【ガーデンDIY】SPF4×4材ガーデンベンチの作り方

ガーデンベンチDIY

ガーデンファニチャーが楽しめる季節になりました。外の空気を吸いながら、ちょっとした息抜きを心地良くしてくれる「ガーデンベンチ」を作りたいと思います。

いろんなガーデンベンチがありますが、シンプルで無骨、そして清楚なイメージのガーデンベンチがいいなぁ。

ちょっと「ナンノコッチャ?」と言う感じですが…。「あ〜なるほどね!」と思ってもらえるように頑張ります。

ガーデンベンチの材料

  • SPF 4×4材(ACQ材):1800mm…4本
  • SPF 1×4材…端材
  • コンクリートピンコロ:120×150mm…12個
  • コーススレッド:65mm
  • ガードラック(チョコレート色)
  • タカラ塗料(アイアンブラック)

DIY道具

  • 丸ノコ
  • 丸ノコガイド
  • スライド丸ノコ
  • コンベックス(メジャー)
  • 金づち
  • ノミ
  • サンドペーパー#100
  • 木工用ボンド
  • インパクトドライバー
  • 電動ドリル
  • バークランプ 300mm、900mm
  • 塗装道具(さげつ、刷毛、ゴム手袋、マスキングテープ)
  • マスキングテープ

DIYレシピ

部材の切り出し

今回のメイン部材はSPF4×4材と1×4材の端材です。この部材で格子状の座面を製作します。

ガーデンベンチDIY 切り出し1

写真の段階ではまだ4×4材が2本足りません。いつもの「木工ランド」さんに発注済みですが、作業の途中で引き取りに行ってくる予定です。

4×4材は1,150mmの長さでカットします。大き過ぎず、小さ過ぎず。二人がゆったり座れる長さになる予定です。

ガーデンベンチDIY 切り出し2

4×4材を格子状にするための間材は、1×4材の端材から150mmを6枚切り出します。

ガーデンベンチDIY 切り出し3

4×4材に1×4材を挟んで格子状の座面になる予定です。無骨さと繊細さが出ますよね。

ガーデンベンチDIY 組立イメージ

座面の組み立て(単体)

1×4材に木工用ボンドを塗布して接着していきます。

ガーデンベンチDIY 座面部材の組み立て1

1×4材と4×4材をクランプでしっかりと圧着します。なるべく隙間が出ないようにして、座面両端の誤差を少なくします。はみ出たボンドはキレイに除去しましょう。

ガーデンベンチDIY 座面部材の組み立て2

さらにコーススレッド65mmで中心付近を2ヶ所固定します。

ガーデンベンチDIY 座面部材の組み立て3

こんな感じで繋がります。あとは追加部材の到着を待ちます。

ガーデンベンチDIY 座面部材の組み立て4

お〜来た来た。

1,800mmの部材を1,200mmにカットしてもらいました。なぜかと言うと…。

車に乗らんとです。ただ、それだけの理由です。

ガーデンベンチDIY 追加部材到着

追加した部材も同様の寸法でカットして1×4材と仮組みします。ここで脚台の寸法を確認します。

計算上だと

(90mm×4)+(19mm×3)= 417mm。

でも、実測すると…412mm。

これが「SPFマジック」です。SPF材には「個体差」があるため、このような違いが出ます。

と言うことで、4×4材の座面の残りで412mmを2本カットして脚台とします。

ガーデンベンチDIY 脚台の寸法

片欠き加工

座面と脚台を安定して固定するために、片欠き加工を施します。切り欠き幅は4×4材幅です。

ガーデンベンチDIY 切り欠き加工1

切り欠く深さは20mmにしました。丸ノコ刃の出幅は「切り欠く深さ20mm+丸ノコガイドの厚さ12mm=32mm」にします。

ガーデンベンチDIY 切り欠き加工2

丸ノコはできるだけ細かく切り込みます。そうすることで、その後のノミ作業が楽になります。

ガーデンベンチDIY 切り欠き加工3

金づちでトントンと大まかに除去します。

ガーデンベンチDIY 切り欠き加工4

ノミは平らな面を当てて、削る感じでキレイに整えます。

ガーデンベンチDIY 切り欠き加工5

片欠き加工の完了です。う〜んキレイ!

ガーデンベンチDIY 切り欠き加工6

≪大工道具DIY≫簡単真っ直ぐ切断!丸ノコガイドを自作しよう!
丸ノコで真っ直ぐ切るために使用する便利道具「丸ノコガイド」。ベニアなど横幅や長さのあるものを真っ直ぐ切り出す時には、その長さに合った丸ノコガイドを用意する必...

防腐塗料の塗装

ガーデンファニチャーは、ウッドデッキなどと同じように「屋外で使用する家具」です。そのため、塗装は屋外用の防腐塗料が最適です。今回はガードラックのチョコレート色で塗装します。

ガーデンベンチDIY 塗装1

追加した部材の1回目塗装と、もともとあった2回塗装済みの部材。色の違いにかなり差がありますね。色が同じになるように加減を調整していきます。

ガーデンベンチDIY 塗装2

座面の組み立て(全体)

座面の部材同士を木工用ボンドで接着します。接着が完了したら、バークランプ900mmでしっかりと固定。

ガーデンベンチDIY 組み立て1

さらに、脚台との接着面にも木工用ボンドをたっぷりと塗布します。

ガーデンベンチDIY 組み立て2

そして、脚台と座面を接着します。座面と脚台は部材の重さで圧着させます。

ガーデンベンチDIY 組み立て3

各部材の接合面もキレイに出来ました。

ガーデンベンチDIY 組み立て4

座面と脚台の固定

脚台の裏から脚台をコーススレッドで固定します。

しかし、このまま打つと90mmの4×4材にコーススレッド65mmでは届きません…。

そこでっ!!

60mmの下穴を開けて、固定する材に35mm入るようにすれば固定ができます!

ガーデンベンチDIY 脚台固定1

ガーデンベンチDIY 脚台固定2

コーススレッドを深さ60mmの下穴部分で締め付けます。

見えませんね。。。

ガーデンベンチDIY 脚台固定3

締め付ける際の音の違いを確認して、締め付け度合いを判断しましょう。

座面部分が完成しました。ここで仕上げのサンドペーパー#100研磨と仕上げ塗装を行います。

ガーデンベンチDIY 仕上げ1

接着と塗装の乾燥をしっかりと行います。

ガーデンベンチDIY 仕上げ2

基礎石の設置

今回はコンクリートピンコロ(120×150mm)を2段使いにして基礎とします。

ガーデンベンチDIY 設置1

ベンチ幅に合わせて配置します。

ガーデンベンチDIY 設置2

そこで悩みだしました。

う~ん。なんか足りない。。。

そうだ!1×4材を黒くしようっ!

ガーデンベンチDIY アイアンブラック1

タカラ塗料のアイアンブラックは屋外もオッケーと。(たぶん…。)

ガーデンベンチDIY アイアンブラック2

ガーデンベンチの完成

座面も相当の重さなので、固定しなくてもかなり安定します。(固定する場合はコンクリート用ボンドを使って下さい。)

ガーデンベンチDIY 完成1

ほらほら。アイアンペイントもいい感じ。

ガーデンベンチ 完成2ガーデンベンチ 完成3

何か物語を感じますね。

ガーデンベンチ 完成4

追記

日差しが強い場所に設置すると、木が曲がります。そんな時は『かすがい釘』を打ち込んで連結します。アイアンブラックを塗ると違和感もないですね。

ガーデンベンチ 追記 鎹

かすがい釘は大きな木材の繋ぎ合わせに便利ですね。

ガーデンベンチ メンテ かすがい釘

製作を終えて

今回はガーデンファニチャーの中でも人気があるガーデンベンチの製作記でした。製作はそんなに難しい加工ではありませんが、大きな部材を使うので作った感はありますね。

様々なガーデンベンチがありますが、無骨でありながら清楚なイメージになったかなと思います。風景として眺めると「バスストップベンチ」のような感じもいいかなと思います。

おすすめ商品

10mmなどの大きな穴を開けるときにはハンドル付きが安定します。安定電源のコンセントタイプがおすすめです。

大物製作で固定する場合、クランプは3個あると便利です。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る