【テーブルDIY】ダボ接合でSPF材の鉄脚ダイニングテーブルを作ろう!

ダイニングテーブルDIY

インダストリアルな鉄脚のダイニングテーブルは人気があります。しかし、テーブルDIYにおいて「天板をどう製作するか」という点は難題です。板を接合するか、一枚板を買うか…。

今回はSPF材を使用し、ダボ接合で天板を製作するレシピをご紹介します。さらに、鉄脚を使ったインダストリアルなダイニングテーブルに仕上げます。

材料

  • SPF 1×10材:1200mm…4枚(1820mmを1300mmにカット依頼)
  • SPF 1×6材:910mm…2枚
  • SPF 1×4材:910mm…1枚
  • ダボ6mm…4つ
  • コーススレッド:30mm
  • 鉄脚(amazon)

道具

  • スライド丸ノコor丸ノコ&丸ノコガイド
  • 差し金
  • メジャー
  • 電動ドライバードリル
  • ドリルガイドキット
  • ダボマーカー6mm
  • クランプ各種
  • 木工用ボンド
  • カンナ
  • サンドペーパー#240、#400
  • ワトコオイル(ダークウォルナット)
  • ブライワックス(ジャコビアン)
  • ウエス
  • ミッチャクロン
  • スプレー(つや消し黒)

DIYレシピ

木材の購入

今回製作するダイニングテーブルのサイズは800×1200mm、高さは720mmです。

天板に使用するSPF材は、ホームセンターのものはフシや反りが強く、使いづらいため、今回は山梨県甲府市にある木材専門店「木工ランド」で購入しました。

私はいつもデッキ材(ウエスタンレッドシダーやイペ材など)の購入は、全て木工ランドで購入しています。個人販売や相談にも応えてくれるDIYerには心強い専門店です。

●ウッドデッキ用木材専門店。ウエスタンレッドシダー・イペ・ウリン・枕木のことなら木工ランド https://www.mland.gr.jp/

天板の前加工

天板用のSPF1×10材、長さ1300mmを最終的には長さ1200mmにしますが、最後に端面を揃えるので1205mmでカットします。

ダイニングテーブルDIY 天板材料

購入時、木材の端にはササクレがあります。丸ノコでササクレが無くなるギリギリの所でカットし、そこから1205mmにカットします。(今回はスライド丸ノコを使用)

ダイニングテーブルDIY 端面処理

このSPF1×10材は天板として使うので、反りや曲がりを見て、曲がりが強い板は真っ直ぐに取れる所まで最大限使います。

ダイニングテーブルDIY 天板の選定

曲がりのチェックは、木材に差し金を当てて確認しましょう。

SPF材は角がR処理されていますが、今回は一枚板のような天板にしたいのでR部分をカットします。

ダイニングテーブルDIY R処理1

R部分のカットには、自作の丸ノコガイドを使います。

ダイニングテーブルDIY R処理2

片面のR部分ギリギリを丸ノコガイドで切り落とします。反対側のR部分もギリギリのラインでカットします。

ダイニングテーブルDIY R処理3

R部分が直角になりました。

ダイニングテーブルDIY R処理4

≪大工道具DIY≫簡単真っ直ぐ切断!丸ノコガイドを自作しよう!
丸ノコで真っ直ぐ切るために使用する便利道具「丸ノコガイド」。ベニアなど横幅や長さのあるものを真っ直ぐ切り出す時には、その長さに合った丸ノコガイドを用意する必...

天板のサイズカット

今回は横幅800mmの天板を製作します。230mm×2枚、170mm×2枚の4枚構成で仕上げます。

フシや曲がり、反りを見ながら真っ直ぐの板を230mm幅に、曲がりがある板の真っ直ぐな部分を170mm幅でカットします。(丸ノコガイド使用)

ダイニングテーブルDIY 天板カット

カットが完了しました。

ダイニングテーブルDIY 天板カット完了

天板の接合(ダボ接合)

天板の板はダボ接合で行います。ダボは6mm、ダボ穴は電動ドリル6mmとダボマーカーを使います。

ダイニングテーブルDIY ダボ接合1

ダボ穴を開ける前に板の方向を間違えないよう、板の両端にマスキングテープを貼り、目印を付けます。

ダイニングテーブルDIY ダボ接合2

ドリルガイドを使い、真っ直ぐにダボ穴を開けます。板厚の中心線9.5mmラインに、板の両端から100mm位置と450mm位置の4ヶ所に穴を開けました。

ダイニングテーブルDIY ダボ接合3

片側にダボ穴を開けたら、ダボマーカーを付けて板を合わせます。すると反対側に印が付きます。印位置の中心線ライン上に、上記と同様にダボ穴を開けます。

ダイニングテーブルDIY ダボ接合4

木工用ボンドをダボ穴に入れて、ダボを打ち込みます。反対側の板にも同様に木工用ボンドをムラなく付けて接合します。

ダイニングテーブルDIY ダボ接合5

接合は900mm以上のハタ金やクランプを使い圧着します。

ダイニングテーブルDIY ダボ接合6

▼詳しいダボ接合の方法はコチラ▼

≪DIYテクニック≫天板製作に◎ダボ接合を簡単に行う方法をご紹介
木材同士の接合方法はたくさんありますが、今回は「ダボ」を使った方法をご紹介します。板を何枚か合わせてテーブルの天板にする時など、ダボを使って接合すると強度が...

天板裏の制作

天板の裏は、鉄脚の補強用と天板の反り防止の補強として板を取り付けます。鉄脚の取り付けはプレートが130mmなので、SPF1×6材を使用して両端の反り防止板にします。

鉄脚は、脚が斜めに広がるデザインなので、脚が天板からはみ出さないように50mmと70mm内側に固定することにしました。

ダイニングテーブルDIY 天板裏1

天板裏側の補強外枠は、1×6材と天板の板をカットした端材を使います。

ダイニングテーブルDIY 天板裏2

補強用の外枠サイズ
SPF1×6材 700mm…2枚
天板のSPF端材 60×790mm…2枚

さらに、外枠の中心に補強材としてSPF1×4材(578mm)を取り付けます。

ダイニングテーブルDIY 天板裏3

対角部分に、さらに補強材(天板の端材)を入れて天板裏が完了しました。

天板裏の完成

天板の仕上げ

丸ノコガイドを直角にセットして、丸ノコで両端を整えます。この時に最終的な長さ1200mmに合わせます。

ダイニングテーブルDIY 天板仕上げ1

天板のつなぎ目や、反り曲がりをカンナで整形します。

ダイニングテーブルDIY 板仕上げ2

さらにサンドペーパー#240、#400で天板面を整えます。

ダイニングテーブルDIY 天板仕上げ3

側面も軽く角を取ります。

ダイニングテーブルDIY 天板仕上げ4

天板の塗装

今回は、ワトコオイルとブライワックスで塗装を行います。

ダイニングテーブルDIY 天板塗装1

まずは、ワトコオイルを2度塗りします。

ダイニングテーブルDIY 天板塗装2ダイニングテーブルDIY 天板塗装3

さらに乾燥後、ブライワックスを2度塗りし、20分程度置いてからウエスで磨き上げます。

ダイニングテーブルDIY 天板塗装3

ワトコオイルとブライワックスを重ね塗りすることで、深みのある色合いに仕上がります。

≪ワトコと比較検証≫アンティーク感を演出するブライワックスの塗り方と特徴をご紹介
無垢材の仕上げに使われる「BRIWAX(ブライワックス)」は、英国王室ご用達の優れた家具用ワックスです。DIYに用いた場合、手軽にアンティーク感を演出できるので人気が...

天板が完成しました。この後さらに乾燥させて、納得がいくまでウエスで磨きあげます。

ダイニングテーブルDIY 天板塗装4

鉄脚の塗装

鉄脚はamazonで購入しました。高さ690mmで取り付け部は130mmです。鉄脚はもともと無塗装だったので、インダストリアルテイストにするためつや消し黒で塗装します。

ダイニングテーブルDIY 鉄脚塗装1

最初にゴムキャップを外して中性洗剤で油分を取り、ミッチャクロンを下地塗装します。

ダイニングテーブルDIY 鉄脚塗装2

ミッチャクロンが乾燥したら、つや消し黒スプレーを裏表まんべんなく、数回に分けて吹き付けます。

ダイニングテーブルDIY 鉄脚塗装3

鉄脚の取り付け

鉄脚を天板の裏に取り付けます。

ダイニングテーブルDIY 鉄脚取付鉄脚の取り付け

完成

インダストリアルなダイニングテーブルの完成です。

ダイニングテーブルDIY 完成1

天板も一枚板のようにキレイに接合されています。
ダイニングテーブルDIY 完成1

制作を終えて

初めてのダイニングテーブル製作でしたが、天板の反り対策や表面処理をしっかり行わないと仕上がりに影響するため、対策に時間がかかりました。そのおかげで満足のいく、キレイな天板に仕上がりました。

鉄脚は雰囲気が出てとてもいい感じですね。今度はこのテーブルに合わせて、ベンチも作ってみたいなと思います。

おすすめ商品

鉄脚でダイニングテーブルも引き締まります。

ダボ穴の位置決めにとても便利です。

天板の圧着には900mmのクランプが3個あると確実に圧着できます。

天板の仕上げに人気のブライワックス(ジャコビアン)です。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る