【棚DIY】焼杉&100均転写シールで男前インテリア棚を作ろう♪

otokomae-castersh_title

杉板を使って木目を活かしたインテリア棚をご紹介します。杉板自体はもともと焼き付けてあり、この色合が男前にピッタリだなと思い、男前デザインにすることに決めました。

普通に組み立てるだけだと面白みがないので、セリアのインテリアメッシュフレームをアクセントに使用しました。キャスターも付けたので、掃除をするときも移動ができて楽ちんです♪

材料

otokomae-castersh01

  • 杉板:150×600mm…3枚
  • 杉板:150×400mm…3枚
  • インテリアメッシュフレーム:Mサイズ3個(セリア)
  • ミニキャスター:4個(セリア)
  • 塗料:水性ウォルナット
  • 男前転写シール(セリア)

道具

  • ノコギリ
  • 差し金
  • 刷毛
  • 木工用ボンド
  • 充電ドライバー
  • 25mmコーススレッド
  • 10mm木ねじ
  • アンティーク蝶板:6個(セリア)

DIYレシピ

棚中央の板切り出し

600mmの板の内、棚の中央に渡す板は上下の板より左右側面の板厚2枚分短いので、長い分を切り落とします。(板厚は13mm)

otokomae-castersh02

切り落とすと、切り口から木の本来の色が見えるので、塗料を使ってしっかり切り口を塗装します。

otokomae-castersh03

組み立て

各部材はこのように組み立てます。(イメージ)

otokomae-castersh04

まずは、底になる部分から組み立てます。

otokomae-castersh05

次に中央の板に、さらに小さな棚を付けます。3枚ある400mmの板の内、1枚を棚板の半分になるように切り、残りを脚として使用します。

otokomae-castersh21

脚にする部材は、コーススレッドで留めるときぐらついたりするので、ビス打ちをする前に木工用ボンドで仮止めをします。

otokomae-castersh06

脚の部材を固定できたら、中央の棚を固定します。

otokomae-castersh08otokomae-castersh07

そして、小さな棚と上部の板も固定します。

otokomae-castersh09otokomae-castersh10

フレームの取り付け

セリアのインテリアメッシュフレームを棚の下段に取り付けます。

otokomae-castersh11

まずは、フレームを棚と同じウォルナット色に塗装します。

otokomae-castersh12

アンティークカラーの蝶板を付属のネジを使って固定します。充電ドライバーが棚に当たってうまく使用できないときは、ドライバーを使って手動で留めます。

otokomae-castersh13

フレームを3個横並びに取り付けます。

otokomae-castersh14

キャスターの取り付け

棚の底にキャスターを取り付けます。(セリア産です。)

otokomae-castersh15

棚の底から車輪がはみ出ない位置で固定します。このキャスターには付属のネジが付いていないので、3×10mmのねじを使って固定していきます。

otokomae-castersh16otokomae-castersh17

完成

セリアの転写シールを貼って完成です。

otokomae-castersh18

男前インテリアはグリーンとの相性がバツグン!苔玉を置いていますが、男前インテリアは和の要素とも合いますね。

下段も背板がないので、窓際に置くと程よく光が入り、半日陰向きの植物も上手く飾ることができると思います。(画像はなにも置いていませんが…。)

otokomae-castersh19

転写シールもいい感じです。

otokomae-castersh20

製作を終えて

今回は焼き付けた杉板を使いましたが、ツーバイ材でもウォルナットで塗装し、同じ要領で組み立てれば作成できる簡単レシピです。

中央の棚に小さな棚も付けて、限られた範囲の中にメリハリを出してみました。キャスター付きなので、好きな場所に移動できたり、掃除をする際もサッと移動ができて楽ちんです。

DIY初心者さんにもチャレンジしやすいレシピになっていますので、興味のある方はぜひお試し下さい♪

ご紹介した商品

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る