≪DIYに必須≫超万能アイテム!マスキングテープ120%活用術!

マスキングテープ基礎知識タイトル

マスキングテープはDIYに無くてはならない重要なアイテムです。女性の方はマスキングテープと聞けば、可愛い絵柄のついたテープを連想される方もいるかと思いますが、今回ご紹介するのは「作業用のマスキングテープ」です。

程よい粘着力なのにしっかり固定でき、剥がしやすく部材にもベタベタが残らない優れもの!そんなマスキングテープの120%活用術をご紹介します♪

マスキングテープとは?

マスキングテープは紙製で、程よい粘着力を持ったテープです。手で簡単に切れるのでとても扱いやすいです。(下記サイズなら約100円前後で購入できます。100均でも売られています。)

マスキングテープ

サイズも豊富なので、用途に合わせて使い分けます。

マスキングテープの種類

サイズ 用途
12~24mm 小物の塗装・仮止めなど
30~50mm 広範囲(壁)の塗装など

カラーもいろいろあるので、目立つように貼りたい場合は色付きのものを選んで下さい。

マスキングテープカラーバージョン

マスキングテープの使い方

【1】材料をまとめる

輪ゴムでまとめられない大物の材料にはマスキングテープが有効です。大きな物も簡単にまとめることができます。(下記はクッションフロアシートです。)

材料をまとめる

【2】メモ書きができる

マスキングテープは紙製のため、表面に字を書くことができます。シャーペンよりボールペンで書いた方がハッキリと書けます。

メモ書きもできる

何をテスト中かは、下記記事をご覧ください(笑)

≪DIY賃貸≫100均リメイクシート120%活用術&注意事項を徹底解説!
既存のアイテムを簡単にリメイクできる100均のリメイクシート(カッティングシート)。手軽な上にいろんなデザインがあり、DIY創作意欲を掻き立ててくれます。しかし、...

【3】ボンド接着時の部材固定(クランプの代用1)

バランスが取りづらい薄い部材をボンド止めするとき、背中に安定感のある物を置き、それと部材をマスキングテープで止めて固定します。クランプがない場合に効果的です。

ボンドが乾くまで固定する

≪100均DIY≫セリアで作る★木製ロッカー風小物収納を作ろう♪
セリアのDIYグッズを使用して、「木製のロッカー風小物収納」を製作しました。ベニア板(背板)を除いて、その他全てを100均アイテムで揃えた渾身の作品です!普通の小...

【4】釘やビス打ちの固定(クランプの代用2)

釘やビスを打つとき、マスキングテープで代用することができます。

クランプの代用

【DIY基礎知識】第3の腕!クランプの使い方と種類をご紹介
クランプはDIYにおいて、「木材を固定するための補助道具」です。一人で作業する場合は「第3の腕」として活躍します。 クランプを使うことで木材を安定的に固定し、安全...

【5】穴あけ時の木くず処理

ビス用の下穴を開ける際、木くずが結構出ます。賃貸だと室内で作業を行うことがほとんどなので、あまり木くずを散らかしたくないですよね。

穴あけは木くずが結構出ます

そんなとき、仮止めから穴あけまでの工程の中で、仮止めに使用していたマスキングテープを使って、木くずを貼り付け散らかりを防止することができます。

マスキングテープに木くずをくっつける

ちょっとしたことですが、このあとの掃除がとても楽になるので、賃貸DIYにオススメです。

【6】ステンシルの固定&塗料の飛散防止

ステンシルを施す際、ピッタリ貼り付けることができます。また、幅の広いマスキングテープを使用すると、エアブラシの塗料の飛散防止にもなります。

ステンシル固定&飛散防止

【ステンシルDIY】自作シートの作り方や便利なスタンプをご紹介!
ステンシルは、DIYで家具や木箱を作った後の仕上げには欠かせない加工ですね。男前スタイルの演出や、普通の板にステンシルをするだけでもかっこいいディスプレイになり...

【7】車のヘッドライト磨き

車のヘッドライトを磨く際、ボディーに傷がつかないよう、周りをマスキングテープで囲みます。

ヘッドライト磨き1

こうすることで安全に作業を行うことができます。

ヘッドライト磨き2

【8】塗装

マスキングテープの王道と言えばこの「塗装」!塗料をはみ出すことなく、キレイに塗ることができます。今回は「壁の塗装」でご紹介します。

STEP-1- 下準備

塗装の下準備として、塗料がはみ出ないように幅の広いマスキングテープを角に貼ります。

マスキングテープで壁塗り1

STEP-2- 塗装する

壁を塗装します。マスキングテープを貼っているので、楽に角まで塗ることができます。

マスキングテープで壁塗り2

STEP-3- テープを剥がす

塗り終わったら、塗料が完全に乾く前にマスキングテープをゆっくり剥がします。塗料がはみ出すことなくキレイに塗れていますね♪

マスキングテープで壁塗り3

ちょっとした小技

塗装するときマスキングテープで周りを保護したりしますが、角ってなかなか上手く切れませんよね。

マスキングテープの直角の処理方法1

そんなとき、マスキングテープを切らずにできる、簡単な「角の処理方法」をご紹介します!

まずは、端まできっちりテープを貼ります。

マスキングテープの直角の処理方法2

次に、テープを45度で折り返します。(粘着面が下になるように)

マスキングテープの直角の処理方法3

いかがですか?45度で折り返すことで、切ることなく角の処理ができました!さらに、このままマスキングテープを貼り続けることもできるので、作業効率もアップします♪

マスキングテープの直角の処理方法4

まとめ

上記でご紹介した通り、マスキングテープはDIYに無くてはならない超万能アイテムです!安価なのにしっかり作業をサポートしてくれる相棒のような存在ですね。

マスキングテープは、塗装のときに一番効果を発揮してくれます。作品のクオリティもアップしますので、ぜひ普段の作業にマスキングテープを取り入れましょう♪

参考商品

24mm幅は様々な用途で活躍するのでオススメです。

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る