【家具DIY】アンティーク風木製ハンガースタンドの作り方【図面あり】

hangerstand
【図面PDFダウンロード可能】アイロンをかけた後、服をちょっと掛けておける衣装ハンガースタンド(ハンガーラック)が欲しいなと思い作ってみました。アンティーク感を出すため、着色はマホガニー、そしてポイントとしてセリアのパーツを付けました。部屋の雰囲気がガラッと変わる、おしゃれなハンガースタンド(ハンガーラック)に仕上がりました。

ハンガースタンドの材料

衣装 ハンガー掛けDIY 材料

  • SPF2×3材:1500mm(後ろ脚用2本)、1526mm(前脚用2本)
  • SPF2×6材:670mm(棚用1本)
  • SPF1×2材:726mm(後ろ脚接合用1本)、650mm(ハンガー用1本)
  • SPF2×2材:300mm(ハンガー用2本)、182.65mm(前後の脚固定用2本)
  • 8mm丸棒(ダボ用)
  • コーススレッド:75mm、50mm、30mm
  • ジェルカラーニス(マホガニー)
  • アンティークピン(セリア)

※SPF2×2材(182.65mm)は組み立てていく過程で、現物に合わせてカットすることをオススメします。

図面ダウンロードはこちら
※別ウィンドウで開きます。

DIY道具

  • 丸ノコ&丸ノコガイド
  • プロトラクター
  • 差し金
  • メジャー
  • ノコギリ(胴突き・アサリなし)
  • ノミ
  • 金づち
  • カンナ
  • 電動ドライバードリル&ドリルガイド
  • インパクトドライバー
  • クランプ
  • サンドペーパー(#320)
  • ウエス

DIYレシピ

ハンガースタンド(ハンガーラック)各部材の切り出し

上記の材料と図面を参考に、各部材を記載された長さに切り出します。

後ろ脚の加工(1500mm -2本-)

脚部分に棚板を設置するため、棚板をはめ込む溝を作ります。

ハンガーラックDIY 片欠き継ぎ

まず、後ろ脚(SPF2×3材)の上部から300mmのところで、棚の板厚38mm幅の溝を掘ります。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 脚の切り出し1

前脚にも棚板をはめ込みますが、前脚の溝掘りについては後ほど。

丸ノコの刃の出幅調整は差し金を使い10mmに調整します。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 脚の切り出し2

切り欠く38mm幅の内側を2~3mm間隔で何本も溝切りします。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 片欠き継ぎ1

溝切りしたところを金づちで叩いて取り除きます。

通称『金槌バンバン』

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 片欠き継ぎ2

不要な部分を取り除いたらノミできれいに仕上げます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 片欠き継ぎ3

≪DIYプロ級≫宮大工も驚く!?釘やビス不要の相欠き継ぎ(あいかきつぎ)方法をご紹介!
DIYは通常、木材と木材をコーススレッド(ビス)で止めるケースが多いと思いますが、釘やビスを使わずきれいな接合をしたいと思った時には「相欠き継ぎ(あいかきつぎ)...

ハンガースタンド(ハンガーラック)前脚の加工(1526mm -2本-)

前脚は画像のように2種類の角度をつけていきます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 角度カット

前脚の下部(床面)を80度の角度で墨付けしカットます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY プロトラクター

プロトラクターを前脚の角に合わせ、80度の墨付けをします。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY プロトラクター2

墨付け部分を丸ノコでカットします。(2本とも)

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 角度カット

前脚の上部は170度の角度で後ろ脚と接合させます。墨付けは板幅の1/3ほどの位置から始まるようにします。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY プロトラクター3

プロトラクターで基準線を引き、さらに差し金で墨付けをします。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY プロトラクター4

丸ノコ定規では170度を設定できないので、胴突きノコギリでカットします。

DIYの基本はノコギリさっ!

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ノコギリカット

なんてね。最近は丸ノコに頼りすぎ。。。

ノコギリは修行が必要だす。

切り口が曲がってしまった場合は、カンナで面を直線にします。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ノコギリ修正

角度を変えないように慎重にカンナがけを行い、直線にします。

リカバリーはDIYの醍醐味さっ!

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY カンナ掛け

カンナかけ終了。スベスベの面ができました。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY カンナ掛け2

【メンテナンスDIY】刃研ぎは男の嗜み。カンナとノミ、砥石の研ぎ方!
DIYでは、道具の手入れも必須作業です。特に刃物は切れない状態で使っているとケガの元になります。切れ味が悪くなったからと言って買い換えるのもナンセンス。そこは男...

後ろ脚と合わせ、棚をはめ込むラインを差し金でまっすぐ墨付けします。墨付けラインがしっかり80度になっているかプロトラクターで確認します。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 墨線

【DIY基礎知識】木材の角度はこれでチェック!スコヤの種類と使い方をご紹介
スコヤは、正確な角度を測定するための道具です。スコヤにも様々な種類があり、直角を測る「スコヤ」、45度を測る「留型スコヤ」、分度器がついた「プロトラクター」、...

丸ノコ定規を80度に合わせ、溝を深さ10mmに溝掘りします。(後ろ脚と同じ)

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 丸ノコ定規

溝掘りが完了しました。不要な部分を金づちとノミで仕上げます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 片欠き加工

脚部の加工が完了しました。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 脚加工

ハンガー部分の作成

ハンガー部分は、SPF2×2材300mm(2本)とSPF1×2材650mm(1本)で作成。

インパクトドライバーでコーススレッド(30mm)を打ち込み固定。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ラック部分製作

塗装

大まかな加工が終わったので、塗装を行います。今回はジェルカラーニスのマホガニーを使います。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ジェルカラーニス塗装

ウエスに取りながら、全体にまんべんなく塗装します。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ジェルカラーニス塗装2

ほぞ穴の作成(1×2材726mmの加工)

左右の後ろ脚を、SPF1×2材(726mm)を使って固定します。SPF1×2材は後ろ脚にほぞ穴を作って差し込んで固定させます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工

ほぞ穴は19mm×38mmの大きさ(SPF1×2材そのままのサイズ)に下書きします。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工

ほぞ穴は床面から100mm上に墨線ラインを引きます。

木材の中心に19mmの墨線を引くときは、両端から22mmのところに引くとちょうど真ん中に墨線を引くことができます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工3

ほぞ穴は、ドリルガイドを使い電動ドライバードリルで下穴を数カ所掘ります。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工 ドリルガイド

ドリルの刃は大きく穴開けをする10mmその間を開ける5mmを使いました。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工5

大きい刃で大まかに穴を開け、開けきれない部分を小さい刃で開けます。掘るところの木が少ないと、後のノミ作業が楽になります。

次にノミと金づちを使い、ほぞ穴を整形します。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工 ノミ

まずは墨線ラインにノミで切れ込みを入れてから、金づちでノミを叩いて掘り込みます。慎重に丁寧に行います。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工 ノミ2

ほぞ穴が完成しました。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ほぞ穴加工完成

≪DIY必需品≫曲線切り&ホゾ穴加工も可能なジグソーの使い方
直線切りには丸ノコやスライド丸ノコが活躍しますが、曲面を切ることはできません。曲面を切りたい場合は『ジグソー』の登場です!ブレードと呼ばれる刃を交換する事で...

ハンガースタンドの組み立て

左右の脚を重ねて、クランプで抑えながら組み立てていきます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て1

電動ドライバードリル(刃:8mm)で下穴を開け、インパクトドライバーでコーススレッド(75mm)を留めます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て2

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て3

寸法を確認しながら、棚をはめ込みコーススレッド(50mm)を打ち込んで固定します。さらに、後ろ脚の下部にSPF1×2材(726mm)をほぞ穴に差し込み、コーススレッド(75mm)で固定します。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て4

脚の床面から200mmの高さに脚を固定する2×3材を取り付けます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て5

図面上の寸法は182.65mmですが、現物合わせで墨線を引いてカットします。角度は80度にカットします。

全ての部材の取り付けは8mmの下穴を開けて、コーススレッドで留めます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ダボ穴

8mm丸棒を10mm程度にカットしダボ穴用を作ります。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY ダボ丸棒

木工用ボンドを付け、全てのダボ穴(コーススレッドを打ち込んだ部分)に8mm丸棒を打ち込みます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て6

アサリなしのノコギリで余分なダボを切ります。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て7

ダボをカットした面をサンドペーパー(#320)で整え、ジュエルカラーニスを再度全体に塗ります。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 組み立て8

アクセントとしてセリアのアンティークピンを取り付けます。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY アンティークピン

ハンガースタンド(ハンガーラック)の完成

完成です。部屋の雰囲気とマッチして、とてもオシャレに仕上がりました。

衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 完成衣装ハンガーラック ハンガースタンドDIY 完成2

製作を終えて

ツーバイ材での大物製作は、材の曲がりやソリをいかに抑えながら寸法を合わせるかがポイントです。出来上がりには、とても満足しています。

ご紹介した商品

角度を簡単に計測できる便利ツール


アサリなしのノコギリ。ダボカットに便利

手軽に塗れるカラーニス

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る