【棚DIY】端材を活用して玄関を飾るミニシェルフを作ろう!

ミニシェルフDIY

シンプルな玄関に彩りを加えたいと思い、花壇のような2段式のミニシェルフを考えました。

玄関のスペースを邪魔しないコンパクトサイズで、部材は今まで使用した余り材(端材)を有効活用して作りたいと思います。

材料

  • SPF1×10材:700mm
  • SPF1×2材:約250mm…2本
  • シナベニア合板(9mm厚):700mm
  • コーススレッド16mm

※部材は全て「端材」を使用しています。

道具

  • 丸ノコ・丸ノコ定規
  • 丸ノコガイド
  • スライド丸ノコ
  • プロトラクター
  • 差し金
  • メジャー(コンベックス)
  • 金づち
  • ノミ
  • 木工用ボンド
  • コーナークランプ
  • クランプ各種
  • インパクトドライバー
  • サンドペーパー#240
  • 刷毛・塗料カップ
  • 下地塗料
  • 内壁用水性塗料(つや消し黒)
  • チョークボードペイント(黒)
  • ワトコオイル(ホワイト)
  • 汚し用水性塗料(白、ブラウン)

DIYレシピ

今回製作するミニシェルフは、横幅350mm、奥行き350mm、高さ500mmのコンパクトサイズです。

ミニシェルフ完成イメージ

脚用部材の切り出し(端材の活用)

今回は今まで製作して残った「端材」を活用して脚を作っていきます。まずは、SPF1×10材を528mmにカットします。(今回使う部材で一番長いサイズです。)

脚部材の切り出し1

528mmにカットした部材を、さらに幅40mmに縦カットして4本切り出します。

脚部材の切り出し2

幅40mmにした理由は、一緒に使うSPF1×2材の幅が38mmなので、それに近いサイズで切り出すためです。

丸ノコガイドがあると、作業が楽ですよ。

≪大工道具DIY≫簡単真っ直ぐ切断!丸ノコガイドを自作しよう!
丸ノコで真っ直ぐ切るために使用する便利道具「丸ノコガイド」。ベニアなど横幅や長さのあるものを真っ直ぐ切り出す時には、その長さに合った丸ノコガイドを用意する必...

切り出した部材528mm4本と、SPF1×2材250mm前後の端材でミニシェルフの脚を作ります。

脚部材の準備完了

ミニシェルフの脚製作

シェルフの前脚を斜めにしたいので、75度の角度に上下をカットします。プロトラクターを75度に合わせて墨線を上下に書きます。

前脚の75度カット1

前脚の上下は、墨線が平行になるように引きましょう。

前脚の75度カット2

そして、丸ノコ定規を使って75度にカットします。

前脚の75度カット3

ミニシェルフの前脚2本がカットできました。後ろ脚は、SPF1×10材から切り出した部材の内2本を、500mmの長さにカットしておきます。

前脚と後ろ脚のカット

【DIY基礎知識】木材の角度はこれでチェック!スコヤの種類と使い方をご紹介
スコヤは、正確な角度を測定するための道具です。スコヤにも様々な種類があり、直角を測る「スコヤ」、45度を測る「留型スコヤ」、分度器がついた「プロトラクター」、...

相欠き継ぎ加工の準備

脚は「相欠き継ぎ」技法を使って台形に組み上げます。

相欠き継ぎでの組み付けイメージ

そのため、前脚と後ろ脚を繋ぐ部材の長さを割り出す必要があります。

まずは、脚部材をカットした残りの板に350mmの線を引いてガイドにします。その線に合わせて前脚と後ろ脚を配置し、繋ぎとなる部材(SPF1×2材)の長さを算出します。

相欠き接ぎ加工の準備

今回は脚同士の間隔が149mmになることがわかりました。

さらに、部材同士が重なった部分を互いに9.5mm切削して相欠き継ぎ加工をするため、重なるライン上で墨線を引きます。(墨線を引いたあと、はみ出た部分は切り落としておきましょう。)

重なったラインに墨線を引く

相欠き継ぎ加工

通常は丸ノコで相欠き加工を行いますが、今回は「スライド丸ノコ」で行う方法をご紹介します。

スライド丸ノコ

スライド丸ノコには、切り込む深さを調整できるボルトが付いています。そのボルトを調整する事で、均一な深さの溝を掘る事ができます。

スライド丸ノコでの相欠き接ぎ加工のやり方1

まずは端材を使って、切り込む深さ(9.5mm)を確かめながら調整ボルトの位置を決めます。

スライド丸ノコでの相欠き接ぎ加工のやり方2

深さが決まったら、丸ノコと同様に何本も切削します。

スライド丸ノコでの相欠き接ぎ加工のやり方3

溝掘りが完了したら、金づちや手で不要な部分を取り除きます。
(通称:金づちバンバン ← tsukuro-motto命名)

スライド丸ノコでの相欠き接ぎ加工のやり方4

最後にノミで表面をならして、相欠き継ぎ加工の完了です。

スライド丸ノコでの相欠き接ぎ加工のやり方5

≪DIYプロ級≫宮大工も驚く!?釘やビス不要の相欠き継ぎ(あいかきつぎ)方法をご紹介!
DIYは通常、木材と木材をコーススレッド(ビス)で止めるケースが多いと思いますが、釘やビスを使わずきれいな接合をしたいと思った時には「相欠き継ぎ(あいかきつぎ)...
【動画あり】大規模DIYに必須!スライド丸ノコの使い方とカット方法をご紹介
大規模なウッドデッキ製作や、同じ寸法の木材を大量にカットするときなどに大活躍する「スライド丸ノコ」をご紹介します。DIYは「丸ノコ」と「丸ノコ定規」を使ってカッ...

脚の組み立て

今回は後脚部分を直角に固定します。直角部分の固定に便利なのが「コーナークランプ」です。差し金を使わなくても正確に直角に固定できるのでとても便利です。

コーナークランプを使った脚の接着1

先ほど欠き取った部分に木工用ボンドを塗布して、コーナークランプで挟みます。

コーナークランプを使った脚の接着2

ただし、押さえるのは直角のみなので、接合面は他のクランプで圧着して下さい。

コーナークランプを使った脚の接着3

前脚は、ガイドに合わせて角度を決めて、クランプで圧着します。

前脚の接着4

脚の組み立てが完了しました。

脚の組み立て完了

ミニシェルフの棚(箱)製作

シェルフの棚を箱型に作ります。この箱もシナベニア合板の端材を使います。
(様々な作品作りで出る端材も大切に保管していると、結構役に立ちます。保管場所の問題は置いておいて…。)

箱製作1

今回は上記の端材を整形してから組み立てますが、「飾りたい物」や「飾る場所の広さ」によって各自サイズを割り出して下さい。(今回は細かいサイズの指定はしません。)

木工用ボンドをタップリつけて、合板同士を貼り付けます。(今回は、箱の組み立ては木工用ボンドのみで行います。)

箱製作2

しっかり接着するよう、クランプでカッチリ圧着させます。木工用ボンドはシッカリ圧着できると、とても強力に固定できます。もう一つも同じように圧着して下さい。

箱製作3

箱の塗装

箱の塗装は、「つや消し黒」と「チョークボードペイント」を併用します。最初に下塗り剤で下地処理を行って下さい。

箱の塗装1

下塗り剤が乾燥したら、つや消し黒で全体を塗装します。

箱の塗装2

1回目の塗装が乾燥したら、サンドペーパー#240で表面を整えます。これで触った時の印象が全く変わります。

箱の塗装3

≪DIYにこの番手≫紙やすり(サンドペーパー)の使い方と選び方をご紹介!
紙やすり(サンドペーパー)は木工DIYでは必需品です。木材の切り口を滑らかにしたり、角や表面を滑らかにしたりと、スベスベの木の質感を表現するには欠かせないアイテ...

つや消し黒は3回塗りで仕上げました。正面はチョークで書けるように、チョークボードペイントを重ね塗りしました。

箱の塗装4

脚の塗装

脚の塗装はワトコオイルのホワイト色を使います。

脚の塗装1

中身はサラサラの牛乳のような感じです。オイル感がわかりませんね…。ワトコオイルは2回塗りで仕上げました。

脚の塗装2

≪自然素材DIY≫子供や木材に優しいワトコオイルの使い方
DIYの木材塗装には様々な種類の塗料が使用されます。その中で安定的に人気が高いのが『WATCO-ワトコオイル-』です。ワトコオイルはイギリス生まれの植物性塗料で、亜...

ミニシェルフの組み立て

脚と箱をコーススレッド16mmで固定します。箱の内側からビスを打って下さい。

ミニシェルフの組み立て

箱同士の上下の間隔は、飾る物に合わせて下さい。

汚し塗装

工作用カラーと使って、軽く汚し塗装を施しヨレ感を出してみましょう。脚の白木部分はブラウンで、箱部分は白で汚しをかけます。

汚し塗装1

刷毛に少量の塗料を付けて、新聞紙などでパサパサになるまで塗りつけます。

汚し塗装2

パサパサの刷毛で汚しをかけます。失敗を恐れず大胆に。

汚し塗装3

脚部分もブラウンで同様に汚し処理を行いましょう。

汚し塗装4

完成

ミニシェルフにテーブルヤシを置いてみました。玄関の空間を狭めることのない、コンパクトサイズに仕上がりました。たくさんの植物を早く飾りたいですね。

ミニシェルフの完成

製作を終えて

今回のミニシェルフはとてもシンプルなデザインです。あえてシンプルに作って、飾る植物を主役にしたいなと思いこのようなデザインに仕上げました。

端材だけでもこれだけの作品ができるのは感動ですね。ぜひお試しください。

オススメ商品

直角の固定を簡単に正確にできる直角コーナークランプ。箱作りや枠の固定には必需品です。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る