≪アクセサリーDIY≫アートクレイシルバーで自宅で簡単にマサイリングを作ろう!

masai-ring_title
アートクレイシルバーは、簡単にシルバー作品を自作する画期的な商品です。通常だと貴金属屋さんでしか作れない銀製品を、アートクレイシルバーは粘土をこねる感覚で手軽に作れます。アートクレイシルバーは文房具屋さんでも取り扱っているところが多く、比較的手軽に入手可能です。オリジナルのアクセサリーを作ってみたい方はぜひお試し下さい。

材料

  • アートクレイシルバー:20g

道具

IMG_3800IMG_3802

  • アートクレイシルバーキット
  • サイズ棒&サイズスケール
  • クッキングシート
  • サンドペーパー#600
  • 焼成網&網カバー
  • スポンジやすり
  • いぶし液
  • 磨き棒
  • ピンセット
  • やすり棒
  • ワイヤーブラシ
  • カッティングマット
  • 1mm厚アクリルガイド
  • スパチュラ
  • シャーペン
  • カッター

IMG_3803

  • 拡大鏡

DIYレシピ

平打ちリングの製作

リングサイズの決定

サイズスケールで、指のサイズを測り、製作サイズを決めます。筆者の指のサイズが19号でしたので、+4号の23号で平打ちリングを作ります。

IMG_3805

【製作サイズの目安】

  • 1mmの厚さで作る場合…実際のサイズ+4号
  • 1mm以上の厚さで作る場合…実際のサイズ+5号
  • 5mm幅以内のリングの場合…実際のサイズ+3号

サイズ棒をサイズスケールに差し込んで、サイズラインを入れます。サイズ棒は円錐状になっているので、好みのサイズにマーキングする事ができます。

IMG_3806

アートクレイシルバーのサイズ確定

アートクレイシルバーを開封し、手早く空気を押し出すようにこねます。乾燥が早いので注意しましょう。

IMG_3811

棒状に伸ばしたアートクレイシルバーを、カッティングマットにクッキングシートを敷いて置きます。厚さのガイドとして1mm厚のアクリル板を横に置きます。

IMG_3812

もう一枚のアクリル板でプレスし、1mm厚に伸ばします。その後、カッターナイフで必要な幅にカットします。

IMG_3813

余ったアートクレイシルバーが、水で溶かしてクレイ同士を接合するためのクレイペーストを作っておきましょう。

カットしたアートクレイシルバーを、クッキングシートを巻いたサイズ棒(23号のライン)に巻きます。合わせ目は斜めにカットしておき、接合しやすくします。

IMG_3816

乾燥前のアートクレイシルバーは力を入れると潰れてしまいますので優しく持ちます。

合わせ目は、クレイペーストを付けて接合します。

IMG_3817

スパチュラを使い、しっかりと馴染ませながら接合させます。

IMG_3819

大まかな整形が終わったら、ドライヤーを使い15分ほど乾燥させます。

IMG_3831

平打ちリングの整形

シルバークレイが乾燥したら、サイズ棒から外しさらに整形していきます。凹みがある部分は、クレイペーストを盛り付け乾燥させます。

IMG_3833

サンドペーパー#600の上で円を描きながら整形します。まだ凹凸がある場合は、さらにクレイペーストで盛り付けます。この段階できれいに整形することを意識しましょう。

IMG_3834

平打ちリングの整形が完了しました。

IMG_3836

デザインの彫刻

シャーペンでデザインを描きます。今回はマサイのモチーフとロゴを描きます。

IMG_3838

細かい作業なので、拡大鏡を使いスパチュラで納得がいくまで彫り込みます。

IMG_3842

彫り込みが完了しました。

IMG_3844

焼成

焼成に入る前に、リングをドライヤーで温めて、ガラスや鏡の上にリングを置きます。湯気で曇りが出なければ乾燥は完了です。
カセットコンロに網を置いてその上にリングを置きます。

IMG_3847

最初にバインダー(結合材)を焼きます。網が赤くならない中央に置いて、弱火で加熱します。

IMG_3850

バインダーが燃え出すと煙が出るので換気をしてください。

煙が出なくなったら、中火で3分加熱します。最後に、リングを置いている部分が赤くなるように網を移動して、強火で5分程度加熱します。

IMG_3851

焼成が完了したら、10分ほど自然冷却します。

IMG_3852

ワイヤーブラシで白くなった表面を軽く磨きます。強く磨きすぎると傷になるので軽く磨きます。

IMG_3854

いぶし加工

彫り込んだデザインを浮き立たせるために、『いぶし液』を使って黒くします。お湯が入ったコップにいぶし液を3滴ほど入れます。

IMG_3858

5分ほどリングを漬け込むと真っ黒になります。

IMG_3860

水洗いをしてスポンジやすりで軽く磨くと、彫り込んだデザインが浮き立ちます。

IMG_3863

磨き

最後に磨きをかけます。スポンジやすりで丁寧に磨いてもいいのですが、今回は電動ドライバードリルにスポンジアタッチメントを付けて一気に磨きます。

IMG_3869

最初はゆっくり回しながら様子を見て、最後は一気に磨きます。(粉が舞うので室外で行うことをオススメします。)

IMG_3870

完成

磨きが完了しました。気になるところは磨き棒や磨きクロスで仕上げて完成です。

IMG_3874

製作を終えて

アートクレイシルバーも高価ではありますが、オリジナルの一品を作れることには変えられない達成感があります。一度作ると結構ハマるのがアートクレイシルバーです。焼成前は修正が何度でもできますので、〇〇◯ハーツ風なオリジナル作品も作れます。興味のある方はぜひお試し下さい。

≪アクセサリーDIY≫プレゼントにも◎アートクレイシルバーでネックレストップを作ろう!
アートクレイシルバーは、手軽に自分のアイデアをシルバーアクセサリーに出来るとても便利なグッズです。リングを作ったり、ネックレストップを作ったり、オリジナルア...

ご紹介した商品


初めての時はキットがおすすめです。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る