≪DIY小技集≫100均アイテムで室内塗装を効率良く楽しもう♪

室内で塗装を楽しむ小技集

女性DIYerの大多数は、室内で塗装を行っている方が多いと思います。小物や雑貨製作をする中で、塗装するのが意外と大変だと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?室内は塗装場所を確保するのも大変ですし、塗料を家具などに付けてしまったり「あちゃちゃちゃ~」という経験は意外と多いと思います。

私も賃貸でDIYを楽しんでいますが、「こんなのあったら塗装が楽になるのにな…」という気持ちを、100均アイテムで実現させました!

そんな室内の塗装に便利なアイテムやちょっとした小技をご紹介したいと思います。

100均便利グッズのご紹介

小技その1:折りたたみイスが便利

以前までは段ボールや発泡スチロールなどで高さを出し、その上に板を乗せて塗装していました。でもこれって収納が大変なんですよね。

場所を取るし、どこに保管しておけばいいのか毎回迷っていました。そんな時出会った奇跡のアイテム!

ダイソー折りたたみイス

ダイソーの折りたたみイスです!1個150円なり♪

これの布地を外せばこの通り↓

ダイソー折りたたみイスの布地を外す

板を乗せるのに調度良い塗装台に大変身♪作業の様子はこちら↓

ダイソー折りたたみイスは板の塗装に便利

板を塗るのがとっても楽ちんになりました。しかも、使わないときは折りたたんで収納できる優れもの!

重さも50kgまで対応可能なので、安心して使えます♪

小技その2:小さなパーツは焼き網が便利

小さなパーツは、同じく100均の焼き網が便利です!

焼き網

塗装は「点置き」をすることで乾きが早くなり、また塗装した面の塗料が台にベットリついてはがれてしまうトラブルを防げます。

この焼き網は、上記でもご紹介した折りたたみイスの上の乗せて使用します。

小さいパーツの塗装は焼き網が便利

雑貨や小物製作は小さな木材を塗る機会が多いので、焼き網の上にコロコロっと置けるのがいいですね♪(塗料が垂れてもいいように、下にはちゃんとシート敷きましょうね。)

小技その3:刷毛の乾燥には洗濯ばさみが便利

室内塗装は水性塗料を使いますが、水で洗った後の刷毛ってどうしてますか?

洗った刷毛は、洗濯物と同じように洗濯ばさみに挟んで干すと乾きも早く便利です。

刷毛は逆さにして干すと乾きやすい

インテリアの雰囲気を壊したくない場合は、ダイソーのステンレス製の洗濯ばさみがオススメです♪

さらに、逆さまにして干すとしっかり乾かすことができます。水分が残っているとカビ発生の原因にもなるので、しっかり乾かしましょう。

可愛い刷毛置きを作ろう!

塗装をしていると、刷毛をちょっと置きたいときってありますよね?でも、塗料が付いてるため置き場所に困ることがあります。

そんなとき、「刷毛置きがあったら便利だよね」という想いから、カラフルで可愛い刷毛置きを考えてみました!全部100均アイテムで作れます♪

材料

刷毛置きの材料

  • ステンレストレー(セリア)
  • 粘着式マジックテープ(セリア)
  • 七色ミニスポンジ(セリア)

DIYレシピ

好きな色のスポンジをカッターで半分にカットします。下のガリガリの面は切らないように、スポンジ部分のみカットします。

スポンジの真ん中を切り込む

ステンレストレーにマジックテープを貼り付けます。マジックテープはザラザラした面使います。その上に、スポンジを乗せていきます。

マジックテープの上に乗せる

マジックテープのザラザラ面と、スポンジのガリガリ面が上手くくっつき固定されます。

スポンジの切り込みに刷毛を挟んだら刷毛置きの完成です!

刷毛置きの完成

ちょっとした塗装グッズなんですが、めちゃくちゃ便利なんです、コレ!!

カラフルなところも可愛いし、刷毛から塗料が垂れても安心。さらに、スポンジが汚れたら取り替えることもできるのでとっても便利です♪ぜひお試しあれ★

まとめ

室内での塗装は、限られた場所で効率よく行う必要があります。身近にあるものや100均などのプチプラアイテムを使って、スムーズに作業を進めましょう!

そしてその中で、「もっとこうしたいな」「これがあったら便利だな」という気持ちをご自身のアイデアで形にしてみてください。今まで以上にDIYが楽しくなりますよ♪

100均シリーズ

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る