DIYレシピ

≪大工道具DIY≫ワインボトルのカットに便利!クラフトテープをオシャレにリメイクしよう♪

クラフトテープリメイク

どのご家庭にもあるであろう「クラフトテープ(ガムテープ)」。実はコレ、ワインボトルをガラスカッターでカットする際、とっても便利なんです!

でも、そのまま使うのは全然オシャレじゃない!DIYを愛する者として、クラフトテープをオシャレにリメイクしてみよう!

なんてことはない作業ですが、リメイクシートの貼り方のちょっとした参考になるかな?なんて思います(^^)

ワインボトルのカットについて

一般的にワインボトルをカットする際、専用の道具を使用します。

市販のガラスカッター

「カット」と言うより、ワインボトルに「傷」を付けて、熱湯→氷水を当ててパキンと割る仕様です。

ですがこれ、結構お値段するんですよね…。(3000円~)

しかし!ガラスカッターとクラフトテープさえあれば、専用道具のように簡単に「傷」を付けることができるんです!

ガラスカッターとクラフトテープ作業風景

ガラスカッターは1,200円~、クラフトテープは100均でも購入できるので、通常の半額以下でワインボトルDIYが楽しめます。

ですが、クラフトテープはそのまま使うと見た目がよろしくないので(個人的に)、セリアのリメイクシートを使って可愛くリメイクします!

クラフトテープについて

ワインボトルのカットには「ガムテープ」を使用しても問題ありませんが、クラフトテープの方が全体に「厚み」「重み」があります。

クラフトテープ

そのため、ガラスカッターの土台として安定的に使うことができます。

ワインボトルをはめ込んだ様子

クラフトテープは表面がスベスベしているので、そのままではリメイクシートが貼り付きません。そのため、クラフトテープを包んでいるカバーをそのまま取らず、その上からリメイクシートを貼っていくことにしました。

円形の物にリメイクシートを貼る際の参考になればいいなと思います。

リメイクシートの貼り方

ワインボトルをカットするとき、「どうゆう絵柄なら作業風景に自然と溶け込むかな?」と考え、大理石調かコンクリート柄で悩みました。

結果、コンクリート柄に決定!

コンクリート柄リメイクシート

クラフトテープの存在感を消しつつ、作業風景に溶け込むよう頭をひねるのは大工道具DIYならではだなぁと思います(・∀・)(好きです、こうゆう作業♪)

今回のリメイクは「底なしバージョン」です。(どうせ見えなくなるので)

底なしバージョン

まずは、円の部分を切り出していきます。クラフトテープは大体直径12cmくらいなので、少し大きめの14×14cmでシートを切り出します。

リメイクシート切り出し1

シートを裏返し、クラフトテープを置いて、内側と外側に円をなぞります。

リメイクシート切り出し2

さらに、身近にあったマスキングテープを中心に置き、さらに小さい円を書いておきます。(手書きでもOKです。)

リメイクシート切り出し3

一番小さい円をカッターでカットしていきます。

リメイクシート切り出し4

さらに、小さな円の周りを1cm幅に切り「ヒダ」を作ります。

リメイクシート切り出し5

外側の円は、線より1cm大きめにハサミで丸くカットします。そして、同じようにヒダを作っておきます。

リメイクシート切り出し6

あと、外側用に5×40cm、内側用に5×25cmをそれぞれ1枚ずつ切り出しておきます。

リメイクシート切り出し7

貼る際は、円から貼っていきます。ヒダを折ってしっかり貼り付けます。

リメイクシート貼り1

その上から40cmと25cmのシートを貼って、ヒダを隠します。

リメイクシート貼り2

あっという間にリメイク完了です!どうですか?クラフトテープが大変身しました!

(なんか石臼みたいになちゃっいましたけど…。まぁ、ヨシとしましょう( ´∀`))

使用方法

クラフトテープにワインボトルをはめ込みます。

ワインボトルをはめ込んだ様子

ガラスカッターを指で固定させ、ワインボトルをゆっくり回して傷をつけていきます。

カット方法傷

傷が付いたら、「熱湯→氷水」を繰り返すと、パキンと割れます。

熱湯→氷水成功2

クラフトテープを2個使うと、また違った大きさに仕上がります。

クラフトテープ2個

入れたい物に合わせて高さを変えられるので、2個常備しておけば便利だと思います♪

サイズの異なるボトルがカットできる

まとめ

ワインボトルDIYに必須となる作業「ボトルカット」。これができれば、ワインボトルを使ったキャンドルや照明、小物入れ、インテリア雑貨が作れます。

クラフトテープとワインボトルの ”奇跡的フィット感” から、その作業をより簡単に、そして安価に行うことができます。

リメイク自体はすごく簡単な作業です。そして、円形の物にシートを貼りたい場合は「ヒダ」を作ることが重要になります。

当サイトではリメイクシートを活用したDIYを多数ご紹介しています。いろんな使い方ができるので、興味のある方はぜひのぞいてみて下さい(^^)

関連記事→リメイクシート

【比較検証DIY】ガラスカッターで簡単にワインボトルをカットする方法
海外で大人気のガラスボトルDIY。私もやりたい!ガラスボトルを使って、カワイイ雑貨や照明を作ってみたい!そんな熱い気持ちから「よし!ガラスカッターを使ってワイン...

ご紹介した商品

1枚ガラスやワインボトルもカットできる便利な工具です。この工具があればガラスDIYが気軽に楽しめます♪

合わせて読みたいオススメ記事

最新情報をお届けします

この記事をシェアする

ツクモ

投稿者の記事一覧

築20年の賃貸アパートに住みながら、100均を駆使したDIYをエンジョイ中♪女性DIYerならではの視点で、プチプラ&手軽さはもちろん、誰もが「DIYって楽しい!」と思えるようなアイデアや情報を発信できるよう日々奮闘中!

好きな事:DIY、料理(栄養管理)、WEBデザイン
好きな言葉:「良質なコンテンツと良質なタンパク質」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

気軽にフォローしてね

サイト内検索

DIY初心者の方はこちら

新着記事

  1. インパクトドライバー用六角ビットサムネイル
  2. メイソンジャーペイントサムネイル
  3. 天空に浮いたウッドデッキ製作最終回サムネイル
  4. フェイク多肉植物の寄せ植えサムネイル
  5. ガラスボトルペイントサムネイル
  6. クラフトテープリメイクサムネイル
  7. ガラスカッターで簡単にワインボトルをカットする方法サムネイル
  8. ウッドデッキ製作裏話サムネイル
  9. 天空に浮いたウッドデッキ製作(製作編2)サムネイル
  10. 天空に浮いたウッドデッキ製作2
PAGE TOP