【DIY基礎知識】木材の角度はこれでチェック!スコヤの種類と使い方をご紹介

IMG_3231 のコピー
スコヤは、正確な角度を測定するための道具です。スコヤにも様々な種類があり、直角を測る「スコヤ」、45度を測る「留型スコヤ」、分度器がついた「プロトラクター」、自由に角度を決めれる「自由スコヤ」などがあります。

DIYで家具を作る場合には特に必須となるアイテムです。スコヤを使いこなせると、ラダーやハンガースタンドなども作ることができます。スコヤの種類と使い方をマスターして、レベルアップしたDIYを楽しみましょう!

スコヤの種類

留型スコヤ

留(トメ)とは大工用語で「45度」の意味です。留型スコヤは目盛板の一方が45度になっていて、台座を木材に引っ掛けると正確な45度を自動的に指してくれます。

留型スコヤの使い方1

台座を木材にしっかり押し付けると、正確な45度の墨付けできます。さらに、切断した木材が正確に45度になっているかを確認することもできます。

価格帯:1500円~

墨付けとは、材料を加工する前に墨つぼと墨さしを使って柱や梁などに印をつける作業の事を言います。

プロトラクター

プロトラクターは、分度器の目盛に合わせて任意の角度で正確な墨付けができる測定道具です。

プロトラクターの使い方1

設計図などで角度が設定されている精密な工作をする場合には、プロトラクターが活躍します。分度器の下部を木材に当てると、正確な角度での墨付けができます。

プロトラクターの使い方2

価格帯:1300円~

ツーバイ材などは角がR加工(角丸)がされているので、当て方を間違えると全く違う角度になってしまいます。注意してプロトラクターを当てないと、正確な角度にならないので要注意です!

自由スコヤ

自由スコヤは角度を取り、他の材に写したり、丸ノコなどに角度を付けるときに使います。

自由スコヤの使い方1

その他、丸ノコの角度を任意に決める時、丸ノコの刃に合わせて角度を取り分度器に合わせて角度を調べるなどもできます。

価格帯:850円~

作品のご紹介

自由スコヤとプロトラクターを使用し、椅子として、脚立として、ディスプレイとしても使える3wayスツールを作りました。

スコヤの作品例1

【家具DIY】椅子や脚立にもなる3wayスツールを作ろう!【図面あり】
【図面PDFダウンロード可能】椅子としてだけではなく、様々な使い方ができるシンプルなスツールの作り方を紹介します。椅子として、脚立として、ディスプレイとしても使...

ハンガースタンドやラダーシェルフなど、脚を開く作品にはプロトラクターが活躍します。

スコヤの作品例2

【家具DIY】インテリアにもなるアンティーク風ハンガースタンドを作ろう!【図面あり】
【図面PDFダウンロード可能】アイロンをかけた後、服をちょっと掛けておける衣装ハンガースタンド(ハンガーラック)が欲しいなと思い作ってみました。アンティーク感を...

スコヤの作品例3

【棚DIY】男前ラダーシェルフをツーバイ材で作ろう!【図面あり】
【図面PDFダウンロード可能】今回は、ラダーで支える無骨な男前シェルフを作ります。男前と言えば「鉄」ですが、鉄の加工はDIYでは難しいため、ラダーをつや消し黒で塗...

まとめ

スコヤは上記に挙げた以外に、直角を測る「完全スコヤ」もありますが、留型スコヤ、プロトラクター、自由スコヤの3種類を持っていれば、様々な作業に対応できます。

測定道具は正確な使い方で、初めて正確な作品作りができます。角度を測るときは慎重に測定し、場合によっては何度も確認することが必要です。

DIYをやっていると本格的な家具作りに挑戦したくなりますが、そのときにはスコヤが必須アイテムとなります。スコヤの使い方をマスターして、納得のいくこだわった本格的な家具作りに挑戦しましょう!

ご紹介した商品

留型スコヤは、45度を測るとき使用します。

プロトラクターは、任意の角度を付ける道具です。

自由スコヤは角度を取り、他の材に写したり、丸ノコなどに角度を付けるときに使います。

完全スコヤは、直角を測るとき使用します。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る