【インテリアDIY】インダストリアルに合う可動式木製ディスプレイウォールの作り方

ディスプレイウォールタイトル

書斎のインテリアを少しずつインダストリアル風にしたいなと思い、壁に棚の機能も付けていろいろ飾れる「ディスプレイウォール」を作る事にしました。(ブルックリンにも合います。)

今回は1×10材の余り材があったので、細くカットして使用しました。お好みの材があれば代用可能です。それではご紹介します。

ディスプレイウォールの材料

  • SPF1×10材:長さ約500mm…3枚(端材)
  • ヒノキ材:15×10×450mm
  • コーススレッド:30mm、50mm

※今回は1×10材(幅234mm)を縦に4等分して使用します。代わりに似た幅の1×3材(幅63mm)を使用する際は、10本あれば代用できます。

道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規
  • クランプ
  • サンドペーパー#240
  • 差し金
  • ウエス
  • カラージェルニス(ウォールナット)
  • 木工用ボンド
  • スチールフック(セリア)
  • ステンシルセット
  • 水平器
  • 下地探しどこ太

DIYレシピ

部材のカット

今回は1×10材の余り材(長さ約500mm)3枚を使って、縦に4等分して部材を切り出します。丸ノコ定規を使い縦カットします。

(4等分だと正確には幅58.5mmですが、今回は幅を57mmに切り出しました。)

ディスプレイウォールDIY

それぞれの部材を下記の長さに切り出します。

  • 57×約500mm…9本
  • 57×100mm…6本
  • ヒノキ材:15×10×57mm…6本

ディスプレイウォールDIY

塗装

サンドペーパー#240で軽く角を整えて、カラージェルニス(ウォルナット)で塗装します。

ディスプレイウォールDIY

塗装が完了しました。1時間ほど乾燥させます。

ディスプレイウォールDIY

組み立て

今回は横板が縦板から15mm出るように配置します。木工用ボンドを塗り、端の部材から固定していきます。

ディスプレイウォールDIY

ボンドが乾く前に、始点となる端の板の直角や寸法を、差し金で確認して微調整します。

ディスプレイウォールDIY

≪DIYにこれ1本≫正しい差し金の使い方&様々な墨付け方法をご紹介!
古来より大工道具の常備品として愛用されていた差し金は直角を見るだけの道具と思われがちですが、等分や45度などの墨付けが可能で使い方を知ると、とても便利な道具で...

直角の確認ができたら、コーススレッド30mmで止めていきます。

ディスプレイウォールDIY

止める位置は全て揃えた方がきれいに見えるので、横40mm高さ15mmに合わせました。

横板二枚目の位置は、SPF材(幅19mm)を挟んで間隔を均等に揃えます。

ディスプレイウォールDIY

横板の固定が完了しました。

ディスプレイウォールDIY

飾り棚の制作

SPF材57×100mmを横板に差し込んで、ヒノキ材57mmを木工用ボンドで貼り付けます。

ディスプレイウォールDIY

この細い飾り棚は稼働するので、並べることで長くも使えますし、単体で小さい棚としも使えます。

ディスプレイウォールDIY

ディテールアップ

横板の一番下にアンティーク調のフック(セリア)を2個取り付けます。

ディスプレイウォールDIY

ステンシルシートで文字を入れます。

ステンシルDIY

【ステンシルDIY】自作シートの作り方や便利なスタンプをご紹介!
ステンシルは、DIYで家具や木箱を作った後の仕上げには欠かせない加工ですね。男前スタイルの演出や、普通の板にステンシルをするだけでもかっこいいディスプレイになり...

壁への取り付け

壁への取り付けは、まず下地を探す必要があります。今回使った道具は、壁に直接針を打ち込んで探す「下地探しどこ太」です。(建築道具のネーミングセンスは微妙です。。。)

下地探し どこ太

使い方は、まず「下地探しどこ太」を直接壁に押し付けます。下地があると針が止まり、下地までの壁の厚さも分かります。(下地が無い場合は、目盛全てが無くなるまで押し込まれます。)

下地探し どこ太2

下地が見つかったら、水平器でディスプレイウォールの水平を確認して、コーススレッド 50mmで壁に打ち付けます。

水平器

≪DIYに必須≫水平器(水準器)の使い方、種類、気泡の読み方を詳しく解説!
水平器(水準器)は「水面は常に水平である」という自然現象を活用した、「水平を調べるための道具」です。棚製作など身近なDIYや、ブロックを積んだりウッドデッキなど...

完成

手持ちの小物の幅に合わせて飾り棚を設置すれば完成です!エアーガンやサングラスも飾れます。

ディスプレイウォール完成1ディスプレイウォール完成2

製作を終えて

今回のディスプレイウォールは、1×10材を縦に4等分しましたが、お好みのツーバイ材を代用しても作れます。難しい加工もなく、その存在感は絶大です!

飾り棚も、飾るものによって高さや幅を変更できるので、模様替えも簡単です。

ディスプレイウォールレイアウト例2

まずは、「何か作ってみたいな」と思った時の一つとして、良い作品になるのではないかなと思います。ぜひお試しください。

ご紹介した商品

下地探しにはこれが便利です。ネーミングは微妙ですが…。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る