【DIY保存版】塩ビパイプの種類・使い方・接続パーツの組み合せ方を詳しく解説!

塩ビパイプ基礎知識

塩ビパイプは、主に水道管として使われる建築資材です。VP管、塩ビ管などとも呼ばれます。

ホームセンターにもたくさんの種類が販売されていますが、DIYにおいては水道管としてだけでなく、棚板を支えたりテーブルの脚になったりと、様々な使い方ができる安価で加工が容易なDIYアイテムです。

そんな塩ビパイプは、好みの長さにして様々な接続パーツを用いることで、男前インテリアやインダストリアルに合う家具へと大変身します。今回は塩ビパイプを扱ってみたいという方にもわかりやすく「種類・使い方・かっこいい接続パーツの組み合せ」をご紹介します。

塩ビパイプの価格

塩ビパイプはホームセンターで手軽に購入できます。

塩ビパイプの価格1

接続パーツは100円以下から、パイプは約200円からと、木材DIYと比べるととても安価に購入できます。

塩ビパイプの価格2

DIYに使える塩ビパイプのサイズ

塩ビパイプの太さや厚さは様々ありますが、DIYに使えるサイズは下記の通りです。作品のデザイン性や耐重性などにより、種類を使い分けましょう。
(簡単な棚であれば呼び系13mmがオススメ)

呼び径 外径 厚さ
13 18.0 2.2
16 22.0 2.7
20 26.0 2.7
25 32.0 3.1

※単位:mm

塩ビパイプの種類

基本パーツ

塩ビパイプ

塩ビパイプDIYの基本アイテムとなるパーツです。ホームセンターには様々な長さが売られています。必要な長さの物を購入しましょう。

塩ビパイプ ベース

エンドキャップ

塩ビパイプの端にキャップとして取り付けるパーツです。

塩ビパイプ エンドキャップ

▼組み合せ例:「塩ビパイプ」+「エンドキャップ」▼

塩ビパイプ使用例1 塩ビパイプ エンドキャップ

基本接続パーツ

TSチーズ

塩ビパイプを三方向に取り付けたいときに使います。棚のフレーム製作時に使用されます。

塩ビパイプ TSチーズ

TSジョイント

同じ径の塩ビパイプをつなぐときに使います。単調なパイプの連続が続く場合、変化をつけたいときに使うと効果的です。

塩ビパイプ TSジョイント

径違いジョイント

違う径のパイプを接続して、変化を付けたいときに使用します。

塩ビパイプ 径違いジョイント

バルブソケット

TS給水栓のねじ切り部分に取り付けて、片側には塩ビパイプを接続します。

塩ビパイプ バルブソケット

TS給水栓ソケット

片側で塩ビパイプを接続し、反対側(ねじ切りがある方)でTSバルブソケットなどを取り付けます。DIYにおいては寸法調整用にも使えるパーツです。

塩ビパイプ TS給水栓ソケット

塩ビパイプの長さが若干足りない場合、このパーツは微調整ができます。

塩ビパイプ TS給排水ソケット 微調整

▼組み合せ例:「バルブソケット」+「TS給排水ソケット」▼

塩ビパイプ バルブソケット TS給排水ソケット

直角接続パーツ

TSエルボ

塩ビパイプを直角に曲げて組み合わせたいときに使用します。

塩ビパイプ TSエルボ

TS給排水エルボ

片側ねじ切りタイプのパーツと接合させ、直角に曲げたい時に使います。

塩ビパイプ TS給排水エルボ

▼組み合せ例:「バルブソケット」+「TS給排水エルボ」▼

塩ビパイプ バルブソケット TS給排水エルボ

各接続パーツを使用する際は、ただ接合するだけでなく、デザイン性を考えたパーツ選びがポイントです。フラットなフォルム(TSエルボ)ではなく、ゴツゴツしたフォルム(給排水系)を使用すると、男前感がより一層演出できます。

塩ビパイプ 接続例

固定パーツ

フランジ

塩ビパイプ製作物を壁に取り付けるときに使用します。フランジを壁に取り付けるときは、ビス用の穴を作る必要があります。

塩ビパイプ フランジ

※ビス穴の作成方法は、以下フランジの加工例と一緒にご紹介します。

フランジの加工例

ビス用の穴を開ける前に、ここでワンポイント!

フランジは塩ビパイプの呼び径よりも大きく、このまま使うとデザイン性に欠けてしまいます。なので、フランジを加工してカッコよくする事ができます。

img_5061

フランジの丸い穴を活用して、十字型のフランジに加工します。

img_5063

3.8mmドリルでビス穴を開けます。

img_5066

皿とりドリルで皿加工を行います。

img_5068

カッコいいフランジの出来上がりです。

img_5069

ただこの作業、4個で作業時間3時間もかかりました!ものすごい達成感がありますが、この加工は手間を考えるとオススメしません。そのまま使うか、代用品の利用をオススメします。

フランジを使わない取り付け方法

フランジはホームセンターや通販でもなかなか手に入りづらいパーツとなっています。(2017年1月現在)

代用品として、ホームセンターでも容易に買える「ポール受けソケット」を活用する方法をご紹介します。ポール受けソケットは、デザインもシャープでカッコイイ仕上がりになります。

塩ビ管 ポール受けソケット

ただし、ソケットの内径と塩ビパイプの外径の差で、隙間ができてしまう場合があります。

塩ビパイプ 塩ビシート ソケット

これを解決するために、「塩ビシート」と呼ばれるシートを塩ビパイプに巻きつけ、径を合わせます。

IMG_3909

※塩ビシートの接着には「タフダイン」を使用します。下記項目「接着剤」で詳しく説明しています。

塩ビシートで巻いた部分とソケットをボンドG17などで固定します。

IMG_3917

あとは通常通り、ビスで固定して使用します。

切断道具

金ノコギリ

金ノコギリは通常、金属の切断に使いますが、塩ビパイプの切断にも使えます。(価格1,300円前後)

img_4951

パイプカッター

パイプカッターは、金属パイプから塩ビパイプまでを手軽に直角切断できます。切りたいラインにカッターの刃を合わせて、本体を一周しながらカッターの刃を締め込むと切断できます。(価格1,500円前後)

IMG_3885塩ビパイプ パイプカッター

接着材

タフダイン(青)

タフダイン(青)は、塩ビパイプ専用の接着剤です。速乾性があるため、仮組みをして確認してから接着しないと強力に貼り付き、修正が困難になるので手早く作業を行いましょう。(価格:100g 300円前後)

※上記で挙げた塩ビシートの接着にも使えます。

塩ビパイプ タフダインIMG_3880

塗布後の締め付け時の注意点として、正面にランナー跡や見せたくない面がこないように調整して固定しましょう。

塩ビパイプ タフダイン ランナー跡

塗装

塩ビパイプはスプレー塗料を使用すると、ムラなくきれいに仕上がります。

下地材

塩ビパイプと塗料の密着性を高めるため、オールマイティーなプライマー「ミッチャクロン」を最初に吹き付けます。塩ビパイプが何かと擦れる場合などに効果的です。(価格:420ml 1,300円前後)

IMG_3923

塗装

塩ビパイプは、水性・油性塗料関わらず塗装可能ですが、ミッチャクロンで下地処理をして「油性塗料」を使うのがオススメです。

IMG_3935

塩ビパイプの作品例

トイレットペーパーホルダー

塩ビパイプと木材、さらにアルミ棒を使ってトイレットペーパーホルダーを作りました。

img_5119img_5120

【塩ビパイプDIY】男前トイレットペーパーホルダーを作ろう/図面あり
【図面PDFダウンロード可能】塩ビパイプを使用した男前トイレットペーパーホルダーをご紹介します。男前というと、木の風合いと無骨な黒い鉄の組み合わせが主流ですが、...

鉄サビ風シャビーな男前シェルフ

塩ビパイプをつや消し黒とシルバーで金属風に塗装し、赤茶色の塗料で鉄サビ風を演出しました。

img_5082img_5116

【棚DIY】塩ビパイプで鉄サビ風シャビーな男前シェルフを作ろう!
塩ビパイプ(塩ビ管)DIYは、男前やインダストリアル風のインテリアに大人気ですよね。色んな表現ができる塩ビパイプは、アイデア次第でかっこいい棚やテーブルの脚など...

シングルタイプのトイレットペーパーホルダー

塩ビパイプを棚板から貫通させて固定させた、シンプルなトイレットペーパーホルダーです。

シングルトイレットペーパーホルダーDIY

《インテリアDIY》塩ビパイプでシングルのトイレットペーパーホルダーを作ろう!
トイレをDIYする際、「既成のトイレットペーパーホルダーを変えたいな…」と思ったことはありませんか?デザイン性の良い商品も販売されていますが、値段は高価で躊躇し...

まとめ

塩ビパイプは、ツーバイ材と並ぶDIY素材の必須アイテムです。組み合わせ次第でいろんな作品作りを楽しめ、さらに塗装次第で本物の鉄っぽく見せることもできます。塗装に関して、男性は「プラモデル」をイメージしてみると理解がし易いと思います。

塩ビパイプは素材が塩化ビニールなので、特別な工具がなくても手軽に加工できます。是非トライしてみて下さい!

ご紹介した商品

タフダインは塩ビパイプの接着に必須のアイテムです。

塩ビパイプの他、様々な面を塗装可能にするミッチャクロン。1つは持っておきたい下地剤です。

塩ビパイプを簡単にカットできるパイプカッター。金ノコより容易に作業ができます。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る