【棚DIY】100均パーツでキッチンカウンター用ミニ食器棚を作ろう!

コップ収納食器棚DIY

キッチンカウンター上に置くオシャレな食器棚(コップ収納)を作ろう!今回ご紹介する作品は、前後どちらからもコップが取り出せて、インダストリアル(塩系)インテリアに合うデザインです。

さらに、棚以外の材料を全て100均パーツで製作し、100均で作ったことを感じさせないよう色合いを工夫しました。食器棚を置くことでキッチンに圧迫感が出ないようにするため、すりガラス風に仕上げた扉製作は必見ですよ♪

材料

コップ収納食器棚DIYの材料

  • 1×6材:1.9×14×68.5cm…2枚(上下)
  • 1×6材:1.9×14×28.5cm…2枚(左右)
  • 1×6材:1.9×14×24.7cm…1枚(中央)
  • 桐集成材:1×12×33.2~33.4cm…1枚(棚)
  • 木製アートフレーム:A4サイズ…2枚(セリア)
  • 木製箸置き:2個(セリア)
  • すりガラス風カッティングシート(セリア)
  • PPシート:乳白色両面つや消し0.75mm厚…1枚(ダイソー)
  • 水性塗料:ホワイト、ライトグレー、シルバースプレー
  • ビス各種
  • 蝶番(シルバー)

道具

  • ノコギリ
  • サンドペーパー#240、#400
  • 刷毛
  • 新聞紙
  • 両面テープ
  • カッター
  • ボンドGPクリア
  • 電動ドライバー

DIYレシピ

【DIYを始める前にココで注意!】
100均の木製フレームは1個1個サイズが合っておらず、形が歪んでいます。扉をはめたとき、変な隙間ができたりしますが、これは仕方がない事なのでスルーしましょう。(これが100均DIYの欠点ですね…。)

木材の切り出し

今回ご紹介する食器棚のサイズは、木製フレームA4サイズを2個横置きした形をベースに、木材の長さを算出しました。

コップ収納食器棚完成イメージ

外枠の板は、ホームセンターのカットサービスを利用してカットしてもらいました。(作業時間短縮!省ける作業は省こう!)

【DIYカレッジ第6回】木材カットサービスを利用してみよう!~利用方法と注意事項を把握しよう~
前回のDIYカレッジ第5回では、DIY初心者にオススメのSPF材について学びました。本日の講義は、その木材をホームセンターで購入した際、ぜひ利用していただきたい便利な...

中心に立てる板と横に渡す板は、長さが不明確だったので自分でカットします。

ちなみに、横に渡した棚板(桐集成材)はフレームを当てながらサイズを算出するため、33.2~33.4cm程の長さで各自調整してください。(ここもフレームが歪んでいるため、微調整が必要なのです…。長さも参考程度にしてくださいませ。)

塗装

棚はインダストリアル(塩系)テイストにするため、白で塗装します。

棚を白で塗装する

1回目の塗装で木材の表面が毛羽立ってくるので、サンドペーパー#400で撫でるようにザラつきを取って下さい。

扉となる写真フレームは、取手を付けたいので木製の箸置きを代用します。

扉の製作

写真フレームの裏に付いている金具を全て外します。

フレームの金具を外す

そして、箸置きの表面をサンドペーパー#240で削ります。(このようにすることで、塗料がしっかり乗ります。)

箸置きをヤスリがけする

写真フレームと箸置きを、下地の色となるライトグレーで塗装します。

ライトグレーで塗装する(下地)

さらにステンレス感を演出するため、シルバースプレーを塗布し重厚感を出します。

シルバースプレーでさらに塗装する

塗装が完了しました。

フレームの塗装完了

取手を付けていきます。取手は一度両面テープで仮止めし、フレームの裏からビスで固定します。

箸置きをフレームの裏から固定する

これで扉の枠の完成です。

扉の枠の完成

すりガラスの製作

キッチンに圧迫感を感じさせないため、さらに食器棚の中身が見えないようにするため、扉をすりガラス風に仕上げていきます。

使用するものはダイソーのPPシートです!手軽にすりガラス風を表現できる画期的なアイテムです♪(私一押しアイテム★)

100均PPシートですりガラスを演出します

このPPシートを内枠の大きさに切り出します。PPシートは1回では切れないので、2~3回に分けてカッターで切るようにしましょう。

PPシートは数回に分けて切りましょう

フレームの内枠サイズがそれぞれ違うので、ここではサイズを記載しません。手持ちの枠をしっかり計測してください。100均パーツの欠点ですね…トホホ。

PPシートをフレームに付いている段ボールの形に合わせようかと思ったのですが、全然長さが足りなかったので、しっかり測って切り出しましょう。

段ボールは隙間があるので使えません

PPシートの切り出しが完了しました。

内枠の大きさにPPシートをカットします

PPシートをそのまま使用してもいいですが、ちょっと味気ないのでセリアのすりガラス風カッティングシートを表面に貼ります。

セリアのすりガラス風カッティングシートでおめかしすりガラス風カッティングシートを貼った状態

最後に、PPシートをボンドGPクリアで枠に接着させます。(カッティングシートを貼った面が外側になるようにしましょう。)

PPシートをボンドGPクリアで接着

しっかり圧着したら、扉の完成です!100均とは思えないクオリティー♪

すりガラス風扉の完成

組み立て

棚は底の部分から組み立てていきます。横に渡す棚部分は床に付けた状態で組み立てると、フレームの厚さ分隙間ができます。

棚の組み立て 棚の組み立て完了

蝶番で扉を固定したら、食器棚の完成です!お疲れ様でした♪

扉を付けたら完成

完成

キッチンカウンター上に設置しました。キッチン側からは楽にコップが収納できます。

コップ収納食器棚完成1

裏からは扉を開ければコップが取り出せます。

コップ収納食器棚完成2 どちら側からでも取り出せます

セリアのタイル柄食器棚シートで飾り付けをしてみました。

100均タイル柄食器棚シートでおめかし

棚の中身が見えないので、インテリアを邪魔することがありません。さらに、すりガラス風の扉が光を通すのでキッチンに圧迫感を感じません。とてもいい感じに仕上がりました★

製作を終えて

今回はコップを収納する食器棚を製作しました。形は比較的スムーズに構想できましたが、色合いをどうするかで一番悩みました。シンプルなデザイン&100均パーツを使うことで安っぽく見えないようにするため、頭をひねりながら色を選びました。

インダストリアル(塩系)テイストとして紹介していますが、このデザインならナチュラル系やモダン系など、いろんなインテリアに合わせられると思います。

100均の木製パーツは歪んでいるなど欠点はありますが、隙間を上手く調整して収めるようにしましょう。

ご紹介した商品

棚に使用した塗料はターナーミルクペイントのスノーホワイトです。臭いがなく、手についても石けんで簡単に洗い流すことができる水性塗料です。

ステンレス感を演出するためには、下地にライトグレー、仕上げにシルバースプレーを吹きかけるのがオススメです。(ライトグレーの塗料がAmazonで見つからなかったので、スプレーのみのご紹介になります。)

100均シリーズ

トップへ戻る