【100均DIY】発泡スチロールとリメイクシートを使ったレンガ壁の作り方

【100均DIY】発泡スチロールとリメイクシートを使ったレンガ壁の作り方

DIY関連雑誌でよく見るアノ「レンガ壁」。これをどうしてもやってみたくって、いろいろ調べたんですが、意外と難しそうで…。

それなら私ツクモ恒例のリメイクシートを使って、なんちゃってレンガ壁作ってしまおうぜ作戦を決行することにしました!!材料は発泡スチロールレンガ柄リメイクシート!しかも…

賃貸壁紙もOKな画期的な両面テープを発見★

ずっと憧れだった壁面DIYも、100均アイテムと画期的両面テープで思いっきり賃貸で楽しむことができますよぉ♪

それではいってみましょう( ´∀`)ノ

材料

レンガ壁の材料

  • 発泡スチロール2枚セット(ダイソー)
  • レンガ柄リメイクシート(ダイソー)

道具

  • カッター&カッターマット
  • 定規
  • セロハンテープ
  • はがせる両面テープ壁紙用(ニトムズ)

DIYレシピ

レンガはキッチンカウンター上部の角に配置してみたいと思います。

レンガを貼る前の壁の様子

発泡スチロールのカット

レンガ壁のベースは発泡スチロールを使っていきます。発泡スチロールはダイソー産。(別名:ユニバーサルボード)

発泡スチロールのカット1

発泡スチロールにリメイクシートを貼っていくのですが、幅がリメイクシートの幅とピッタリだったので、長さだけ調整していきたいと思います。(ちなみに我が家の壁では、発泡スチロールを2枚横置きにすると良さそうな感じでした。)

まずはリメイクシートを乗せて、柄の配置を検討します。

発泡スチロールのカット2

天井に向かうごとにレンガを欠けた感じにしていきたいので、1枚目の発泡スチロールを上部が欠けた形にカットしていきます。

まずは、側面が1cmほど長かったのでカッターでカットします。

発泡スチロールのキレイな切り方をご紹介

発泡スチロールはカッターでスーッと切ると、切り口がボッロボロになります(汗)それを防ぐために、比較的キレイに切れる方法をご紹介します!

まずはカッターをサクサクサクっと動かして切っていきます。

発泡スチロールのカット3

サクサクサクっと切っているので、完全に底まで切れていません。

次に、発泡スチロールを裏返し、切ったラインに合わせて折り目を軽く付けます。

発泡スチロールのカット4

そして、刃を浅く入れて同じくサクサクサクっと切っていくと…

発泡スチロールのカット5

ポロポロがあまり出ず、キレイに切ることができます♪

発泡スチロールのカット6

リメイクシートのカット(1段目)

リメイクシートを希望の形にカットしていきます。まずは発泡スチロールの長さより5cmほど長めに切り出します。

リメイクシート貼り1

そして、上部を少し欠けさせます。

リメイクシート貼り2

5cm程長めに切った理由は、発泡スチロールの裏側までシートを折りこむためです。そうすることで、発泡スチロールの側面を隠し、本物っぽく仕上げることができるからです(^^)v

発泡スチロールもシートの形に合わせて、さらにカットします。

リメイクシート貼り3

折りこむ部分をいったん折り曲げて、切るラインを線引きしましょう。

カットするとこんな感じです。

リメイクシート貼り4

切り口がボロボロしてしまったら、セロハンテープでガードするといいですよ♪リメイクシートの貼り付きも良くなります。

リメイクシート貼り5

空気が入らないようにシートを貼っていきます。

リメイクシート貼り6

シートの折り目が浮きやすいので、気になるようだったらライン上にセロハンテープを貼っておくと浮きにくくなりますよ。

リメイクシート貼り7

貼り終えました~。

リメイクシート貼り8

裏はこんな感じ↓

リメイクシート貼り9

(左側は角に当たるので、折り返し無しです。)

はみ出たシートはカッターでキレイに切り落としましょう。

リメイクシート貼り10

リメイクシートのカット(2段目)

2段目はさらに欠けた感じにしたいと思います。

リメイクシート貼り11

1段目と同様、5cm程長めに切り出します。(折りこむ部分はすでにカット済み)

リメイクシート貼り12

発泡スチロールの上に乗せて、カットするラインを引いていきます。

リメイクシート貼り13

カット終了~。

リメイクシート貼り14

切り口はセロハンテープでガードして下さい。

シートを貼って、2段目も完成!

リメイクシート貼り15

細々したパーツの作成

隙間用やアクセント用に細々したパーツも作ってみました。

リメイクシート貼り16

発泡スチロールの断面が気になるようだったら、シートを長めに切って折りこむなどして工夫してみて下さい。

リメイクシート貼り17

レンガの貼り付け

さぁ!レンガも完成したので、いよいよ壁に貼っていきますよぉ!!

私の住まいは賃貸なので、今まで壁に両面テープを貼るなどご法度でしたΣ(´∀`;)

しかし!そんな時代も終わりを告げました!!だって壁紙OKの両面テープに出会ったから★★★

レンガの貼り付け1

ニトムズのはがせる両面テープ「壁紙用」です!壁紙用ですよ!!

しっかり貼れて、水を含ませることではがすことができる画期的アイテムです♪

こんな素晴らしいアイテムがあるなんて!地球人が火星に住む日も近いですね!!!d(*>v<*)b (大げさに言ってみると世界が少し明るくなります。はい。)

これを、発泡スチロールの後ろに貼って…

レンガの貼り付け2

貼る部分は上下のみ。(だって勿体無いんだもん。。。)

壁に貼っていきます。

レンガの貼り付け3

イスに乗っても手が届かない天井付近は、トングを使うといいですよ。

レンガの貼り付け4

作業している光景が面白すぎて、一人で笑いながらやってました(笑)

レンガ壁の完成

発泡スチロールでできた、なんちゃってレンガ壁の完成です!お疲れ様でした♪

発泡スチロールレンガ壁の完成

左側も同じように作って、角全体をレンガ壁にしてみました。細々したパーツを周りに置いてみると、年数が経って落ちちゃったレンガを表現することができます♪

製作を終えて

今回は部屋が暗くならないよう、白っぽいレンガ柄のシートを使用しました。もし茶色のレンガ柄を使用したい場合は、発泡スチロールと色の差が出てしまうので、あらかじめレンガ柄の色に似た色で発泡スチロールを塗っておくと良いと思います。(もしくは、シートを折りこむ感じで側面を隠すなど)

発泡スチロールとこの両面テープの相性はバツグン★しっかり貼り付いて、落ちる心配はありません。(水ではがせるところも画期的ですよね)

この両面テープなら、軽いものだったら壁面に貼り付けられるので、発泡スチロール以外のアイテムも今後チャレンジしてみたいと思います♪

レンガの配置を考えて、全体像を決めるのが少し難しかったですが、自分的にバランス良くできたんじゃないかな?と思います。レンガ壁にチャレンジしてみたい方は、ぜひ参考にしてみて下さい(^^)v

ご紹介したアイテム

賃貸壁にご法度だった両面テープ!でもこのアイテムがあれば、賃貸DIYの幅が広がりますよぉ★

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る