≪DIYテクニック≫天板製作に◎ダボ接合を簡単に行う方法をご紹介

ダボ接合を簡単に行う方法

木材同士の接合方法はたくさんありますが、今回は「ダボ」を使った方法をご紹介します。板を何枚か合わせてテーブルの天板にする時など、ダボを使って接合すると強度が増します。

しかし、ダボ接合は位置合わせなど、正確に行わなければならないので、作業がとても大変です。そんなダボ接合を少しでも簡単に、そして正確に行う方法をご紹介します。

道具

ダボ接合の道具

  • 電動ドライバードリル&6mmドリルビット
  • ダボマーカー6mm(適宜)
  • ダボ6mm(適宜)
  • ドリルガイドキット(本体+金属ガイド6mm)
  • 木工用ボンド

ダボ接合のやり方

※今回はテーブルの天板製作を例にご紹介します。

下準備

テーブル天板などをダボ接合する場合は、「板の向き」「裏表」が分からなくなるとせっかくのダボ穴もズレる可能性があります。板の向きが決まったら、マスキングテープなどに目印を記入してミスを防ぎましょう。

ダボ接合の下準備

ダボ穴のマーキング

ダボ穴は板側面の中央に開けます。(今回は1バイ材を例に紹介します。)

ダボ穴の基準線

1バイ材なので、板厚19mmの半分9.5mmが基準線となります。木材に曲りや反りがある場合は、特に注意して各点で中心線を引き、穴の位置を決めます。

ダボ穴加工

ダボ穴加工には、ドリルガイド本体と金属ガイド(今回は6mm)を使用します。

ドリルガイド

ダボ穴は、ダボの長さの半分+2mm程の穴を開けます。今回はダボの長さが30mmなので、その半分の15mm+2mm=17mmの穴を開けます。

ドリルガイドの装着

ドリルガイド本体を装着し、まっすぐに穴を開けます。天板製作の場合は、4ヶ所ほど穴を開けてダボ接合します。

ドリルガイドキットでダボの穴開け

≪インパクトとの違いとは?≫電動ドライバードリルの使い方をご紹介!
DIYでインパクトドライバーと共に使う事が多いのが「電動ドライバードリル」です。電動ドライバードリルの特徴や購入する際のポイント、さらに一緒に使うと便利なアイテ...

ダボ穴のマーキング

全てのダボ穴を開け終わったら、ダボ穴にダボマーカーを差し込みます。

ダボマーカー1

ダボマーカーのセットが完了しました。

ダボマーカー2

反対側の木材を合わせて、マーカーを押し付け、印を付けます。

ダボマーカー3

マーキングする時は、反りや曲がりを押さえながら面を合わせましょう。

マーキングができました。

ダボマーカーでのマーキング完了

マーキングができたら念のため、中心線上に印があるか確認をしましょう。

ズレている場合は、マーキングライン上の中心点に印を付け直します。そして、今度は印ではなくドリルガイドキットを使いダボ穴を開けてしまいましょう。

ダボの埋め込み

木工用ボンドをダボ穴に入れ、ダボを打ち込みます。

ダボ埋め込み1

ダボは、木工用ボンドの水分で膨張し、しっかりと固定されます。多少緩くても膨張して固定されます。これがダボ接合の強度の理由です。

ダボ埋め込み2

ダボ接合

接合する木材の両面と、ダボ穴に木工用ボンドを塗布して表面をならし、接合します。

ダボ貼り合わせ

ダボが入りづらい時は、反対側の木材の側面に捨て板を添えて、木槌で軽く叩きながらしっかりと接合しましょう。(捨て板を当てて叩くことで、天板に凹みなどが付くのを防ぎます。)

ダボ接合が完了したら、3、4ヶ所をクランプやハタ金で締め付け、しっかりと圧着しましょう。(締め付ける場所は、画像の赤ライン上です。)

ダボ接合

ボンドがしっかり乾いたら、まるで一枚板のような天板が出来上がります。

まとめ

ダボ接合は、ダボ穴の位置の正確さが一番のキモです。ダボマーカーがあれば、それを容易に決める事ができます。しかし、木材は真っ直ぐでない場合が多く、微調整が必要なので慎重に行いましょう。

ダボ接合を習得すると、ツーバイ材などの板から天板などの広い板を作る事ができます。ダボ接合を習得して、ワンランク上のテーブル製作にチャレンジしましょう!

おすすめアイテム

ダボ穴の位置決めに便利なダボマーカーです。6mm用、8mm用が天板製作にオススメです。


真っ直ぐなダボ穴加工に必須となるドリルガイドキットです。ダボ穴開けの他、ホゾ穴を開けるときも使用するため、DIYに無くてはならないアイテムです。

ボンド固定の締め付けにはクランプやハタ金が便利です。


トップへ戻る