【棚DIY】可動棚の簡単な取り付け方法~下地探しから棚板設置まで~

可動棚の簡単な取り付け方法

可動棚は、収納や飾り棚として大変便利なアイテムです。収納する物の大きさによって棚の位置を変えられるため、効率よく収納することができます。

今回は、下地探し → 棚柱の設置 → フックの取り付けという、可動棚設置の基本的なやり方をご紹介します。

可動棚設置前の物入れの様子

棚柱(レール)のご紹介

両持軽量棚用の棚柱は、1セット4本で使用します。ホームセンターでは、600mmサイズが1本100円程度で販売されています。

両持軽量棚用の棚柱

必要な道具

可動棚の取り付けに必要な道具

  • インパクトドライバー
  • 下地探し工具(下地探しどこ太)
  • マスキングテープ(目印用)
  • メジャー(コンベックス)
  • 水平器
  • コーススレッド32mm(取り付け状態による)

取り付け方法

棚柱の設置

棚柱の取り付け幅は、「壁の下地状況」「収納する物(棚板)」を考慮して決めます。取り付ける際のポイントは、全ての棚柱の高さを揃える事です。

棚柱の設置1

下地を探す時に便利なのが、下地を探す専用工具です。工具にはセンサータイプなどもありますが、直接的に探せる「針タイプ」がいいと思います。

下地探しどこ太

壁に何ヶ所か刺しながら下地の幅を確認します。下地があると差し込んだ針が止まり、目盛りを見ることで下地までの壁の厚さも分かります。(下地がない場合は、針が全て刺し込まれます。)

棚柱の設置2

目印としてマスキングテープを貼っておくとアレッ?ってことが無いです。

物入れの壁の奥は、比較的下地が入っているケースが多いです。今回は棚柱を枕棚に合わせて取り付けました。

棚柱の設置3

棚柱を取り付けるときは、印字されている数字の向きを揃えましょう。

棚柱がしっかり垂直に取り付けられているか、メジャー(コンベックス)もしくは水平器で確認しましょう。

棚柱の設置4

≪DIYに必須≫水平器(水準器)の使い方、種類、気泡の読み方を詳しく解説!
水平器(水準器)は「水面は常に水平である」という自然現象を活用した、「水平を調べるための道具」です。棚製作など身近なDIYや、ブロックを積んだりウッドデッキなど...

棚柱の取り付けが完了しました。棚柱を「上に合わせる」か「下に合わせる」かは収納する物で決まりますが、「重量のある物は下」「軽い物は上」に置くことが基本です。

棚柱の設置5

フックの取り付け

棚柱にはフック設置用の番号が振ってあります。フック同士の番号を合わせるだけで棚板の高さが決められるのでとても便利です。

フックの取り付け1

棚フックはこんな形です。一つの棚板に4個使います。

フックの取り付け2

フックの上を引っ掛けて、ツマミながら下の爪を穴に入れるとロックされます。

フックの取り付け3

全て同じ番号の所にフックをつけたら完了です。

フックの取り付け4

設置完了

棚板を乗せたら可動棚の設置完了です。簡単な作業で、あっと今に収納力アップです。

可動棚の取り付け完了

まとめ

簡単な作業で格段に収納量がアップする「可動棚設置」はお手軽なDIYです。棚板もホームセンターで各種販売しているので、インテリアの雰囲気に合った棚板を使う事ができます。

棚柱がシルバーなので、飾り棚として使う場合は壁紙と同じ「白」に塗装して一体感を持たせても良いと思います。ぜひお試しください。

《DIY基礎知識》棚を設置する時の壁の下地(柱)を見つける方法
部屋の壁に飾り棚を取り付ける際、壁の場所によって棚が「取り付けられる場所」と「取り付けられない場所」があることをご存知ですか?軽い物を飾る場合は場所を問いま...

おすすめ商品

壁に何かをつける時には必ず、「下地を探す」作業があります。失敗しないためにも、確実に下地を探す事が重要です。

そんな時に活躍するのが「下地探し工具」です。レーザータイプなどもありますが、直接的に探せる針タイプがおすすめです。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る