【お助け出張DIY】第1回:外水道をリメイクしたい!立水栓の高さ変更~捨てコン打ち編

出張DIY 外水道リメイク1

今回、外水道のリメイクをしたいとご相談を受けました。「新築時の外水道はチョット味気ないので雰囲気を変えたいなぁ」との事です。

ここはtsukuro-mottoにお任せあれ!それでは参りましょう。DIYお助け「出張tsukuroもっと」!

【シリーズでお届け中】

  1. 立水栓の高さ変更~捨てコン打ち
  2. ブロック積み
  3. ブロック積み~天板準備
  4. コンクリ手コネ修行の巻
  5. シンクを作るの巻
  6. ハイモル初挑戦と完成!の巻

リメイクのご要望

外水道リメイク 現状の外水道

  • 腰を曲げずに使える高さにしたい。
  • タイルを貼っておしゃれにしたい。
  • 水栓受けをおしゃれな物に変えたい。
  • カウンタータイプにしたい。
  • 下に収納スペースが欲しい。

用意した道具

外水道リメイク

  • スコップ(掘削作業用)
  • 金ノコ、タフダイン(塩ビ作業用)
  • トロ舟、左官バケツ、手くわ、左官ゴテ(左官作業用)
  • 水平器

※今回グラインダーは使用しませんでした。

作業開始

立水栓の高さを変更する

「腰を曲げずに使える高さにしたい。」というご要望なので、最初に立水栓の高さを変える作業を行います。まずは、化粧石と防草シートを移動して穴掘りを行います。

外水道リメイク 穴掘り1

そして、水道管が出るまでひたすら掘ります。依頼主の奥様も頑張って掘り込みました。

外水道リメイク 穴掘り2

奥様
奥様

こんなに深く掘るんですか?

tsukuro-motto
tsukuro-motto

まだまだ深く掘りますよ~。「凍結深度」の下に水道管がありますからね。

「凍結深度」とは…
地盤の凍結が起こらない地表面からの深さ。
地面が凍結すると膨張して地盤が押し上げられるため、建物の基礎の根入れ深さや水道本管からの横引き給水管は、凍結深度より深いところに設置する必要がある。

参照:住宅建築専門用語辞典より

穴掘りの時は土がたくさん出るので、スペースをしっかり確保しましょう。ほら、周りが土だらけ。

外水道リメイク 穴掘り3

tsukuro-motto
tsukuro-motto

やっと出ましたよ!結構深かったですね。

奥様
奥様

あ~良かったです!

外水道リメイク 穴掘り4

50cm掘りました。穴掘りは結構な重労働です…。

外水道リメイク 穴掘り5

水道管は塩ビパイプです。金ノコで切っていきます。

外水道リメイク 塩ビ切断

水道管の切断の前に必ず水道を止めましょう。エライ事になります。

外水道リメイク 止水

tsukuro-motto
tsukuro-motto

ここはお任せ下さい。

奥様
奥様

は~い。大丈夫ですか?

こ…この姿勢での切断は結構辛い。。。( ;-`д´-)

外水道リメイク 塩ビ切断2

tsukuro-motto
tsukuro-motto

だ、大丈夫です…。( -`Д´-;A)

途中、水道管に残っている水が飛び出します。水が出切ったら作業再開。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

どのくらい立水栓上げますか?

奥様
奥様

このくらい上げたいですね。

外水道リメイク 高さはコレっ!

tsukuro-motto
tsukuro-motto

結構上がりますね〜。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

凍結深度が取れないので土盛りましょう。

高さと大きさが決まったので、水道管を延長するための塩ビパイプと寸法決め用として軽量ブロック、砂を購入。

外水道リメイク 購入品

まずは延長用の塩ビパイプを製作します。接着剤は塩ビ用のタフダインを使用します。

外水道リメイク タフダイン1

20mm塩ビエルボを接着。接着する部材両方にタフダインを付けて取り付けます。

外水道リメイク 塩ビ接着1

そして、立ち上げ分の20mm塩ビパイプを接着。

外水道リメイク 塩ビ接着2

さらに20mm塩ビエルボを付けて立水栓との再接続が完了です。

外水道リメイク 塩ビ接着3

奥様
奥様

職人さんみたいですね。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

DIYのプロです。( ー`дー´)キリッ なんてね。

立水栓の高さ変更完了です。

外水道リメイク 塩ビ接着4

tsukuro-motto
tsukuro-motto

よくよく考えると、僕初めて本来の塩ビ管の使い方をしましたよ。(-ω- )

奥様
奥様

そうなんですか??

tsukuro-motto
tsukuro-motto

トイレットペーパーホルダーとか、棚の受けとかですね。黒く塗って鉄感出して…。

奥様
奥様

へぇ〜。そうなんですね。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

また、サイト見てくださいね(汗)(;∀; )

立水栓を上げたので、排水管も50mm塩ビジョイントを付けて延長します。

外水道リメイク 排水延長

塩ビ管の接着後、30分待って水道メーターの栓を開けて水漏れチェックを必ず行いましょう。チェックが終わったら、土を固めながら戻します。

外水道リメイク 開栓

周りの土を使って、凍結深度まで土を盛り上げます。

外水道リメイク 埋め戻し

立水栓の傾きを確認します。排水管に水道管が当たっているので立水栓が傾いてますね。

外水道リメイク 傾き調整1

その場合は、立水栓の固定ステーを調整して傾きを補正します。

外水道リメイク傾き調整2

横の傾きも確認しておきましょう。

外水道リメイク 傾き調整3

延長分の排水パイプを接着して、立水栓の高さ変更作業は完了です。

外水道リメイク 傾き調整4

ブロック積みの下準備

立水栓の周りにブロックを積んでいきます。ブロック積みをするときは、事前に砂を使って地面の水平と高さの調整をします。

外水道リメイク ブロック下地1

全体に砂を敷いて、レンガなどで締め固めます。

外水道リメイク ブロック下地2

ブロックを仮置きして家との間隔を確認します。

外水道リメイク ブロック下地3

tsukuro-motto
tsukuro-motto

立水栓の間隔と同じくらい離しますね。

奥様
奥様

そうですね。それでお願いします。

仮置きしたブロックでイメージを確認です。

外水道リメイク ブロック下地4

イメージが固まったので、砂の高さを真っ直ぐな木材で水平に整えます。

外水道リメイク ブロック下地5

捨てコン作業

捨てコンを打ちます。捨てコンとは、ブロックを積む前の下地のコンクリートです。砂とセメントの配合割合は砂3:セメント1です。

外水道リメイク セメント1

砂とセメントを撹拌して、砂にセメントがキレイにコーティングされるようにします。トロ舟の角もしっかり撹拌します。

外水道リメイク セメント2

最適の水分量になるまで少しずつ水(コップ一杯程度)を足して撹拌します。左官職人は一発で決めるんでしょうね。

外水道リメイク セメント3

セメントに粘りが出るまで撹拌したら完成。

外水道リメイク セメント4

左官コテですくって下地を打ちます。できればレンガ用コテがある効率的です。

外水道リメイク セメント5

下地は若干水分少なめにしてます。コテでならして水平にします。

外水道リメイク セメント6

水平器で左右の高さを確認しながら盛り付け量を調整します。

外水道リメイク セメント7

縦の水平もしっかりチェック。

外水道リメイク セメント8

奥様
奥様

蛇口を変えたいんですよ。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

大丈夫ですよ。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

シールテープを巻いてと。ねじ込む方向の逆巻きにするんですよ。

外水道リメイク 蛇口変更

奥様
奥様

もう職人さんですね。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

(DIYのプロです。( ー`дー´)キリッ もう言わないでおこう…。)

下地が完成しました。今日はここまでです。次は固まった下地の上にブロックを積んでいきます。

外水道リメイク 1日目作業完了

作業完了を待っていたかのように雨が。。。下地が雨に濡れないようにブロックでガードして作業完了です。

外水道リメイク 雨よけ

1回目の出張tsukuroもっと終了

久しぶりに木工以外の作業はとても楽しかったですね。よくよく考えると、塩ビパイプを本来通りの使い方をした最初のDIYでした。意外でビックリです。(笑)
奥様も穴掘り頑張って頂きました。お疲れ様でした!

奥様
奥様

良かったらどうぞ。

tsukuro-motto
tsukuro-motto

わー嬉しい!卵大好きです!

外水道リメイク 今日の報酬

今日はオムライスですね!

このあとは、下地の上にブロックを積んでいきます。今回もウッドデッキ製作のようにシリーズ化しそうな予感です。次回もお楽しみに!

≪出張DIY≫スライド丸ノコ&イペ材でメンテナンス不要のミニウッドデッキ作成日記
今回初めて行った『出張tsukuroもっと』をご紹介します。いつも当ブログを楽しんで頂いてる先輩ご夫婦より、『実家に、お母様用のウッドデッキを作って欲しい。』という...

おすすめグッズ

大きいタイプは邪魔ですが、このサイズなら色々使えて便利です。


セメント作業でこの3種類があれば、かなり対応できます。

第2回

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る