≪DIY木材選びのコツ≫フシや曲がりの簡単見極め方法をご紹介!

木材の反りや曲がりを見極める方法
DIYにおいて、木材選びの見極めはとても重要です。ホームセンターの場合、気軽に買える分ほとんど自分で木材を見極めなければなりません。

今回は、木材の反りや曲がりを簡単に見極める方法と、合わせて購入後の処理の方法もご紹介します。木材選びのポイントを押さえて、良い材料を選べるようになりましょう。

理想は、このようなフシも曲がりも少ないきれいな木材です。

hcwood-tech01

木材選びのポイント

ポイント[1] 節(フシ)が少ない木材を選ぶ

節(フシ)の部分はとても硬く、ノミやドリル、ノコギリでの加工が難しい部分です。そして長く使っていると、節の部分から曲がってくることもあります。節はできれば少ない方が望ましいです。

IMG_4378

しかし、全く節がないツーバイ材のみを買う事は至難の技です。作る作品によっては、節と節の間をうまく使う事で対処することも検討する必要があります。

ポイント[2] 曲がりの少ない木材を選ぶ

長い木材を使う場合は、曲がっているツーバイ材では正確な寸法合わせができません。曲がりの強い場所で切断して使う場合は問題ありませんが、長いまま使用する場合は曲がりが少ない木材を選びましょう。

IMG_4380

曲がりのない木材を選ぶポイントは、木材の角を上に向け、斜め下に下ろして角を見たときに真っ直ぐかどうかを目視で確認します。

ポイント[3] 反りがない木材を選ぶ

曲がりと同様に、反りを見極めることも重要なポイントです。テーブルの天板として使う場合は、特に曲がりよりも反りを注意して確認する必要があります。(曲がりは力技で修正が可能だからです。)

IMG_4381

こちらも目視で確認しましょう。

※切り端のズレは問題なし

ポイント[4] 幅の広い木材の反りチェック方法

幅の広い木材の反りは、目視だけでチェックすることは難しいです。

IMG_4407

そんな時に活躍するのが、メジャーです。ホームセンターで木材を購入する時、差し金などを持ち込むのは気が引けますが、メジャーなら大丈夫です。

IMG_4410

反りのチェックは、メジャーテープの横を定規として使います。

IMG_4411

メジャーテープを横にして当てると、反りがハッキリと分かります。

IMG_4408

購入後の処理

切り端を揃える

実は、ほとんどのツーバイ材は切り端が揃っていません。寸法も約910mm約1820mmというように、大体の長さであり正確な長さではありません。

IMG_4382
規格寸法より長い場合は丸ノコで直角面を作り、寸法の取り直しをする必要があります。

まとめ

DIYの場合、木材を修正するための道具(テーブルソーや自動カンナなど材木屋さんが持っているような機械)を揃える事は難しいです。ホームセンターでの木材選定をしっかり行って、少しでも良い木材を選ぶ事が重要です。木材選びのポイントを確認しながら、良い木材を購入しましょう!

【DIYカレッジ第5回】初めての木工DIYはSPF材がオススメ
「木工DIYをしてみたいけど、どんな木材を使えばいいんだろう?」DIY初心者のときは「木材」について全く知識もないですし、どれが良いか判断できないものです。木工DIY...

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る