【タカラ塗料】ミニチュアDIYスタジオ製作!コンクリートエフェクトペイントに挑戦!

concreteeffect_title

当サイトのDIY作品をオシャレに撮影するため、以前webスタジオ背景を作りました。それに合わせて、床をコンクリート風の塗装にしたいなと思い、いろんな塗料を検索していたら見つけました!タカラ塗料さんの『Concrete Effect Paint(コンクリートエフェクトペイント)』という面白い塗料を発見しました。これはいいな!と思い即、発注。実際に使ってみた方法や感想をご紹介します。

タカラ塗料さんが丁寧な説明書を同封されていたので、その説明書とちょっとアレンジを加えて『tsukuro-motto web site studio』の床にしたいと思います。

コンクリートエフェクトペイントについて

タカラ塗料さんの『Concrete Effect Paint(コンクリートエフェクトペイント)50ml 3本セット』です。瓶もおしゃれですね。今後もお付き合い頂きたい塗料メーカーさんです。

concrete effect paint01

ただし、容量には気を付けて下さい!一番多く使うのは、『Cement gray(セメントグレー)』です。ベースになるカラーなので、多めの容量が必要です。

『Cement gray(セメントグレー)』

ベースとなる塗料です。全体に塗る基本色となります。塗料というよりはペースト状です。

concrete effect paint02

『Cement dark grey(セメントダークグレー)』

陰影を表現するための塗料です。5倍に薄めて使います。

concrete effect paint03

『Cement sand(セメントサンド)』

コンクリートに染み付いた”土汚れ”を表現する塗料です。こちらも5倍に薄めて使います。

concrete effect paint04

材料

  • コンクリートエフェクトペイント:50ml(3色セット)
  • ベニア板:530mm×790mm…12mm厚(作業台に合わせてカット済み)

▼以下アレンジ▼

  • 水性下塗剤:シーラー(ベニア板に塗料が吸い込み過ぎ対策&下地処理用)
  • 水性多目的ペイント(白系で下地用塗料用)

道具

  • 塗装ローラーセット
  • 塗料カップ(容器は紙コップなどでも良いです。)
  • サンドペーパー#400

作業工程

下地処理

今回は、530mm×790mmのベニアにコンクリートエフェクトペイントを塗装します。

しかし、購入したコンクリートエフェクトペイントが50mlのセットだったので、確実に足りない!と思いました。なので、下地処理は別の塗料で行い、その上にコンクリート塗装をする事にしました。

大きい板にコンクリート塗装をする場合は、ベースとなる『Cement gray(セメントグレー)』は200mlをお勧めします。

コンクリートエフェクト 下地1

下塗剤(シーラー)の塗布

下地処理は、下塗剤(シーラー)の塗布から始めます。シーラーを塗る事で、その上に乗る塗料の食い付きを良くするためと、ベニアへの上塗り塗料の染み込みを防ぐ事ができます。

コンクリートエフェクト 下地2

ベニア板は塗料が染み込みやすいので、塗料を何回塗っても仕上がらないというトラブルが発生します。なので、シーラーを先に塗る事でそのトラブルを防ぐことができます。

塗りムラは気にしなくていいので、豪快にたっぷり塗布します。

コンクリートエフェクト 下地3

多目的塗料の塗布

1時間ほど乾燥させたら、多目的塗料を塗布し下地を作ります。白色系を塗る事でこの上に乗せるコンクリートエフェクトペイントの仕上がりを良くします。

コンクリートエフェクト 下地4

1回目の塗布が完了しました。ベニア板は木目がなかな消えないので、3回ほど重ね塗りをしました。その後、3時間ほど乾燥させます。

コンクリートエフェクト 下地5

夏場だと、一度に厚く塗りすぎると乾燥時にヒビ割れを起こします。薄く、回数を重ねて塗る方がキレイに仕上がります。

乾燥したら、サンドペーパー#400で表面をならします。

コンクリートエフェクト 下地6

コンクリート塗装

ローラーでcement grey(セメントグレー)を全体に塗ります。開封時の粘度のままで使います。最後に5倍に薄めて全体に塗るので、少し残しておきます。

concrete effect paint05

乾燥後、ここでチョットアレンジ!

ステンシルを施しました。DIY作品の撮影用スタジオなので『2016 DIY website studio』と入れました。

concrete effect paint06

次にcement dark gray(セメントダークグレー)を水で5倍に薄めます。

concrete effect paint07

布に付けて軽くトントンと押し付けたり、ねじってみたりとまだら模様に塗布します。うまく出来るか若干心配。。。

concrete effect paint08

cement sand(セメントサンド)も5倍に薄めます。

concrete effect paint09

こちらも押し付けたり、ねじったりしてまだら模様になるように塗布します。

concrete effect paint10

最後に、5倍に薄めたcement gray(セメントグレー)を全体に塗ります。

concrete effect paint11

薄めたcement gray(セメントグレー)は、全体に膜を作るように、縦横に軽く乗せるように塗ります。

concrete effect paint12

完成

一晩乾燥させると、陰影が出てリアルなコンクリート風の表現が演出できました!

concrete effect paint13concrete effect paint14

DIYの楽しさ倍増!小さな撮影スタジオの製作裏舞台をご紹介!
tsukuroもっとのDIY製作は、いつもウッドデッキの青空スタジオで行っています。tsukuroもっとの理念は『DIYを通して、家族の絆と作る楽しさ(喜び)を提供する。』だか...

まとめ

最初はコンクリート風のイメージができず、『センスが必要かなぁ…』と思いながら作業しました。…が!意外と簡単にコンクリートの表現ができたのには驚きました。大胆にやった方がうまくいくのかなと思います。

ベース色はたくさん使うので、多めに準備する方が良いと思います。暗いコンクリートの塗装だと、cement dark gray(セメントダークグレー)をベースにしても良いと思います。慣れてくると色々な表現が楽しめそうな、優れもの塗料でした。

タカラ塗料さん、素敵な塗料をありがとうございました。

【タカラ塗料】コンガリーで面白DIY!こんがり焼けた食パン風を演出☆
塗料は使い方次第で様々な表現ができます。サビ加工やアンティーク加工はよく耳にしますが、『こんがりと焼けたような雰囲気』というワードに惹かれて早速GET!その名も...
【タカラ塗料】錆エイジング塗料で簡単アンティーク風リメイクDIYを楽しもう♪
アンティーク風の小物(雑貨)は、インテリアを際立たせてくれる名脇役。手持ちの小物を簡単にアンティーク調にリメイクできる、タカラ塗料さんの錆エイジング塗料をご...

タカラ塗料さんのサイトはこちらです→http://www.takaratoryo.com/

ご紹介した商品


フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る