面取りから装飾、本格木組み加工まで!DIYに大活躍のトリマーをご紹介

DIY基礎知識 トリマー
木工DIYで家具作りにハマると、『もっとキレイに作りたい!』『もっと本格的にしたい!』と、こだわりが出てきます。家具職人は木材の接合や装飾を各種ノコギリやノミで作り上げますが、DIYではなかなかそうはいきません。

そこで登場するのが『トリマー』です。トリマーがあれば、ホゾ組みやアラレ組みなど本格的な接合から、市販の家具のような装飾の縁取りも可能です。

トリマーとは?

トリマーは、木材を装飾加工(トリミング)する工具のことを言います。先端についたビットを高速回転することで、木材をトリミングします。『溝加工』『面取り』『装飾』などを行うことができます。

メーカー名&価格

今回ご紹介するトリマーは、リョービの『トリマーTR-51』軸径6mmで、価格は8,500円です。

価格帯 5,000~10,000円前後

各部の名称

DIYトリマーの名称

【深さスケール】
ベースプレートからビットが何mm出ているか目安にする定規。(正確にはスケールで確認します。)

【ベース高さ調整ネジ】
ネジを緩めるとホルダーを動かす事ができ、ビットの切削深さ調整が可能。

【ホルダー】
ベースプレートと本体を支える部分。

【コレットナット】
ビットを固定する部分。

【ベースプレート】
木材に対して常にビットが垂直になるように支える部分。

付属パーツ

標準的な付属パーツは『ビット取り付けスパナ』『ビット』『平行ガイド』があります。(付属パーツは機種・グレードによって変わります。)

DIYトリマーの付属パーツ

下準備

ビットの取り付け

ビットの取り付けは、コレット締め付け用のスパナ2本で行います。

DIYトリマー ビットの取り付け1

ビットは高速で回転するため、しっかりとした固定が必要です。

①コレットナット(ビット取り付け部)の奥まで差し込んで、突き当たった所から約2mmほど手前に出して(浮かせて)締め付けます。

②ビットはコレットナットに15mm以上差し込んで、しっかり固定されているか確認します。

DIYトリマー ビットの取り付け1

コレットナットはしっかりと締め付けます。(コレットナットは1000分の1の精度で取り付ける事が可能です。)

DIYトリマー ビット取り付け3

ベースプレートの高さ調整

ベースプレートの高さは調整ネジを緩めて高さを調整し、掘り込む深さを決めます。

DIYトリマー ベース高さ調整

<溝掘りの切削深さ>
硬い針葉樹の場合…ビット経の半分づつ掘り込みます。(例:6mm径ビットの場合は3mmずつ。)

SPF木材の場合…10mm以内の深さまでは1回で掘り込めます。

平行ガイドの取り付け

トリマーも丸ノコやジグソーなどと同じように、『平行ガイド』を使って直線に掘り込む事が出来ます。

DIYトリマー 平行ガイド

オススメのオプション

テンプレートガイド(ダブテールガイド)

テンプレートガイドがあると、なぞるだけで希望するデザインを掘り込む事ができます。様々な木組みの掘り込みもテンプレートがあれば可能です。

DIYトリマー ダブテール

メーカー リョービ
商品名 テンプレートガイド(ダブテールガイド)
価格 約2,100円前後

取り付け方

ベースプレートのプラスネジを4本外します。(ベースプレートはプラスチック素材なので、割らないように丁寧に緩めます。)

DIYトリマー テンプレートガイド取り付け2

テンプレート(ダブテール)は、ねじ式で2つに分かれます。

DIYトリマー テンプレートガイド取り付け3

外したベースプレートに、上下から挟み込むようにしてテンプレートを固定します。

DIYトリマー テンプレートガイド取り付け4

テンプレートガイドの取り付けが完了しました。

テンプレートガイド取り付け

テンプレートガイド(ダブテール)とビットの間には2mm程度の隙間が開きます。テンプレート作成時にはこの隙間を考慮して下さい。

DIYトリマー テンプレートガイド取り付け7

トリマービットセット

DIYトリマー ビットセット

メーカー E-Value
商品名 超硬ルーター・トリマービット10本セット
価格 約4,000円前後

ストレートビットでの切削

木組みの方法で『シャクリ加工』と言う接合方法があります。今回は18mm×38mmの木材同士を組み合わせる加工例をご紹介します。(ビットの深さは18mmの半分9mmです。)

DIYトリマー 切削1

切削幅も9mmとしますので、9mm+ベース幅40mmで墨線を引きます。

DIYトリマー 切削2

今回は、簡易的にベースが当たるラインに『フェンス』を固定します。このフェンスに沿わせれば9mm幅の切削が可能です。

DIYトリマー 切削3

トリマーは必ず右手で持ち、木材が左側となるようにします。これが『トリマー右手の法則』です。

DIYトリマー 右手の法則

切削開始!木材に当てる前にスイッチを入れて回転を安定させ、切削を始めます。

DIYトリマー 切削4

切削完了。ちょっとトリマーを送るスピードが遅かったですね。切削面が焼けてしまいました。

DIYトリマー 切削5

2本同じ加工をすると、簡単にシャクリ加工ができます。

DIYトリマー シャクリ加工

【木箱DIY】冬を楽しむ!サバイバル風燻製ボックス(スモーカー)を自作しよう/図面あり
【図面PDFダウンロード可能】秋から冬にかけて、寒さが日に日に増していきます。屋外でDIYをするにも寒い季節ですが、そんな寒さを楽しみに変えたいなと思い、燻製ボッ...

コロ付きビットで飾り加工

コロ付き(ベアリング付き)ビットは面取りビットのことで、額縁などの飾り加工が可能です。

DIYトリマー コロ付ビット1

コロ(ベアリング)を木材に当てながら、切削します。慣れるまではフェンスを使う方が良いです。

DIYトリマー コロ付ビット2

切削開始!

DIYトリマー コロ付ビット3

簡単に面取り加工ができます。(こちらも焼けてしまいましたね。)

DIYトリマー コロ付ビット4

まとめ

トリマーを使うことで、今までノミとカンナで加工してきた作業のほとんどが対応できます。トリマーの使い方を覚えるだけで、DIY作品のクオリティは格段に上がりますし、なにより時間も節約できます。

加工には様々なテンプレートやジグを用意する事で、切削作業を楽に、そしてきれいに行うことができます。経験が必要だった『相欠き』『シャクリ加工』『ホゾ加工』『アラレ組み』『滑りアリ継加工』なども可能です。慣れればとても便利な電動工具です。

揃えてみてはいかがでしょうか?

ご紹介した商品



トリマー記事一覧

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る