【端材DIY】端材で男前トラッシュボックスを作る。

ゴミ箱DIY top

DIYを続けていると、様々なサイズの端材が増えてきますね。捨てるに捨てれないし、有効活用したくても『何を作れば。。。』

今回はそんな端材を使って作る『TRASH BOX(トラッシュボックス)』いわゆるゴミ箱です。端材の状況確認から、どのサイズで作るか。どう活用するか。などをご紹介します。

トラッシュボックスの材料

  • SPF端材
  • シナベニア端材
  • コーススレッド 30mm
  • 波釘

トラッシュボックスに使った道具

  • 丸ノコ
  • 丸ノコガイド
  • スライド丸ノコ
  • 差し金、メジャー
  • カンナ
  • #240サンドペーパー
  • インパクトドライバー
  • 皿取り錐
  • 木工用ボンド
  • クランプ各種
  • ワトコオイル(ダークウォルナット)
  • 水性塗料 (アイアンブラック)
  • ステンシルセット

DIYレシピ

端材からサイズを検討する。

様々なサイズのSPF1バイ材ベニア合板。捨てるにはモッタイナイと捨てずに取っておくと保管場所にも困ります。今回は増えた端材を使ってトラッシュボックス(ゴミ箱)を作ります。

ゴミ箱DIY 端材

1バイ材を並べてみると1100mmの長さに。横幅250mmが4枚取れます。ゴミ箱の高さは一番短いサイズから350mmにします。

ゴミ箱DIY 端材検討

SPF1×6材はそのままでは使いづらいので、1×4材の横幅89mにカットします。

ゴミ箱DIY 端材検討2

丸ノコの出幅調整は、ロックを外した丸ノコを丸ノコガイドとカットする部材を重ねて押し当てると簡単に丸ノコの刃の出幅を決めれます。

ゴミ箱DIY 丸ノコ調整

端材のカットが終わり、振り分けると250mm幅が取れる4セットが出来ました。

ゴミ箱DIY 端材の振り分け

トラッシュボックス側面板の製作

カットした端材の角をカンナで面取りします。

ゴミ箱DIY 端材カンナ掛け

全ての端材(部材)をトラッシュボックスの高さ350mmにカットします。

ゴミ箱DIY 部材カット

高さ350mmの4セットが出来ました。

ゴミ箱DIY 端材の振り分け2

4セットともなるべく同じデザインになる様に部材の並びを揃えます。

ゴミ箱DIY 板の構成

木工用ボンドで接合していきます。

ゴミ箱DIY 端材の接合1

4セットとも接合が完了です。木工用ボンドが乾燥するのを待ちます。

ゴミ箱DIY 端材接合2

使っていく中で端材は離れない様に波釘で固定します。

ゴミ箱DIY 端材接合3

波釘は左右、真ん中をまんべんなく打ちます。偏ると修正が大変です。

ゴミ箱DIY 端材の接合4

木工用ボンドと波釘で固定が終わった側面板を250mmサイズにカットしていきます。

ゴミ箱DIY 板幅カット1

丸ノコガイドで正確に250mmをカットします。カットが終わったら、カット面の角をカンナで面取りします。

ゴミ箱DIY 板幅カット2

トラッシュボックスの組み立て

側面板の組み立ては木工用ボンドとコーススレッド30mmを使って組み立てます。差し金を使って、直角、垂直を確認します。

ゴミ箱DIY 組み立て1

ビス位置は全て合わせると綺麗に見えます。
コーススレッドの固定には皿取り錐(さらとりきり)を使って下穴を開けて割れ防止を。

ゴミ箱DIY 組み立て2

側面板の組み立てが完了しました。底板は端材SPF1×10材を使います。SPF1×10材が無い場合は側面板と同様に板を製作します。

ゴミ箱DIY 組み立て3

底板は実測230mm角のサイズでカットします。

ゴミ箱DIY 組み立て4

底板も皿取り錐で下穴を開けてコーススレッド30mmで固定します。

ゴミ箱DIY 組み立て6

トラッシュボックスのディテールアップ

このままで完成でも良いのですが、せっかく製作するので『男前感』を演出します。端材保管庫に端材シナベニア4mm厚がちょうど良い幅であったので活用します。

ゴミ箱DIY 組み立て7

側面板幅+4mmの長さ8枚をカットしてトラッシュボックスの上下に木工用ボンドで貼り付けます。固定にはクランプを。

ゴミ箱DIY 組み立て8

ゴミ箱DIY 組み立て9

更に木箱感の演出として斜めにシナベニアを4枚貼り付けます。

ゴミ箱DIY 組み立て10

全てのディテールアップが完了して木工用ボンドが乾燥したら、#240サンドペーパーを全体に掛けます。

ゴミ箱DIY 組み立て11

トラッシュボックスの組み立てが完了しました。男前な木箱感出てますね。

ゴミ箱DIY 組み立て12

トラッシュボックスの塗装

今回は室内で使うトラッシュボックス(ゴミ箱)の設定なので、ワトコオイルで塗装します。アクセントはアイアンブラックです。

ゴミ箱DIY 塗装1

塗装は内側と底から。おもて面は最後に。

ゴミ箱DIY 塗装2

ワトコオイルは2回塗りです。2回目はスチールウールで研磨しながら仕上げます。

ゴミ箱DIY 塗装3

ワトコオイル塗装で残した1本をアイアンブラックでアクセントにします。

ゴミ箱DIY 塗装5

塗装が完成しました。全ての塗装が乾くまで放置。

ゴミ箱DIY 塗装6

ステンシル施工

仕上げにステンシルを行います。『TRASH BOX』そのままです。はい。

ゴミ箱DIY ステンシル1

エアブラシがあると様々な色でステンシルが可能です。

ゴミ箱DIY ステンシル2

トラッシュボックス完成

ステンシルスタンプも使って仕上げました。端材のみを使った作品とは思えない感じに仕上がりました。

ゴミ箱DIY 完成1

coolな感じで白黒撮影。いい感じ。

ゴミ箱DIY 完成2

製作を終えて

DIYの端材処理は結構、深刻な問題ですよね。私もこのままでは保管場所がパンクする!と危機感。端材の活用には木箱系が一番いいと思います。今回の製作でもカナリ消化出来ました。更にかっこいいトラッシュボックスとなれば有効活用としては最適でした。

おすすめ商品

端材DIYでは部材のカットが多い。あると効率的なスライド丸ノコ。


室内家具塗装ではワトコオイルが一番。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る