≪100均DIY≫セリアで作る★木製ロッカー風小物収納を作ろう♪

lockercase_title

セリアのDIYグッズを使用して、「木製のロッカー風小物収納」を製作しました。ベニア板(背板)を除いて、その他全てを100均アイテムで揃えた渾身の作品です!

普通の小物入れでは面白くないので、なんちゃってロッカー風のデザインにしてみました。アンティーク風にも男前インテリアにも合うデザインに仕上がりましたので、ぜひご覧ください♪

材料

lockercase01
▼セリアで購入した材料▼

  • 角材3本セット:約450×12×12mm(使用するのは内2本)
  • 木板:450×120mm…4枚
  • 木製仕切りケース:4個
  • 木製コーヒーマドラー:適宜
  • 超強力マグネット:2個
  • 蝶板(古色仕上げ):22mm…2個
  • 半円型ノブ(古色仕上げ):1個
  • デザインマグネット

▼ホームセンターで購入した材料▼

  • ベニア板:450×170mm…2枚

▼その他材料▼

  • ワトコオイル(ウォルナット)
  • ターナーミルクペイント(インディアンターコイズ)
  • こびょう:13mm
  • ミニビス:16mm

道具

  • ノコギリ
  • 差し金
  • 電動ドライバー
  • 金づち
  • 木工用ボンド
  • 瞬間接着剤(セメダイン)
  • 刷毛
  • 塗料入れトレー
  • マスキングテープ

DIYレシピ

部材の切り出し

今回の小物収納は、セリアの木材や仕切り入れのサイズを基準にして作ります。セリアには450×120mmの木板が売られているので、その材をそのまま使用します。

lockercase28

背板と扉

ベニア板2枚から、450×170mmを1枚ずつ切り出します。(今回はホームセンターのカットサービスを利用しました。)

lockercase02

セリアにも合板が売っていますが、板厚が薄く釘やネジが打ち込めないと判断したので、厚みのあるベニア板だけをホームセンターで購入しました。

上面と底面

上面と底面の板は、木板から188×120mmを2枚切り出します。(現物合わせをしながら、しっかり測ります。)

lockercase03

本体の切り出しが完了しました。

lockercase04

仕切りケース受けの棒

仕切りケースを乗せるための棒を、角材3本セット(内2本)から切り出します。110mm×4本、100mm×2本を切り出します。

今回はマグネットを使って扉がしっかり閉まるようにしたいので、マグネットをくっつける部分の棒は若干短く切り出します。(マグネットの厚さ4mm×2個)

lockercase05

棚板

箱の上部に2つ棚を付けたいので、木板から110×170mmを2枚切り出しました。

lockercase06

ロッカー風の扉に加工

ロッカーと言えば、ナンバープレートと横に入ったスリットが特徴的です。それを参考にして、扉をロッカー風に加工します。

スリットは木製のコーヒーマドラーで演出します。ナンバープレートとノブを置いて、バランスを見ながら適正な位置にコーヒーマドラーを等間隔で置いていきます。場所が決まったら、マドラーを木工用ボンドで固定します。

lockercase07

塗装

部材を塗装していきます。今回は中をワトコオイル(ウォルナット)に、外をターナーミルクペイント(インディアンターコイズ)で着色します。

lockercase08

仕切りケースは、中の仕切りを外してしっかり塗りましょう。

lockercase09

塗装が完了しました。

lockercase10

≪自然素材DIY≫子供や木材に優しいワトコオイルの使い方
DIYの木材塗装には様々な種類の塗料が使用されます。その中で安定的に人気が高いのが『WATCO-ワトコオイル-』です。ワトコオイルはイギリス生まれの植物性塗料で、亜...

パーツ付け

組み立てる前に、扉に使用するパーツをくっつけておきます。ナンバープレートは木工用ボンドで接着し、ノブは付属のネジで留めます。

lockercase11

組み立て

棒の固定

各部材を組み立てていきます。仕切りケースを仮置きして、棒を置く位置を決めます。左側の上2本の棒は100mmを配置します。棒は板の中央に配置します。

lockercase12

そしてマグネットを瞬間接着剤で固定しておきます。(2個くっついてますが、お気になさらず…。)

lockercase13

場所が確定したらミニビスで固定します。

lockercase16

棚板の固定

棚部分は一度木工用ボンドで背板に仮止めします。(仕切りケースを使って垂直に留まるよう工夫しました。)

lockercase14

ボンドが接着したら、背板側からミニビスで固定します。

lockercase17

内側の部材の固定が完了しました。

lockercase15

≪DIY入門≫初心者必見★安くて安心!プチプラ電動ドライバーのススメ
DIYに欠かせない電動ドリルドライバー(通称:電動ドライバー)。種類もいろいろ、価格もピンからキリまでありますが、DIY初心者方にはプチプラなミニ電動ドリルドライ...

本体の固定

本体部分を固定していきます。マスキングテープを使って仮止めし、こびょうを使って固定していきます。

lockercase18

背板に使用するベニア板が4mmと薄いので、ビスではなく細い「こびょう」と呼ばれる釘で固定します。さらに、組み立てるときマスキングテープを使用すると、キレイに組み立てることができます。

lockercase19

本体の組み立てが完了しました。

lockercase20

扉の裏側に、もう片方のマグネットを瞬間接着剤で固定します。

lockercase21

さらに、扉を蝶板で固定して完成です。(ワトコオイルを布に取ってから本体に塗り、アンティーク感を出してみました。)

lockercase22

完成

中に仕切りケースを配置して完成です。

lockercase23

今回は、仕切りケースに釘やビス、細かいDIYグッズを収納してみました。

lockercase25lockercase24

改善点

セリアの合板では薄いので、ホームセンターで厚めのベニア板を購入し使用しましたが、それでもビスが飛び出るという問題にぶつかりました…。

lockercase26

このままでは引っかかってケガをしてしまうので、今回はコーヒーマドラーを使って乗り切りました。(一度ネジを外し、瞬間接着剤でマドラーをしっかり固定してから、再度ネジを締めました。)

lockercase27

蝶板部分もネジが飛び出たので、マドラーを2枚重ねにしたものでカバーしました。マドラーもしっかり着色し、一体化させます。

製作を終えて

100均はDIY用の木材も販売されていて、「全て100均アイテムで、好みの作品が作れたらどんなに良いだろう」と思い、セリアの店内でアイデアをひねって考えた渾身の作品です。最終的には希望通りの板幅がなかったので、そこは柔軟にホームセンターを利用することにしました。

コーヒーマドラーの長さが、木板の幅にちょうど合ったことが救いでした。こうゆうパーツ同士の出会いがあると、運命的なものを感じてしまいます♪

オリジナルのレシピなので改善点などが出てしまいましたが、自分なりの考えで乗り切るのもDIYの良さだと思います。中はお好みの物を入れて収納を楽しんで下さい。普通の小物入れに飽きてしまった方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

フォローする

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る