≪インテリアDIY≫100均すのこde壁掛けフェイクグリーンを作ろう♪

すのこで壁掛けフェイクグリーンDIY

「窓の少ない賃貸でも部屋の中で植物を飾りたいな」と思い、インテリアとして楽しめる「壁掛けフェイクグリーン」を作りました。

ちょうど100均のセリアで新商品として出ていたフェイクグリーン(造花)の質がとても良かったので、そのグリーンとすのこを使って製作しました。(材料全てセリアで購入できます。)

賃貸DIYの基本、画びょう固定できる軽さと、すのこに見せないプランター作り、さらにグリーンのボリュームを出す小技など、盛りだくさんの内容でお届けします♪

それでは早速作っていきましょう!←モコズキッチン風

材料

すのこで壁掛けフェイクグリーンDIYの材料

  • すのこ:40×25cm…2枚
  • リメイクシート(オールウッド白木風)
  • フェイクグリーン6個
  • フェイクグリーン(垂れるタイプ)1個
  • フェイクグリーンマット1枚
  • 生花用吸水スポンジ
  • 吊り金具3個
  • ビス適宜

道具

  • マスキングテープ
  • 差し金
  • ノコギリ
  • サンドペーパー#240
  • 木工用ボンド
  • おさえヘラ
  • ハサミ
  • カッター&カッターマット
  • 電動ドライバー

DIYレシピ

今回ご紹介するフェイクグリーンは、すのことリメイクシートでプランターを作り、そこにフェイクグリーンを寄せ植えていく工程となります。

すのこプランター作り

すのこの切り出し

安価で軽量な木材となるすのこを、下記記事を参考に解体させます。

すのこを解体する

【100均すのこDIY攻略法】棚の作り方から簡単な解体方法まで詳しくご紹介♪
100円ショップ(以下100均)では、収納に便利な「すのこ」が売られています。この100均すのこは、DIYアイテムに超オススメなんです!そのまま組み立てても良し、解体し...

解体したすのこから6枚を使用してプランターを作っていきます。

すのこ解体完了

ここで3点、すのこDIYの注意点をご説明します。

プランターの前面と後面をすのこ2枚連結させて製作しますが、すのこの中には側面が斜めになっているものがあり、上手く連結できないものがあります。このようなすのこは使わないようにしましょう。

側面が斜めになっているものは使わない

さらに、すのこは長さがそれぞれ違っています。

すのこの両端を揃える

そして、両端も斜めになっているため、両端を切り落とす必要があります。(両端が斜めの状態だと、後ほど貼るリメイクシートをキレイに貼ることができないからです。)

すのこの両端を切り落とす

上記の点を留意し、すのこの両端を1cmずつ切り落とします。(結果38cmのプランターになる予定です。)

前面2枚、後面2枚、底1枚の計5枚の両端を切り落とします。その際、マスキングテープでまとめ切りをすると作業の時短になりますよ。

まとめて切るのがオススメ

側面の板はそれぞれ6.5cmに切り出してください。(こちらも端を切り落としてから切り出すようにしましょう。)

側面の板は6.5cmにカットする

下駄を外した跡や切り落とした部分は、サンドペーパー#240で整えましょう。(下駄の跡は大体でいいです。)

下駄の跡はサンドペーパーで整える

≪DIYにこの番手≫紙やすり(サンドペーパー)の使い方と選び方をご紹介!
紙やすり(サンドペーパー)は木工DIYでは必需品です。木材の切り口を滑らかにしたり、角や表面を滑らかにしたりと、スベスベの木の質感を表現するには欠かせないアイテ...

すのこの組み立て

すのこは木工用ボンドのみで連結させます。ますは、側面にボンドを塗布します。

木工用ボンドで接着する

マスキングテープでしっかり固定し、乾燥するのを待ちましょう。

マスキングテープでしっかり固定する

リメイクシート貼り

ボンドの乾燥を待つ間、リメイクシートを貼る準備をします。まずはリメイクシートのどのデザインが良いか検討します。

リメイクシートの切り出し1

デザインが決まったら、ハサミで切り出します。

リメイクシートの切り出し2

続いて、リメイクシートの余分な部分を切り落とします。まずは、板に沿って両端に線を引きます。

リメイクシートの切り出し3

板を外し、書いた線を延長させます。

リメイクシートの切り出し4

バッテンと書いた部分を切り落せば、板のサイズに合ったリメイクシートが切り出せます。

リメイクシートの切り出し5

全面後面用を2枚、底面用を1枚、側面用2枚を同じ要領で切り出しましょう。

リメイクシートの切り出し6

側面用シートは木目が「縦」になるように切り出して下さい。

木工用ボンドが乾いたら、早速リメイクシートを貼っていきます。まずは、裏紙を少しだけ剥がし、板に貼り付けます。

リメイクシート貼り1

板を返したら、ヘラを使って空気を追い出しながら貼り付けていきます。

リメイクシート貼り2

貼り終えるとこんな感じです。

リメイクシート貼り4

裏面は貼っていない部分もありますが、見えなくなるので大丈夫です。

リメイクシート貼り5

シートがはみ出ていたらカッターで切り落として下さい。

リメイクシート貼り3

すのこプランターの組み立て

上記で製作した板を組み立てて、プランターに仕上げていきます。2×4材の端材を台にして、ビスを打ち込むと比較的スムーズにビス打ちができます。

すのこの組み立て

すのこプランターの完成です。これがすのこで出来ているとは思えない、素晴らしい仕上がりですね!(自画自賛)

すのこボックスの完成

合わせて、吊り金具も3つ取り付けておきましょう。

吊り金具を取り付ける

フェイクグリーンの寄せ植え

すのこプランターにフェイクグリーンを寄せ植えていきます。その土台となるのが、生花用吸水スポンジです。(発泡スチロールでも代用できます。)

吸水スポンジ

この吸水スポンジを縦半分に切り、さらに4等分させます。

吸水スポンジをカットする

プランターの底に敷き詰めます。足りない部分はサイズを調整して入れ込みましょう。

すのこボックスに入れる

この状態でフェイクグリーンを寄せ植えると、地の吸水スポンジが見えてしまうので、それを隠すためフェイクグリーンマットを敷き詰めます。

まずは、すのこの幅に合わせてマットを切ります。(裏側から切ると作業がしやすいです。)

フェイクグリーンマットをカットする

それを吸水スポンジの上に乗せます。ね、地が見えなくなるでしょ♪

吸水スポンジの上の乗せる

ここから楽しい寄せ植えタイム~★

フェイクグリーンを解体して、スポンジに挿していきます。接着剤がたくさん付いているものは抜くことができないので、バラバラに解体させましょう。

フェイクグリーンを解体する

どう挿せばバランス良く見えるか、じっくり検討してから挿し込みます。(さぁ、センスが問われますぞぉ(´ε` ))

フェイクグリーンを挿し込む

完成

寄せ植えが完了し、画びょうで固定したら壁掛けフェイクグリーンの完成です!お疲れ様でした♪

壁掛けフェイクグリーンの完成1

いい感じですね。本物っぽいです♪(垂れるタイプのグリーンもバランスを見て寄せ植えてみました。)

さらに、ダイソーのウォールステッカーで遊んでみました。

壁掛けフェイクグリーンの完成2

玄関に飾ってみました。とても華やかになって大満足です!

壁掛けフェイクグリーンの完成3

製作を終えて

最近の100均フェイクグリーンは質がとても良く、種類も増えてきました。ですが、「それだけを寄せ植えてもボリュームに欠けるな…」と思っていました。「安くボリュームを出せないかな?」と考え、マットを敷くことを思いつきました。おかげで、少ないフェイクグリーンで手軽にボリュームを出すことができました。

さらに板をリメイクシートでリメイクしてしまう荒技(マイブーム)。あまりにも手軽にアンティークな板が作れてしまうので、すのこにも応用してみました。どこからどう見ても以前のすのこには見えません。

陽の当たらない場所でも手軽に楽しめるフェイクグリーン。お部屋のインテリアに合ったリメイクシートを使ってプランターをアレンジして、フェイクグリーンDIY楽しんでみて下さい♪

≪DIY賃貸≫100均リメイクシート120%活用術&注意事項を徹底解説!
既存のアイテムを簡単にリメイクできる100均のリメイクシート(カッティングシート)。手軽な上にいろんなデザインがあり、DIY創作意欲を掻き立ててくれます。しかし、...
≪インテリアDIY≫マクラメハンギングでフェイクグリーンを楽しもう!
陽の当たらない室内でも植物を楽しみたいと思い、せっせと部屋中にフェイクグリーンを飾っている私。そんな中、今世界中で大人気の「マクラメハンギング」にチャレンジ...
トップへ戻る