【インテリアDIY】ツーバイ材で簡単スリッパラックの作り方

スリッパラックタイトル
いつも玄関のスリッパは床に直置きでしたが、収納できるラックがあればスッキリするかな…と言う事で、木目を活かしたスリッパ用ラックをDIYしました。今回は2足用で作りましたが、幅を広くしたり2段にする事で4足用にもアレンジできます。

材料

スリッパラックの材料1×4材

  • 1×4材:538mm…2枚、500mm…1枚
  • アンティーク釘:6本(セリア)
  • コーススレッド:スリムタイプ30mm
  • ワトコオイル(ダークウォルナット)

道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規&平行定規(orスライド丸ノコ)
  • プロトラクター
  • 差し金
  • ノミ
  • 金づち
  • サンドペーパー#240
  • クランプ
  • 塗装道具(さげ缶、刷毛、ウエス等)
  • インパクトドライバー

DIYレシピ

脚部の加工

今回の脚部の木材は、1×4材を半分にカットして使いました。

●カットする寸法(1×4材幅89mmー丸ノコ刃厚 1.6mm)÷2=43.7mm
43.7mmを正確に切り出すことは難しいので近似値とします。

今回のスリッパラックは、壁に立て掛けるデザインなので、安定性を考えて脚を斜めにカットします。まずは、床に接する部分をプロトラクターで75度の墨線を引きます。

スリッパラック製作プロトラクターで墨線入れ

【DIY基礎知識】木材の角度はこれでチェック!スコヤの種類と使い方をご紹介
スコヤは、正確な角度を測定するための道具です。スコヤにも様々な種類があり、直角を測る「スコヤ」、45度を測る「留型スコヤ」、分度器がついた「プロトラクター」、...

今回はスライド丸ノコを使用します。

スライド丸ノコの角度調整は、『90度に対して何度傾けるか?』と考えます。なので今回は『90度-15度=75度』となるため、目盛りを15度に設定します。

スリッパラック製作スライド丸ノコ目盛り合わせ

脚2本を重ねて、一度に上下共にカットします。

スリッパラック製作スライド丸ノコで一気に切断

【動画あり】大規模DIYに必須!スライド丸ノコの使い方とカット方法をご紹介
大規模なウッドデッキ製作や、同じ寸法の木材を大量にカットするときなどに大活躍する「スライド丸ノコ」をご紹介します。DIYは「丸ノコ」と「丸ノコ定規」を使ってカッ...

スリッパのかかと部分を差し込む板の奥行き幅は25mm程度で大丈夫なので、前面の板は欠き込み加工して幅を詰めます。(ここからは通常の丸ノコに変えて作業を進めます。)

スリッパラック製作欠き込み加工1

欠き込み加工は、下から150mmの位置からスタートとします。

スリッパラック製作欠き込み加工2

欠き込み幅は1×4材幅の89mm、深さは19mmです。

スリッパラック製作欠き込み加工3

欠き込み面を上にして、クランプでしっかり固定し、墨線位置を合わせます。

スリッパラック製作欠き込み加工4

【DIY基礎知識】第3の腕!クランプの使い方と種類をご紹介
クランプはDIYにおいて、「木材を固定するための補助道具」です。一人で作業する場合は「第3の腕」として活躍します。 クランプを使うことで木材を安定的に固定し、安全...

丸ノコの刃の調整を行います。最頂部を19mmに合わせます。

スリッパラック製作欠き込み加工5

丸ノコの深さ調整を行なった場合、ロックを確実にしましょう。精密な深さを刻む場合は、ロックした後に再度寸法を確認します。

スリッパラック製作欠き込み加工6

丸ノコと丸ノコ定規で墨線内側を刻みます。

スリッパラック製作欠き込み加工7

【DIY基礎知識】正しい丸ノコの使い方で安心・安全なDIYを楽しもう!
DIYを楽しむ上で欠かせないアイテムが『丸ノコ』です。木材の直線を切る道具として、使い方を覚えると手放せないくらい便利です。ただし、電動工具の中でも一番と言って...

刻みが完了しました。

スリッパラック製作欠き込み加工8

金づちでバンバン叩いて取り除きます。周りを叩かないように慎重に!

スリッパラック製作欠き込み加工9

ノミで底部分を整えます。

スリッパラック製作欠き込み加工10

欠き込み加工が完了しました。これで脚部の加工は完了です。

スリッパラック製作欠き込み加工11

≪DIYプロ級≫宮大工も驚く!?釘やビス不要の相欠き継ぎ(あいかきつぎ)方法をご紹介!
DIYは通常、木材と木材をコーススレッド(ビス)で止めるケースが多いと思いますが、釘やビスを使わずきれいな接合をしたいと思った時には「相欠き継ぎ(あいかきつぎ)...

塗装

塗装をする前に、サンドペーパー#240で全体を整えます。欠き込み加工した部分や、脚の上下も角を取っておきます。

スリッパラック製作ワトコオイル塗装1

≪DIYにこの番手≫紙やすり(サンドペーパー)の使い方と選び方をご紹介!
紙やすり(サンドペーパー)は木工DIYでは必需品です。木材の切り口を滑らかにしたり、角や表面を滑らかにしたりと、スベスベの木の質感を表現するには欠かせないアイテ...

ワトコオイルとさげ缶、刷毛を使って塗装していきます。(軍手とタオルを忘れずに。)

スリッパラック製作ワトコオイル塗装2

最初に、小口や面積の狭い所から塗装します。最後に広い面を塗装して、全体をならします。

スリッパラック製作ワトコオイル塗装3

塗装完了です。1時間ほど乾燥させて再度薄く塗装して仕上げます。

スリッパラック製作ワトコオイル塗装4

≪自然素材DIY≫子供や木材に優しいワトコオイルの使い方
DIYの木材塗装には様々な種類の塗料が使用されます。その中で安定的に人気が高いのが『WATCO-ワトコオイル-』です。ワトコオイルはイギリス生まれの植物性塗料で、亜...

組み立て

最初に欠き込みした部分の組み付けから行います。木工用ボンドを塗布して、1×4材538mmを組み付けます。

スリッパラック製作組み立て1

ボンドが乾く前に上下の脚幅を確認して、538mmに合わせます。その後、1時間ほど乾燥を待ちます。

スリッパラック製作組み立て2

木工用ボンドが乾燥したら、セリアの「アンティーク釘」を打ちます。

スリッパラック製作組み立て3

片側3ヶ所打ちますが、主な固定は木工用ボンドで、釘は飾り程度です。

スリッパラック製作組み立て4

釘打ち完了です。

スリッパラック製作組み立て5

裏側はコーススレッドで留めます。クランプで曲りや反りを押さえ込みます。

スリッパラック製作組み立て6

インパクトドライバーと2.5mmドリル、コーススレッドスリム30mmを用意します。

スリッパラック製作組み立て7

2.5mmドリルで下穴を開けます。

スリッパラック製作組み立て8

次にコーススレッドでしっかり固定します。

スリッパラック製作組み立て9

【DIY必需品】インパクトドライバーの種類&使い方をご紹介!
DIYにおいて、木材同士の接合にコーススレッド(目の粗い木ネジ)を使うことが主流になり、インパクトドライバーは欠かせないアイテムになりました。インパクトドライバ...

完成

細部の寸法や荒れを確認したら完成です。

スリッパラック製作完成1

焼印もさりげなく活用。いい感じですね。

スリッパラック製作完成2

【焼印DIY】真鍮ブロックを使って焼印を自作しよう!
オリジナルの家具を作ると『焼印』を押して、ステンシルとは違うテイストを楽しんでみたくなります。業者さんに焼印製作を頼むのも良いですが、そこはtsukuroもっと。真...

製作を終えて

今回のスリッパラックは難しい作業がなく、サックリとできる簡単DIYです。シンプルなデザインで、周囲のインテリアを壊さない名脇役スリッパラックを目指しました。雰囲気も良くいい感じに仕上がりました。

そんなに難しくない製作工程なので、アレンジもできると思います。ぜひお試し下さい。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る