【キッチンDIY】工作材を使った簡単ヘリンボーントレイ(お盆)の作り方

ヘリンボーントレイDIY

食器を運ぶお盆が欲しいなぁと思い、早速DIY☆でも、ただ作るだけじゃつまらない!

というわけで、ずっと憧れていたヘリンボーン柄のトレイを作ってみました♪

ヘリンボーンは、ヘリン(ニシン:魚)の骨(ボーン)という意味を持つ模様です。よく、フローリングや壁のアクセントなどに使われますが、今回はそれをトレイに取り入れてみました。

ヘリンボーン初チャレンジでも簡単にできる工程なので、「ヘリンボーンやってみたかった!」という方はぜひぜひ参考にしてみてください☆ではいきますよぉ~♪

材料

ヘリンボーントレイの材料

  • ファルカタ集成材:13×250×600mm
  • エゾ松工作材①:9×40×600mm…3本
  • エゾ松工作材②:4×40×600mm…6本
  • 水性塗料:ウォルナット、ダークオーク、オーク
  • コーナー金具4個(セリア)
  • 取手2個(セリア)

道具

  • 差し金
  • ノコギリ
  • サンドペーパー#60、#240、#400
  • 刷毛
  • 木工用ボンド
  • 電動ドライバー
  • こびょう:13mm
  • ミニビス

DIYレシピ

トレイのパーツ切り出し

最初に土台となるトレイのパーツを切り出します。

まずは、ファルカタ集成材の中央に線を1本引きます。(後々ヘリンボーンを作る際の目印になります。)

トレイの切り出し1

トレイはお皿2枚がすっぽり入る大きさにしたいので、実際にお皿を置いてサイズを割り出します。

トレイの切り出し2

縦幅はそのままに、横は42cmにすることに決定!

次に、トレイの側面パーツの長さを決めます。(9mm厚の工作材使用)横はファルカタ集成材と同じ42cmなので、縦のパーツのみ長さを割り出します。

トレイの切り出し3

縦パーツは板厚2枚分を含んだ長さにしなくてはいけないので、上記画像のように側面の板を2枚まとめてから測ると割り出しやすいです。

長さを割り出し、切り出すとこんな感じです↓

トレイの切り出し4

ヘリンボーンパーツの切り出し

ヘリンボーンのパーツは4mm厚の工作材を使用します。

まずは、土台の上に工作材を並べます。その際、先程引いた中央線に角が2ヶ所重なるように置きます。

工作材の切り出し1

これを維持したまま、全ての工作材(6枚)を縦に並べていきます。

工作材の切り出し2

その結果、今回作るヘリンボーンは左側に23cmが6枚、右側に18cmが6枚必要ということがわかりました。(隙間部分は余った部分で調整します。)

というわけで、工作材を切っていきます。切る時はマスキングテープで3枚くらいまとめて切ると時短になりますよ。

工作材の切り出し3

切り出したら、仮置きしてみます。

工作材の切り出し4

いいですね!

次に、余った部分で隙間を埋めていきます。左上に余ったパーツを置いてみましたが…、角が少し出てしまいました。

工作材の切り出し5

そのため、全体をほんの少し上にずらして角を隠すことにしました。

工作材の切り出し6

右上も余ったパーツを置いてみましたが、問題なく角を隠すことができました。

下の部分は、余ったパーツを半分にすれば良さそうだったので、半分にカットして置いてみました。

工作材の切り出し7

おぉ!なんと!隙間も出ず、ピッタリフィットではありませんか!!ラッキー☆

切り口はサンドペーパー#240で整えて下さい。

塗装

ヘリンボーンを作るときは、3色くらい色があると雰囲気が出るので、今回はベース色のウォルナット、ダークオーク、オークをチョイスしました。

塗装1

「オシャレにワトコオイルで~♪」なんて考えていたのですが、いやはや…値段高すぎ。。。3色も買えない(-ε-;)

というわけで、アサヒペンの水性塗料を買いました。(ワトコオイルの半額)トレイに水が付いても大丈夫なように、屋外OKの塗料です。臭いもないし、すごく使いやすいです!

3色交互に塗りたいので、予め仮置きしたパーツにどの色を塗るか目印を入れておきます。

塗装2

「(ウ) ウォルナット → (オ) オーク → (ダ) ダークオーク」の順がいいかな。

通称「ウオダ方式!!」(なんか野球の戦略にありそうな名前)

塗り終わるとこんな感じです↓

塗装3

うおぉぉぉ…。オークが明るすぎるぞ。。。大丈夫かな…ヾ(・ω・`;)ノ

塗装後は表面を#400で整えて下さい。

ヘリンボーンの貼り方

塗料も乾いたので、早速ヘリンボーンを貼っていきます!

まずは、もう一度仮置きして、色合いの順番をしっかり確認して…(ウ・オ・ダ、ウ・オ・ダ…)

ヘリンボーンの貼り方1

木工用ボンドで固定していきます。

ヘリンボーンの貼り方2

心配していたオークが、逆にいい味出してくれてる♪

ヘリンボーンの貼り方3

重し(端材)を乗せてしっかり圧着させましょう。

ヘリンボーン柄の製作4

ボンドが乾いたら、「こびょう」と呼ばれる工作用の小さい釘を使って留めていきます。

ヘリンボーン柄の製作1

こびょうはラジオペンチを使って打つと、めっちゃ打ちやすいです!(motto師匠直伝★)

一先ず中央のみ固定完了。

ヘリンボーン柄の製作2

トレイをひっくり返して、はみ出た部分をカットしていきます!

ヘリンボーン柄の製作3

一番緊張する場面ですね!慎重に…慎重に。。。

ヘリンボーン柄の製作4

心の中の松岡修造が励ましてくれます。

松岡修造(仮)
松岡修造(仮)

大丈夫!君ならできる!ゆっくり、ゆっくり、丁寧に。

ツクモ
ツクモ

出来た!出来たよ、松岡修造!!

(画像撮り忘れた…(T_T))

ですが、私はまだまだ初心者DIYerなので、切り口が雑…。そんなわけで、サンドペーパー#60で切り口を整えました。

ヘリンボーン柄の製作5

松岡修造(仮)
松岡修造(仮)

いいんだ!これで完璧だっ!

さらに周辺もこびょうで留めていきます。

ヘリンボーン柄の製作6

トレイの組み立て

無事ヘリンボーン柄を作ることができました!ありがとう、松岡修造!!

トレイの組み立て1

最後にトレイの側面を木工用ボンドで仮留めし、

トレイの組み立て2

ミニビスをギュインと打ち込み。

トレイの組み立て3

セリアの金具で装飾。

トレイの組み立て4

ヘリンボーントレイの完成

オシャレなヘリンボーン柄のトレイが完成しました☆お疲れ様でした♪

ヘリンボーントレイの完成1

コップもお皿もいっぱい乗る乗る♪

ヘリンボーントレイの完成2

ファルカタ集成材と工作材のおかげで、程よい軽さで持ち運びしやすいです!

製作を終えて

ヘリンボーンは柄をたくさん形成するとすごく見栄えが良いのですが、素人にはどうしても複雑で難しく感じてしまうという難点がありました。

「一部分だけでも取り入れられたら楽しいだろうな…。」と思い、トレイという小さな世界でヘリンボーンにチャレンジしてみました。その結果、家族もビックリするくらいクオリティの良い作品が出来上がりました☆

複雑なものでも、チャレンジしてみる心は大切ですね。松岡修造にも感謝しつつ?、今後もちょっと複雑なデザインに挑戦していけたらいいなと思う今日この頃でした(*^^*)でめたし、でめたし。

ご紹介した商品

屋外用なのに水性で匂いもなし!お家の中でも安心して塗れますよ♪

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る