【DIYカレッジ第6回】木材カットサービスを利用してみよう!~利用方法と注意事項を把握しよう~

tsukuroもっとDIYカレッジ第6回
前回のDIYカレッジ第5回では、DIY初心者にオススメのSPF材について学びました。本日の講義は、その木材をホームセンターで購入した際、ぜひ利用していただきたい便利な「木材カットサービス」をご紹介します。

木材の必要な寸法さえ事前に把握していれば、木材購入と同時にカットもしてもらえるので、帰宅後すぐに組み立てることができ、DIY作業の効率が上がります。(大物や長物は自分でカットするのは大変ですからね。)

このサービスは、プロDIYerも頻繁に利用している、とても便利なサービスです。DIY初心者の方にはハードルが高い…と思われる方もいらっしゃると思いますが、全然そんなことありません。

一つずつ詳しく説明していきますので、この講義終了後は気軽にカットサービスデビューができることでしょう♪

※2017/3/14追記

実際お仕事で木材カットを担当されているユーザーさんから貴重な情報をいただきました。
「カットサービスの注意事項」にて追記させていただきました。

それでは、本日の講義スタートです!

▼カリキュラム▼
第1回 導入編:DIYとは?
第2回 初級編:DIYに必要な工具
第3回 初級編:100均グッズで簡単DIY
第4回 初級編:ホームセンターに行ってみよう!
第5回 中級編:初めての木工DIYはSPF材がオススメ
第6回 中級編:木材カットサービスを利用してみよう!

『1時限目』木材カットサービスとは?

ホームセンターで購入した木材を、店員さんが希望通りの寸法にカットしてくれるサービスです。

ホームセンターの資材館(木材売り場)では、木材をカットする専用の場所があり、大物や長物の木材も一気に切断できる大型の機械があります。そこで、担当の店員さんがカットしてくれます。

カレッジ第6回 木材カットコーナー

『2時限目』カット料金について

木材カットサービスは、ホームセンターによって料金は異なりますが、大体1カット20円~となっています。(参考料金:カインズホームは1カット20円、D2は1カット30円)

材質による料金の違い

これまで「木材カットサービス」と説明してきましたが、実はホームセンターによっては木材以外もカットしてくれる所があります。

ベニア板はもちろん、アルミ材や塩ビ管などもカットしてくれるホームセンターもあります。各お店にカットメニューがあるので、そこでチェックしてみてください。

カレッジ第6回 木材カット料金表

カットの合計金額について

店員さんによっては、①同じサイズの木材を重ねてカットしてくれるもいれば、②1枚ずつカットする方もいます。ですので、カット料金は「事前に確定しにくい」という点があります。

カットをお願いするとき、事前にカット料金が合計いくらになりそうか店員さんに聞いてみるのも良いでしょう。(1カット自体の料金が安いので、合計金額もさほど高くならないと思います。)

カレッジ第6回 木材カット回数と料金

『3時限目』依頼するタイミングについて

カットサービスを利用する場合は、2種類の依頼方法があります。

前払いタイプ

購入する木材が決まり、レジで会計を済ませるときに依頼するパターンをご紹介します。
このようなパターンは、レジの近くにカットコーナーがある場合が多いです。会計後、スムーズにカットに移行できるよう動線上にカットコーナーがあります。

会計時に「カットもお願いします」と言えば、店員さんが「何回カットしますか?」と聞いてくれるので、必要なカット数を伝え、カット料金も含んだ金額を支払います。

場合によっては、カット料金のみ後払いになるときもあります。

その後、カット数が書かれた紙を持っていき、カットしてもらいます。

カレッジ第6回 木材カット料精算表

カット数が当初より多くなった場合は、オーバーした分を後で支払います。

後払いタイプ

上記とは違い、レジ近くにカットコーナーがなく、木材売り場のすぐ近くにカットコーナーがある場合は、会計前にカットだけをお願いします。

店員さんが常駐していないので、インターホンを押して店員さんを呼びます。店員さんが来たら、同じようにカットを依頼し、必要なカット数を伝えましょう。

カレッジ第6回 木材カットインターホン

カットが終了したら、店員さんがカット料金を書いた紙を手渡してくれるので、それをレジに持っていき木材とともに会計を済ませます。

どちらの場合も、どのタイミングで依頼すれば良いか判断に迷ったら、一度レジやサービスカウンターで店員さんに尋ねてみましょう。「カットをお願いしたいのですが…」と声をかければ、しっかり誘導してくれるので安心してください。

『4時限目』分かりやすく伝えよう

カットを依頼するとき、店員さんに「○×○mmを▲本、□×□mmを△本」と口頭だけで説明すると、聞き取りミスや伝え漏れが発生してしまいます。

店員さんに分かりやすく正確にカットしてもらうために、手書きの図面を手渡して、それを見せながら「○×○mmを▲本、□×□mmを△本カットしてください」と伝えましょう。

カレッジ第6回 手書きメモ

『5時限目』カットサービスの注意事項

木材カットサービスを利用する際は、下記に挙げる点にご注意ください。

事前に木材と寸法を決めておく

カットサービスを利用するには、事前に「どれくらいの長さが必要か」が分かっていないと依頼できません。手書きの図面で良いので、紙に書き出しておきましょう。
(カット直前で悩んだりしていると、店員さんも次のお客さんにも迷惑がかかってしまいますからね。事前の準備が大切です。)

できるカット&できないカット

できるカット

カットは直線のみが基本です。図面に基づいた精密なカットはできません。(曲線も含む)

できないカット

板の厚さを薄くするカットはできません。太い角材などはお店によってはカットしてくれるかもしれません。まずは、できるorできないを店員さんに尋ねてみましょう。

カレッジ第6回 カットができるかできないか

寸法は精密ではない

カットしてくれる店員さんは、有資格者の方と、アルバイトやパートの方など様々です。アルバイトやパート店員の方にカットしてもらうと、プロではないので寸法に誤差が出てしまう場合があります。

さらに、有資格者の方でも寸法が精密ではない場合もあります。

カット直後にそれに気づいた場合は、もう一度店員さんに再カットできるか聞いてみましょう。自宅に持ち帰って気づいた場合は…自分で寸法を合わせるしかないですね。。。

カレッジ第6回 木材カット寸法ミス

大きめの木材を購入しよう(2017/3/14追記)

実際ホームセンターで木材カットを担当されているユーザーさんからの情報です。

木材カットは、資格の有無に関係なく、人がカットするものです。

どうしても多少の誤差は出ますし、カットするときに、なくなってしまう(木くずになってしまう)部分が、木材によって違うので、半分に切ることは困難です。

例えば、250ミリのものは、125ミリが2枚には、ならないのです。カット数が多くなればなるほど、なくなってしまう部分が増えていきますので、余裕をもって大きめの木材をお求めいただきたいと思います。

※コメント欄より抜粋

しっかり寸法を測ってカットしていても、人の目で判断し作業しますので、どうしても「誤差」が出ます。

さらに、カットする機材の刃には「厚さ」があります。(1mm以上はあります)
その「刃の厚さ」や、カットすることで木くずとなり「なくなってしまう」分があるということですね。

正確に切ってもらいたい場合は、なくなってしまう部分も含めた「大きめの木材を購入することが大切」とアドバイスいただきました。

1カットでどのくらいなくなってしまうのかは、お店のパネルソーの刃にもよると思うので、お店で確認していただけたらと思います。

※コメント欄より抜粋

やはりどんな場合も、「疑問に思ったことはお店の方に気軽に聞いてみる」ことが大事ですね。

現場の生の声となる、貴重な情報を教えていただきました。本当にありがとうございました(*^^*)

持ち込み木材はNG

木材カットサービスは店内で購入した物に限ります。手持ちの木材のカットは対象外となりますのでお気をつけ下さい。

ホームルーム

今回は便利な木材カットサービスについてご紹介しました。何よりも一番大事なのは、ホームセンターに行く前にしっかり製作する作品の寸法を把握することです。

カットの流れが把握できれば、あとは勇気を持って「カットをお願いします。」と依頼するのみ!

自分でカットすると結構時間を要してしまいますよね。おまけに、DIY初心者さんはノコギリで真っ直ぐ切れない…という悩みもあるかと思います。

サクッとDIYを楽しみたい場合は、ぜひ木材カットサービスを利用してみてください。カット時間を短縮できれば、休日の限られたDIYタイムを有意義に過ごせると思います。

(女性DIYerさんへ)
女性の方は、はじめは少し戸惑ってしまうかもしれませんが、安心してください。私はいつも男性客に混じってカットサービスを利用しています。(それはそれは堂々たる姿で!)

私以外でも、最近は女性のお客さんも利用しているので、臆することなく勇気を出して気軽に利用してみてください♪

一回依頼してしまえば、その手軽さにビックリすること間違いなしです♪

カレッジ第5回 カレッジ第7回

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

コメント

  1. アロハ より:

    某ホームセンターで仕事をしています。
    木材のカットについて、付け加えていただけたら嬉しいことがあります。
    木材カットは、資格の有無に関係なく、人がカットするものです。どうしても多少の誤差は出ますし、カットするときに、なくなってしまう(木くずになってしまう)部分が、木材によって違うので、半分に切ることは困難です。
    例えば、250ミリのものは、125ミリが2枚には、ならないのです。カット数が多くなればなるほど、なくなってしまう部分が増えていきますので、余裕をもって大きめの木材をお求めいただきたいと思います。
    1カットでどのくらいなくなってしまうのかは、お店のパネルソーの刃にもよると思うので、お店で確認していただけたらと思います。
    以上、よろしくお願いいたします。

    • ツクモ より:

      コメントありがとうございます!ツクモです。

      現場の生の声はとても貴重な情報です。
      ありがとうございます(^^

      確かに「誤差が出る」というのは、
      実体験で私も記憶に新しいです。

      さらに、初心者だと「カットは正確にやってもらえる」と
      思ってしまいますが、実際はおっしゃる通り
      「刃の厚さ」だったり「なくなってしまう部分」がありますね。

      カットしている現場を目の前で見ることができないので
      なおさらイメージし難いかもしれません。
      (自分でノコギリカットすると、刃の厚さなど理解できますが)

      ・余裕を持って大きめの木材を購入すること
      ・1カットでなくなる量を聞いてみる

      上記の内容を後ほど記事に追記させていただきます。
      有益な情報をありがとうございました。

      今後も当サイトを宜しくお願い致します(^^)/

トップへ戻る