\賃貸&団地DIYer必見/狭さ克服!ワゴンでオシャレに工具収納☆

賃貸工具収納
この日本において、賃貸は一番DIYが盛んな住まい方だと思います。しかし、賃貸だからこそDIYをする場所がなかったり、材料や工具を収納する場所がなかったりと、いろいろ問題点もあるのが事実です。

私も築20年のアパートに暮らしていますが、つねづねDIY関連の収納場所に困っていました。そんなとき、ふと思ったこと…。

「DIYが好きなら、それに関することを”見せる収納”にして、これを1つのインテリアにしてしまえばいいのでは?」と…。

私にとってDIYグッズは愛用品ばかり。収納するスペースがないなら、おしゃれにインテリア化してしまえ!と思い、今回は工具たちを収納するワゴンを考えました。
美容師さんが使っているワゴンをイメージに、サッと引き寄せてパッと使える工具収納をご紹介します♪

賃貸DIYの悩み

賃貸でDIYをする際、不便だなと感じる点はいくつかあります。

  • 木材や工具を収納する場所がない
  • 部屋の中で木材を切っている
  • ブルーシートを広げる場所がない

などなど、挙げれば挙げるほど出てくる数々の問題点。

toolstorage10

私もアパートに住みながらDIYを楽しんでいますが、上記の問題に常にぶち当たっています!しかし、そんな中でも「こうすれば便利かも」「ここなら作業する場所を確保できるかも」など、賃貸DIYerだからこそ思いつくアイデアがあります。

今回は、その中でも「工具収納」という点についてお話したいと思います。

美容師さんを参考にしてみた

ま、見出し通りなんですが(笑)

美容師さんにヘアカットしてもらうとき、ワゴンをサッと持ってきて、ハサミやらスキバサミやらドライヤー、ヘアクリームなど1つのワゴンで済ませちゃいますよね?

DIYに置き換えてみると、DIYも負けず劣らず大きい工具から細々したものまでたくさんあります。ましてや塗料なんて、カラー揃えるとエライことに…(汗)

前までは数が少なかったので、「可愛い~」って思って飾ってたけども、今はもうあっぷあっぷ。。。(↓まだ少ないと飾れるのにね…。)

塗料を飾る

そんな状況でIKEAをブラブラしていたら、RASKOGワゴンに出会って「これDIY収納に使える!見せる収納でなんちゃって美容師ができる!!」とひらめき、ワゴン収納にたどり着きました(笑)

▼リメイクした際のレシピはこちらです。

≪IKEA DIY≫100均リメイクシートでRASKOGワゴンをブルックリン風に変身♪
IKEA(イケア)で大人気のRASKOGワゴンを簡単リメイク☆ダイソーの木目調カッティング(リメイク)シートでブルックリン風に仕上げ、さらに賃貸でのDIYを楽しむため「工...

見せる収納と使い勝手をセットにする

賃貸でDIYをする際、私は床に座りながら作業をします。

はっきり言って、まぁ~疲れる!!

なぜ疲れるかと言うと、「木材切るぞ→ノコギリ取りに行く」「組み立てるぞ→ビス取る」「色塗るぞ→刷毛と塗料取り出す」。部屋の中で座ったりしゃがんだりして作業しているからこそ、運動量ハンパないです。(作業場所があればいいんですが、賃貸ではなかなか難しい…。)

というわけで、キャスター付きのワゴンなら、手を伸ばすだけで全ての物が一発で取れちゃうというなんともナマケモノ使い勝手の良い収納と化すのです!

収納事例のご紹介

では、私がどのように工具を収納しているのかご紹介します。全体像はこんな感じです↓

IKEAワゴンリメイク 工具収納
まず、ワゴンの底には滑り止めとして、100均で購入した滑り止めシートを敷いています。

工具収納 滑り止めシート

では、1つずつ見てみましょう♪

ワゴン上段

ワゴンの上段は、一番よく使うものを置いています。ミニドリルドライバーや金づちも並べて置いて取りやすくしています。(手術中のお医者さん的イメージですね。)

工具収納 ワゴン上段

刷毛は知らず知らずのうちに増えていく道具…。無造作にまとめているようで、美術部的なイメージを演出しています(笑)

ワゴン中段

ワゴン中段は、まず上部にA4ファイルケースを取り付け、サンドペーパーを収納しています。その他、分類できない細々したものを置いています。ビスや金具、塗料入れなどを収納しています。

工具収納 ワゴン中段

見せる収納の一つとして、ビス収納のロッカーケースも製作しています。

ロッカー風小物入れ ビス収納

≪100均DIY≫セリアで作る★木製ロッカー風小物収納を作ろう♪
セリアのDIYグッズを使用して、「木製のロッカー風小物収納」を製作しました。ベニア板(背板)を除いて、その他全てを100均アイテムで揃えた渾身の作品です!普通の小...

ワゴン下段

ワゴン下段は重いものを収納する場所として、塗料を置いています。

工具収納 ワゴン下段

側面収納

その他ゴミ箱もあったら便利だなと思い、元々ブラウンだった物をワゴンの色に合わせて黒に塗り替え、フックで引っ掛けて使用しています。(フックも塗り替えました。)

工具収納 ゴミ箱1 工具収納 ゴミ箱2

さらに、A4ファイルケースをS字フックで引っ掛けて、ブルーシートを収納しています。また、ちょっとした掃除用具や軍手もアクセントとしてぶら下げています。

工具収納 側面収納

反対側には、ワゴン内には収納しづらいノコギリをぶら下げました。

工具収納 側面収納2

まとめ

いかがでしたでしょうか?賃貸DIYを楽しむための例として、今回は工具収納をご紹介しました。

狭い賃貸では「どうしたら狭い部屋の中で、効率よくDIYを楽しめるか?」ということが常に課題として挙がってきます。私はDIYを生活の一部としているので、「見せる収納」としてワゴン収納を考えました。

DIYスタイルや生活スタイルによって違いが出てくると思いますので、あなただけの「賃貸DIYを楽しむ工夫」を考えてみるきっかけになればいいなと思います。

「私はこうやって賃貸DIYを楽しんでいるよ」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください♪みんなで賃貸DIYを楽しむためのアイデアを共有できれば嬉しいです(*^^*)

(コメント欄は下にあるので、お気軽にどうぞ♪)

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る