≪DIY初級編≫誰でも簡単!ノコギリで真っ直ぐに切る方法をご紹介

ノコギリで真っ直ぐに切る方法
昨今のDIYでは電動工具が主流となっていますが、実はノコギリの登場場面も相変わらず多いです。丸ノコなどの電動工具に頼るのもいいですが、ちょっとだけカットしたい時や、木箱などの継ぎ手細工の時はノコギリが必須となります。

でも、ノコギリでまっすぐ切るのは結構難しい。。。

「真っ直ぐ切っているつもりでも、だんだん曲がってしまう…」なんて経験をされた方も多いかと思います。しかし、力の入れ方とちょっとしたコツで真っ直ぐ切る事は可能なんです。その秘訣をご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

手順&ポイント

ポイント[1] 墨線の入れ方

カットする時ガイドとなる墨線は、木材の周りにグルっと一周入れます。特に下面以外の3面には墨線を必ず入れましょう。

ノコギリでカットする時は下面以外の3面に必ず墨線を入れる

ポイント[2] 木材の固定

切る時は、材料を「クランプ」や「ウマ」などで動かないようにしっかり固定しましょう。

ノコギリでカットする時は必ずクランプやウマを使用する

ポイント[3] 溝入れ

最初に切断する墨線の角に、軽く溝を切ります。片方の親指を添えながら刃を置くと、ズレずに刃をセットすることができます。(最初の引っ掛かりを作る感じです。)

ノコギリカット1:角に軽く溝を入れる

次に、上面の墨線に合わせて真っ直ぐに浅く溝を切ります。これが横のガイド溝となります。

ノコギリカット2:横のガイドになる溝を入れる

さらに、横の墨線に合わせて縦に溝を入れます。これが縦のガイド溝となります。

ノコギリカット3:縦のガイドになる溝を入れる

ポイント[4] 切り込む

上面と側面、それぞれに入れた墨線の溝をガイドにして、45度の角度で切り込んでいきます。

①脇を締めて、ノコギリを真っ直ぐに持つ。
②力を入れて切るのではなく、押す力2に対し引く力8の割合で”軽くなぞる感じ”で引き切る。

ノコギリカット4:力を入れずなぞりながら切る
先に入れた縦と横の溝にノコギリの刃を合わせながら45度の角度を維持して、なぞるように真っ直ぐ切ります。力ではなく「なぞり引き切る」ことを意識すると、案外簡単に切る事ができます。

力を入れて切ると、刃がねじれて曲がる原因になります。

真っ直ぐに切ることができました!

ノコギリで真っ直ぐ切れました

まとめ

上記で挙げたポイントを意識しながらカット練習をすると、簡単に真っ直ぐ切れるようになります。「力で押し切るのではなく、なぞるように引き切る」。この感覚を習得すれば、DIYスキルは格段にアップします。

さらに、安定した「クランプ」での固定や、「作業台(ウマ)」を活用した安全な環境を整えることも、技術向上においてとても重要です。練習を重ねて、ワンランク上の作品を作りましょう!

【DIY基礎知識】第3の腕!クランプの使い方と種類をご紹介
クランプはDIYにおいて、「木材を固定するための補助道具」です。一人で作業する場合は「第3の腕」として活躍します。 クランプを使うことで木材を安定的に固定し、安全...
【大工道具DIY】組み立て式作業台(ウマ)の作り方【図面あり】
【図面PDFダウンロード可能】DIYを楽しむためには不可欠なのが「作業台」です。今回は組み立て式で様々な使い方ができる作業台を作りました。天板を外してウマに長い木...

オススメ商品

バークランプは作業台と木材の固定に大活躍します。2個持っていると安定して木材をカットできます。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る