≪DIY賃貸≫玄関土間をクッションフロアで石目調に劇的チェンジ♪

玄関ホールリメイクタイトル

玄関リメイク第2弾☆前回は玄関収納をナチュラル系に変身させましたが、今回は土間部分を劇的チェンジさせたいと思います!

我が家は賃貸で、玄関がとんでもなく暗いので、明るく温かい雰囲気にしようと思います。今回は下記の点を重視して作業を進めます。

  • 賃貸なので原状回復ができるようにする
  • 玄関が明るくなるような土間にする
  • 結露が多い場所なので、湿気対策を行う

以上の点を留意して、オシャレな玄関を目指します♪

≪DIY賃貸≫100均木目調リメイクシートde玄関収納を劇的チェンジ!!
今話題の100均カッティングシート(別名:リメイクシート)を使って、玄関収納をナチュラル系にチェンジ!プチプラなお値段で、デザインも素敵な100均カッティングシー...

材料

  • クッションフロアシート:1300×2000mm
  • ラワン合板:880×600mm…2枚
  • クッションフロア用両面テープ
  • 水性ガーデン用カラー(透明)
  • いらない段ボール

道具

  • ノコギリ
  • サンドペーパー#240
  • 刷毛
  • カッター
  • 定規

DIYレシピ

掃除

リメイクDIYに最も重要なのは掃除!砂や石、ホコリを全て取り除きましょう。

まずは掃除をしよう

ラワン合板の下準備

賃貸DIYにおいて、退去時に原状回復できるようにすることが大切です。クッションフロアは通常、専用の糊か両面テープで貼り付けますが、両面テープでも長期に渡って貼り付けておくと、剥がす時ベタベタが残る場合があります。

それを回避するため、直接土間にシートを貼るのではなく、ベニヤ板(ラワン合板)に貼ることにしました。

ラワン合板

先程、冒頭で説明しましたが、我が家の玄関は結露が多い場所です。「ラワン合板で大丈夫?」と思われるかもしれませんが、この合板は完全耐水性のラワン合板です。これに塗料を塗ることで、湿気の多い場所や外でも使用することができます。

ラワン合板には「完全耐水性」と「非耐水性」の2種類があります。完全耐水性タイプでも、しっかり塗装する必要があります。

我が家の玄関土間は、885×1200mmだったので、900×600mmを2枚購入し、ホームセンターのカットサービスで880×600mmにしてもらいました。(ラワン合板を2枚並べる計画です。)

玄関土間のサイズ

実際の横幅は885mmですが、5mm短い880mmにカットしてもらいました。少し余裕のある方が作業しやすいです。

ドア側は合板の角を取らないとはまらないので、角を切り落とします。

合板の角を切り落とす

切り落とすことでキレイに板がはまります。

角を切り落とすとキレイにはまる

結露によって板が腐食したりカビたりしないように、保護用の塗料を塗ります。色をつける必要がないので、透明を選びました。

水性ガーデン用カラー(透明)

出してみてビックリ!牛乳のような白さでしたが、塗ったら本当に透明だったので安心しました…。

水性ガーデン用塗料の中身

シートを貼る面を1度塗り、地面側と側面を2度塗りして仕上げました。(この作業で全部塗料を使い切りました。)

クッションフロアシートの加工

クッションフロアシートとは?

クッションフロアシートは、ビニール製のクッション性のある床材です。加工も容易で、汚れも水で拭き取れます。今回はサンドストーン柄で土足OKの物を購入しました。

…が、しかし!!必要な長さだけを購入しましたが、そもそもの横幅が2000mmもあるので、とんでもなく長い状態で届きました(笑)(今回注文した長さは1300mmで、横幅は規定の2000mmで届きます。)

クッションフロアシートサンドストーン柄

切り出し作業

では、この長いシートをカットしていきます。縦の長さはそのまま、横幅を板に合わせます。

クッションフロアシートのカット

板に合わせて切りますが、余裕を持って少し大きめに切ることにします。シートの下にはいらない段ボールを厚めに重ねて、マット代わりに敷いています。

余裕を持って少し大きめに切ろう

板2枚分の大きさに切り出しました。

切り出し完了1

これをさらに半分に切ります。板を定規代わりにして切ります。

切り出し作業

板サイズのシートを2枚切り出しました。

切り出し完了2

シート貼り

クッションフロアシートの貼り付けは、専用の両面テープを使用します。

クッションフロアテープ

周囲と中央にテープを貼ります。

クッションフロアテープ貼り

テープの紙を少しずつ剥がしながら、ゆっくりシートを貼っていきます。失敗してもシートを簡単に剥がせるので、貼り直すこともできます。(安心!)

シート貼り

余裕を持ってシートを大きめに切っているので、シートを貼り終えたら余分な分を切り落とします。板ごと裏返して、カッターで切り落とします。

余分な部分を切り落とす

土間側面の処理

我が家の玄関土間は側面まで達してるので、この部分もシートで隠したいと思います。

土間側面を隠す

幅を測り、シートを切り出します。この部分だけは、両面テープを直貼りしたいと思います。(後々のことを考えて、全面にテープを貼るのではなく、等間隔に貼ってみました。吉と出るか凶と出るかはわかりません…。)

土間側面シート直貼り

湿気対策

湿気対策として、床に新聞紙を敷きます。新聞紙は湿気を吸ってくれるので、定期的に板を外して新聞紙を交換すれば長く保てるかな…と思います。

湿気対策として新聞紙を敷く

※2017/01/09追記

湿気対策として、週1回の新聞交換とシートの乾燥を行っています。

玄関土間の新聞交換&シートの乾燥

さらに、クッションフロアのカビ対策として、カビ止め剤をスプレーをしておきました。

クッションフロアのカビ対策1 クッションフロアのカビ対策2

こまめなメンテンスは必要ですね。

完成

新聞紙の上に板を置いたら完成です!

玄関土間リメイク完成1

玄関収納のナチュラル感と、床の石目調がマッチしてますね♪本物の石っぽくていいですね!

玄関土間リメイク完成2

ちょっと側面だけシートの厚さが目立ってしまいましたが、まぁ良しとしましょう。。。

玄関土間リメイク完成3

≪100均DIY≫初心者さん向け★セリアすのこde簡単傘立ての作り方をご紹介♪
DIY初心者さんにオススメ★セリア産の100均すのこを使った、カワイイ傘立てをご紹介します♪ベースを白に塗り、その上にアンティーク加工を施しました。さらに可愛い小物...

製作を終えて

賃貸の玄関はどうしても暗くてジメジメしています。玄関が明るく温かい雰囲気だと、自分もそして家族も温かい気持ちになりますよね。そんな玄関を目指し、今回土間リメイクにチャレンジしてみました。

室内と違い、外とも接する場所なので土汚れや湿気対策は必須です。このクッションフロアシートは店舗でも使用されるもので、土足OKだとわかり即購入しました。

デザインも豊富にあるので、シート選びも楽しかったです♪(かなり大きいサイズで届きますのでお気をつけ下さい…。)

賃貸であれば直貼りより、板を1枚介したほうが原状回復しやすいと思います。比較的簡単にできる作業なので、興味のある方はぜひお試し下さい。
(湿気によるカビなどは、今後定期的にチェックして、この記事で状況を報告していきたいと思います。)

ご紹介した商品

サンゲツのクッションフロアは、種類も豊富です。下記ショップは送料無料の物もあります。1mからの注文になりますのでお気をつけ下さい。

クッションフロア専用の両面テープです。楽天でも販売されていますが、どこのショップもなぜかこの商品だけ送料が「別」です。送料無料の商品と一緒に買っても別途かかります。

なので、楽天ではなくホームセンターで購入した方が安く済みます。(ちなみに私はD2で購入しました。参考程度に載せておきますね。)

ラワン合板の保護剤として使用した塗料です。クリアですが、中身は牛乳のような白さでした。(でも塗ればちゃんとクリアです!)

クッションフロアのカビ止め用として使用しています。

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る