【木箱DIY】冬を楽しむ!サバイバル風燻製ボックスを自作しよう!【図面あり】

燻製ボックスDIY
【図面PDFダウンロード可能】秋から冬にかけて、寒さが日に日に増していきます。屋外でDIYをするにも寒い季節ですが、そんな寒さを楽しみに変えたいなと思い、燻製ボックスを作りました。

普通の燻製ボックスだとつまらないので、飾っておくだけでもカッコイイ木箱風のデザインに仕上げました。

材料

燻製ボックス材料1

  • 1×4材:910mm…10本
  • 1×3材:910mm…4本
  • 1×2材:910mm…2本
  • コーススレッド:30mm
  • 塗装:ワトコオイル(ダークウォルナット)

燻製ボックスDIY 材料2

  • アーチ型留め金(セリア)…1個
  • アンティーク取手(セリア)…1個
  • 蝶番(セリア)…1個
  • ブリキプレート(セリア)…1個
  • ステンレストレー1個(200×240mmサイズ)
  • 網2枚(190×250mmサイズ)
図面ダウンロードはこちら
※別ウィンドウで開きます。

道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規(orスライド丸ノコ)
  • トリマー&ビット16mm
  • クランプ
  • サンドペーパー#240
  • 差し金
  • メジャー
  • インパクトドライバー
  • ステンシルセット

DIYレシピ

材料の切り出し

最初に燻製ボックス本体を切り出します。(切り出しにスライド丸ノコを使いましたが、丸ノコ+丸ノコ定規でも大丈夫です。)

燻製ボックスDIY 木材カット1

1×4材から、横板412mmを9枚、底板と天板297mmを6枚、扉用450mmを3枚切り出しました。

燻製ボックスDIY 切り出し

トリマー加工(煙漏れ防止対策)

燻製の煙が漏れないようにするため、トリマーを使って上記で切り出した板同士を段付き加工して重ねていきます。(板の合わせ方は下記を参照してください。)

左右横板、天板、底板 重ね幅8mm…12枚
背板用 重ね幅4mm…3枚
扉用 箱完成後に本体横幅に合わせて調整

左右横板、天板、底板用の加工

トリマーはビット16mmを使います。1×4材の板厚19mmの半分、9.5mmにビット出幅を調整し、ビットからベース端までの距離を測ります。(ベース幅37mm)

燻製ボックスDIY トリマービット16mm

切削幅は8mmで欠き落とします。

燻製ボックスDIY トリマー 切削

トリマーを使う場合は、クランプでしっかりと固定しましょう。

燻製ボックス トリマー加工3

トリマー加工が完了しました。

燻製ボックス トリマー加工4

1×4材の3枚が1セットになります。中心の材は両端を段付き加工、両端の材は片側のみ段付き加工を施しました。

img_5142

この段付き加工で、材を重ねる事で燻製の煙が外に漏れづらくなります。

img_5143

背板用加工

背板用は重ね幅4mmで、ベース幅37mmと切削幅4mmを足して、フェンス幅41mmで固定します。

smokedbox10

扉以外の段付き加工が完了しました。

img_5145

面取りから装飾、本格木組み加工まで!DIYに大活躍のトリマーをご紹介
木工DIYで家具作りにハマると、『もっとキレイに作りたい!』『もっと本格的にしたい!』と、こだわりが出てきます。家具職人は木材の接合や装飾を各種ノコギリやノミで...

網用レールの取り付け

本体の横板は、網を置くレール材で固定します。

1×2材を網用230mm4本と、燻製ウッドトレー台用210mm2本を切り出します。

img_5147

レール材の距離は、天板から上段までを120mm、上段から下段までを100mmとしました。(この距離は、燻製をする食材の大きさから割り出してください。)

固定にはコーススレッド30mmを使い、3ヶ所ずつ留めます。

smokedbox04

横板が完成しました。

img_5149

本体の組み立て

まずは底板を固定します。先ほどの横板を固定位置に置いて、燻製トレー台用のレール材を位置決めして固定します。

smokedbox5

横板を立てる時、後ろに支え用の板を固定すると安定します。

img_5151

底板と横板を、燻製用トレー用のレール材にビスで打ち付けます。

img_5153

コーススレッドは板の中心に一本ずつだけ打ちます。

img_5154

底板と横板の固定が完了したら、背板を取り付けます。3枚の内、両端を先に固定し、最後に中心の板を固定します。

img_5155

底板に横板、背板の固定が完了しました。網とトレーを乗せるとこんな感じです。

img_5156

さらに、左右の横板が歪まないようにクランプで押さえながら天板を固定します。

img_5157

帯板の取り付け

本体の上下に帯板を取り付けます。1×3材を251mmに4本カットします。

smokedbox6

本体の横側上下に取り付けます。1×4材の両端を押さえるように固定していきます。

img_5159

さらに背板用は、同じく1×3材を335mm2本切り出して取り付けます。

img_5160img_5161

扉の製作

扉は1×4材を3枚と、1×2材を1枚で構成します。本体の横幅に合わせる為にトリマーで段付加工で調整します。最終的に2mmの段付きとしました。

img_5162smokedbox9

扉部分にも帯板(1×3材を335mm2枚)を取り付けますが、横板用の帯との間に隙間ができるので、1×3材を19mmにカットして追加で取り付けます。(計4個カット)

smokedbox07

クランプで扉用の板を締め付け、帯板を固定します。

img_5165

最後に、残った1×3材を使って、反り防止の斜め板を取り付けます。(長さは現物合わせでカットしてください。)

img_5166

固定具の取り付け

扉と横板の帯板の上下に、蝶番を取り付けます。

img_5167

扉のロックはアーチ型留め具を取り付けます。

img_5168

天板に取っ手を取り付けます。これで木箱の完成ですが、もう少し一手間を加えます。

img_5170

横置きしてもカッコ良くなるように、上下に1×4材を4本取り付けました。

smokedbox08

塗装

ワトコオイルで全体を塗装します。さらに、全体をサンドペーパー#240でならして2回重ね塗りをします。

img_5172

燻製ボックスの内部は、燻製に影響するかもしれないので未塗装です。

img_5173

≪自然素材DIY≫子供や木材に優しいワトコオイルの使い方
DIYの木材塗装には様々な種類の塗料が使用されます。その中で安定的に人気が高いのが『WATCO-ワトコオイル-』です。ワトコオイルはイギリス生まれの植物性塗料で、亜...

ステンシル塗装

セリアのブリキプレートを取り付け、『SMOKED BOX』『tsukuro-motto.com』を黒でステンシルしました。

img_5175

【ステンシルDIY】自作シートの作り方や便利なスタンプをご紹介!
ステンシルは、DIYで家具や木箱を作った後の仕上げには欠かせない加工ですね。男前スタイルの演出や、普通の板にステンシルをするだけでもかっこいいディスプレイになり...

完成

完成しました。木箱としてもカッコイイデザインに仕上がりました。

img_5176

使用しない時は、横置きにして飾っておくこともできます。

img_5183

お試し燻製

早速、燻製ウッドと燻製用温度計を購入して、お試し燻製を行いたいと思います。

img_5184

燻製は温度管理が重要なので、温度計は必須です。(扉部分に差し込みました。)

img_5185

今回はお試しなので、燻製ウッドを1/3に折って使います。約1〜2時間分の量です。

img_5186

燻製ウッドはバーナーで一面を炙って、燻製ボックスに入れます。

img_5190

お試しとは言え、色々試したくなったので、チーズ2種とベーコン、ウインナーを燻製します。

img_5192img_5193

2時間ほど燻製したら出来上がり。実際には紆余曲折ありましたが。。。(それは後ほどコラムで…。)

img_5195

製作を終えて

燻製ボックスは、完成してからも改良が必要でした。最初の燃焼で空気不足となったので、5mmほどの空気穴を5箇所開けました。その後は燃焼効率を上げるために、燻製ウッドトレーに網を置いて、ウッドを浮かせて燃焼しやすくしました。

色々試行錯誤ではありましたが、できた燻製チーズはとても美味しかったです。これからの時期は燻製を本格的に楽しみたいと思います。(燻製の勉強も必要ですね!)

≪燻製DIY≫酒の肴に最高!絶品男の手作り燻製を楽しもう!
燻製は酒の肴に最適。燻製の香ばしさと香りは酒をすすめます。今回は3種類の燻製ウッドを購入したので、それぞれ違った香りや香ばしさを楽しんでみたいと思います。燻製...

ご紹介した商品

トップへ戻る