≪DIYテクニック≫これぞ元祖!ノミでホゾ穴を開ける方法を詳しく解説

ノミでホゾ穴を開ける方法
ホゾ穴加工は「木組の基本となる手法」です。DIYでおなじみのツーバイ材でホゾ穴加工を施す場合は、節(フシ)を避けながら穴を開ける位置決めるため、ある程度の図面や寸法を理解しておく必要があります。

安価なツーバイ材でも、ホゾ穴加工で組まれた作品は本格的な家具の雰囲気を味わえます。さらにホゾ穴で組まれた家具は木材同士をしっかり固定できるため、角材の反りやねじれを防ぎ、長期に渡って安定的に使用することもできます。

今回はそのホゾ穴加工を、ジグシーを使わずノミで開ける基本的な方法をご紹介します。

寸法の取り方

ホゾ穴の寸法の取り方は2種類あります。

  • 中心線を基準にする方法
  • 木材の外側から墨付けする方法

今回は標準的な中心線を基準にした墨付けをご紹介します。

道具

  • 差し金
  • クランプ
  • 電動ドライバードリル
  • ドリルガイドキット
  • ノミ
  • 金づち

手順

墨付け

※今回は1×3材(板厚19mm×幅63mm)にホゾ穴加工を行って、ホゾ先を四方胴付きで行います。(ホゾ穴の寸法は、ホゾ先の角材の寸法によって変わります。)

まずは、差し金で中心線を割り出します。

DIYテクニック ホゾ穴墨付け1

中心線が引けたら、この線から左右にホゾ先幅寸法の半分を墨付けます。

DIYテクニック ホゾ穴加工墨付け2

今回は18mmのホゾ先幅にします。その半分を墨付けするので片側は9mmとなります。

DIYテクニック ホゾ穴加工墨付け3

もう片方も9mmの位置で印をつければ、墨付けが完了です。

DIYテクニック ホゾ穴加工墨付け4

ホゾ穴をノミで加工するとき、周りが裂けないように切り込みを入れるため、裏側も同じように墨付けしましょう。

DIYテクニック ホゾ穴加工墨付け5

≪DIYにこれ1本≫正しい差し金の使い方&様々な墨付け方法をご紹介!
古来より大工道具の常備品として愛用されていた差し金は直角を見るだけの道具と思われがちですが、等分や45度などの墨付けが可能で使い方を知ると、とても便利な道具で...

下穴開け

電動ドライバードリルとドリルガイドを使い、下穴を開けます。この作業を行うことによって、ノミの掘り込み作業を楽にすると同時に、垂直に掘り込むことを意識することができます。

今回はドリル径5mmと10mmの2種類を使い、穴を開けていきます。

DIYテクニック ホゾ穴加工1

ドリルガイドはクランプでしっかりと固定し、はじめにドリル径10mmで穴を開けます。墨線より余白を取って、内側に穴を開けていきます。

DIYテクニック ほぞ穴加工2

10mmの穴の間に、5mmの穴を開けます。画像のように大体で大丈夫です。

DIYテクニック ほぞ穴加工3

(細かく5mmで穴を開けた方がノミ加工は楽ですが、ドリルガイドのセットで時間がかかりすぎるため現実的ではないかな…と思います。)

≪インパクトとの違いとは?≫電動ドライバードリルの使い方をご紹介!
DIYでインパクトドライバーと共に使う事が多いのが「電動ドライバードリル」です。電動ドライバードリルの特徴や購入する際のポイント、さらに一緒に使うと便利なアイテ...

ノミ加工

ノミ加工は、墨線の周りに軽く切り込みを入れる作業から始めます。今回は最初に裏側から切り込みを入れました。

墨線の幅に合わせてノミの刃幅を合わせて、丁寧に墨線に刃を合わせて、軽く金づちで叩きながら切り込みます。

DIYテクニック ほぞ穴加工4

長辺はノミの刃幅が広いタイプで切り込みを入れます。

DIYテクニック ホゾ穴加工5

なるべく広い刃幅のノミを使う方が、墨線からズレる可能性が低くなります。

表側も同じように、ノミで軽く切り込みを入れます。

DIYテクニック ホゾ穴加工6

切り込みを入れたら、金づちで叩きながら少しずつ掘り込みます。

DIYテクニック ホゾ穴加工7

縦ラインの切り込みまで彫り込んだら、また同様に縦ラインを切り込み掘り進めます。

彫り込む順番は、縦に切り込み → 横にすき取る感じです。

DIYテクニック ほぞ穴加工8

縦の切り込みは垂直を意識しましょう。すき取りは一気に行うのではなく少しずつ行いましょう。

DIYテクニック ホゾ穴加工9

ある程度、表面をすき取ったら裏側も同じように掘り込みます。

DIYテクニック ホゾ穴加工10

裏表を均等に掘り込み、ホゾ穴の中心くらいの深さで貫通させるとズレの修正がしやすいです。

DIYテクニック ホゾ穴加工11

貫通できました!しかし、まだホゾ穴の中が少し荒れているので、ノミで丁寧に修正します。(この作業は金づちを使わずに行います。)

DIYテクニック ホゾ穴加工12

ホゾ穴が完成しました。

DIYテクニック ホゾ穴加工13

【メンテナンスDIY】刃研ぎは男の嗜み。カンナとノミ、砥石の研ぎ方!
DIYでは、道具の手入れも必須作業です。特に刃物は切れない状態で使っているとケガの元になります。切れ味が悪くなったからと言って買い換えるのもナンセンス。そこは男...

ホゾ組み

ホゾ穴に合わせたホゾ先を作り、ホゾ組みの完成です。

DIYテクニック ホゾ組み1DIYテクニック ホゾ組み2DIYテクニック ホゾ組み3

▼ホゾ穴で製作した作品はこちら▼

ラダーシェルフ

【棚DIY】男前ラダーシェルフの作り方 ツーバイ材で作ろう!【図面あり】
【図面PDFダウンロード可能】今回は、ラダーで支える無骨な男前シェルフを作ります。男前と言えば「鉄」ですが、鉄の加工はDIYでは難しいため、ラダーをつや消し黒で塗...

まとめ

ホゾ穴加工はとても奥が深い作業です。何回作っても納得がいく出来にはなかなかなりません。完成度は木材の種類によっても違います。また、やり方もいろいろあり、ホゾ先の固定方法やホゾ穴の縦横の寸法を微妙に調整して締める方法もあります。

ホゾ穴加工は終わりがないからこそ面白い作業だと思います。宮大工のように精巧にはいきませんが、「ちょっとだけプロっぽい事ができるぞっ!」というだけでも、作品のクオリティを上げ、DIYに対する自信も持つことができます。

回数を重ねるごとにいろいろ改善策が見えてくるので、まずは一度トライしてみましょう!

▼簡単にホゾ穴加工を可能にするジグソーの紹介はこちら▼

≪DIY必需品≫曲線切り&ホゾ穴加工も可能なジグソーの使い方
直線切りには丸ノコやスライド丸ノコが活躍しますが、曲面を切ることはできません。曲面を切りたい場合は『ジグソー』の登場です!ブレードと呼ばれる刃を交換する事で...

おすすめアイテム

クランプを使って、木材とドリルガイドをしっかりと固定し、垂直の穴を開けましょう。

ほぞ穴加工に欠かせない電動ドライバードリルは、ドリルガイドとセットで持っていると大変便利です。


ノミは3種類ほど持っていると、様々な穴の大きさに対応できます。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る