味ですね…。さぁ!これからデッキ床を張っていけば完成です!

【5回シリーズでお届けします】

構想編(プランニング、材料の割り出し、予算見積り、予約購入)
下準備編(サイズ確認、塗装)
製作編1(枠の高さ、位置決め)
製作編2(根太、大引製作)
・製作編3(最終回) ←今回

材料

  • SPF 2×6材:8feet(2400mm)…30本(4本追加しました。)
  • SPF 2×6材:12feet(3600mm)…7本
  • SPF 2×8材: 12feet(3600mm)…8本
  • SPF 4×4材:6feet(1820mm)…7本
  • 束石(沓石):35個
  • コーススレッド65mm(ステンレス、ユニクロ)
  • ガードラック(チョコレート)

道具

  • スライド丸ノコ、丸ノコ
  • ノコギリ
  • ノミ
  • カンナ
  • メジャー(コンベックス)
  • インパクトドライバー
  • 布サンディングペーパー#100
  • 留型スコヤ
  • 塗装セット(刷毛、さげつ、ウエスorタオル)

DIYレシピ

床張り前の微調整

ウッドデッキの骨格が完成したら、床張りの前に微調整をしておきます。床材を敷いて「根太の高さのズレ」を確認します。特に根太位置が高い場合は後から調整が効かないので、この時点で修正しておきます。

ウッドデッキDIY 完成編1

根太の位置のズレは、根太取り付け時のズレや根太材の曲がりや反りが原因で発生します。ですので、高い位置はカンナやノミを使い調整します。

ウッドデッキDIY 完成編2

根太の高さ調整時に、その他のズレなども確認して、調整や取り付け直しをしておきます。

ウッドデッキDIY 完成編3

調整が完了したら、ガードラック(防腐剤塗料)を塗布しておきます。

ウッドデッキDIY 完成編4

デッキ床材を寸法に合わせカットし、デッキに並べていきます。

ん?足りないぞ!?キッチリ枚数計算したはずなのに。。。

ウッドデッキDIY 完成編5

DIYは臨機応変に対応した結果、部材を使い過ぎる事があり、足りなくなる事があるんです。(計算違いじゃありませんよ!)

急遽、「木工ランド」さんに在庫確認!

tsukuro-motto
tsukuro-motto

ありますか!?トラックも借りていいですか!?すぐに行きまーす!

在庫があって良かったです。ロス30分でリカバリー!DIYでは余分に部材を購入する訳にいかないので、厳密に計算して購入しますよね。でも足りなくなる。

不思議です。

購入した部材は早めに1回目の塗装処理。

ウッドデッキDIY 完成編6

1段目デッキ床製作

ちょっとしたトラブルがありましたが、気を取り直して製作開始。1段目の床張りの前に、床の端部分を固定するための「下地板」を取り付けます。下地板は2×6材を縦半分でカットした部材を使います。

ウッドデッキDIY 完成編7

下地材を取り付ける時も、ツーバイ材端材を使って高さがズレないように確認しながら取り付けます。

ウッドデッキDIY 完成編8

デッキ床は室内のフローリングと同じ方向で張っていくと「繋がり感」があって良いと思います。できれば、フローリングの板にラインを合わせる事ができればなお良しですね。実際にはフローリング板幅とデッキ材幅は合わないので、近似値で位置決めをします。

ウッドデッキDIY 完成編9

2段目の仮置きした床材から、1段目の床張り位置を割り出します。

ウッドデッキDIY 完成編10

打ち込むビスの位置は揃えた方がキレイに見えます。なので、2×6端材を使ってガイドを作りビス位置を揃えます。

ウッドデッキDIY 完成編11

床材を並べる時は2mm程度の隙間を作ります。その時便利なのが「L金物」です。床材同士をL金物を挟んで並べます。

ウッドデッキDIY 完成編12

1段目の床張りが完成しました。う〜ん。いい感じ。

ウッドデッキDIY 完成編13

1段目の側面も同様に製作して行きます。

ウッドデッキDIY 完成編14

束石(沓石)支え用の板をカットして、根太に固定します。デッキ枠と根太の間も補強用根太を入れていきます。

ウッドデッキDIY 完成編15

正面と同様に床を張ります。

ウッドデッキDIY 完成編16

根太と床材が当たる部分はカットして、キッチリ隙間が出ないように張ります。この細かい加工が完成時の出来栄えに影響します。

ウッドデッキDIY 完成編17

1段目のデッキ床張りが完成しました。どうですか?ウッドデッキが浮いていますね〜。

ウッドデッキDIY 完成編18

2段目デッキ床製作

2段目の床張りも1段目と同様に、床材の端を固定するための下地材を入れていきます。

ウッドデッキDIY 完成編19

床材はなるべく真っ直ぐな部材を選定して使います。曲がりが大きい部材は短く切って、細かい部分用に使用しましょう。

ウッドデッキDIY 完成編20

通常、床を張る際はデッキ枠の「端」から床材を張っていくのがセオリーです。しかし、今回は室内のフローリングラインを基準にしているので途中から張っていきます。メジャーを使って平行になるように位置決めをして張っていきます。

ウッドデッキDIY 完成編21

床材の端はビス留めの際、板が割れやすいので皿取りビットで下穴をあけてから留めていきます。

ウッドデッキDIY 完成編22

床材は前側で位置を合わせてビス留めし、サッシ側で平行に合わせてビス留めします。その後、中側のビス留めをします。(前側→サッシ側→中側)

ウッドデッキDIY 完成編23

床材の加工

床材と柱が干渉する場所を加工していきます。最初に床材を柱の側面で合わせ、差し金を使って柱幅の墨線を引きます。

ウッドデッキDIY 完成編24

次に床材の端部分を柱に当てて、奥行きを決めます。

ウッドデッキDIY 完成編25

先程の墨線に合わせて、丸ノコで刻んでいきます。

ウッドデッキDIY 完成編26

そして、ノミで縦方向に切り込みを入れます。

ウッドデッキDIY 完成編27

丸ノコで刻んだ部分を取り除きます。

ウッドデッキDIY 完成編28

丸ノコで切り取れなかった両端をノコギリで切り込みます。

ウッドデッキDIY 完成編29

最後にノミで不要部分を取り除きます。

ウッドデッキDIY 完成編30

キレイに干渉部分を加工することができました。手間は掛かりますが、キッチリはまった時は感動ですよ!

ウッドデッキDIY 完成編31

床材の斜めカット

斜めになっているコーナー部分用の床材をカットしていきます。まずは、丸ノコ定規でコーナー部分の角度を取ります。

ウッドデッキDIY 完成編32

角度を合わせた丸ノコ定規を、床材に当てて丸ノコでカットします。

ウッドデッキDIY 完成編33

こんな感じに。

ウッドデッキDIY 完成編34

キレイに合わせる事ができました。

ウッドデッキDIY 完成編35

最終仕上げ

ウッドデッキが組み上がったら、カンナを使って目立つ段差を削り取ります。つまづかない様にする為、大切な最終修正です。

ウッドデッキDIY 修正1

サンドペーパーで全体を整えたら、最終の塗装です。

ウッドデッキDIY 再塗装

完成

そして完成!感動です!!(涙)

ウッドデッキDIY 完成編36ウッドデッキDIY 完成編37ウッドデッキDIY 完成編38

製作を終えて

今回はDIYの醍醐味とも言えるウッドデッキの製作を行いました。製作日数は延6日間。浮かせた表現に手間が掛かりましたが、満足の出来栄えです。

大きいウッドデッキは、デッキ部材の反りや曲がりからくる「寸法のズレを修正する」事が大切です。こまめに確認しながら慎重に進めると、修正不可能になって途方にくれる…なんて事がありません。時間がかかっても確認しながら進めましょう。

手間が掛かった分、それ以上の感動があります!最後まで記事を読んでいただき、誠にありがとうございました。

【出張DIY】ウッドデッキ製作裏話!実はこんなことやってました!
こんにちは、ツクモです。当サイトは友人を介して製作依頼を請ける出張DIYを行っています。題して「出張tsukuroもっと」!いつもは当サイトの代表tsukuro-mottoが単独で...

第4回:製作編2

コメント

  1. ヒロ より:

    はじめまして。ウッドデッキ製作シリーズ楽しく拝見させて頂きました。作業しながら写真も忘れず撮るところもスゴイですね。
    1つ質問させてください。
    土間に水勾配がある場合は束石や束柱は微妙に傾いているんですか?

    • tsukuro-motto より:

      コメントありがとうございます。
      記事の構成を考えながらの撮影と作業ですが、時間はかかりますね。
      でも、楽しんで頂ける様に頑張っています。

      沓石は土間の勾配のままで、束柱で垂直に補正しています。ケースバイケースですね。

トップへ戻る