【木箱DIY】洗剤を入れるクリーンツールボックスを作ろう!【図面あり】

クリーンツールボックストップ画像
【図面PDFダウンロード可能】男前トイレ化計画の一環として、トイレ用洗剤を入れるクールな木箱「男前Clean Tool Box(クリーンツールボックス)」を作成しました。若干のミスはありましたが、とても雰囲気の良い箱ができました。

材料

木箱DIY  部材の切り出し

  • SPF1×8材:910mm…4本
  • SPF1×2材:910mm…1本
  • コーススレッド:スリム30mm
  • ジェルカラーニス(ウォルナット)
  • 工作用カラー(ブラック)
  • アンティーク取手:セリア産(付属ビスつき)
  • アーチ型留め金:セリア産(付属ビスつき)
  • 蝶番:2個(付属ビスつき)
図面ダウンロードはこちら
※別ウィンドウで開きます。

道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規
  • メジャー
  • 差し金
  • インパクトドライバー
  • カンナ
  • サンドペーパー(#100)
  • ステンシルセット
  • マスキングテープ(普通&幅広タイプ)
  • エアーブラシ一式(なければスポンジなどで代用可)

DIYレシピ

下準備

SPF1×8材の部材を切り出す前に、直角面を作ります。丸ノコ定規を使い寸法取りの基準となる直角面を作ります。

木箱DIY 部材の切り出し 丸ノコ定規

ツーバイ材は切り口がバラバラで直角とは限りません。そのまま寸法を測ると、全部寸法が合いません。なので、切り口をきれいに切り落とします。

木箱DIY 部材の基準面加工

部材の切り出し

現物で確認しながら切り出す寸法を確認します。

木箱DIY 採寸

切り出すサイズ
縦板( SPF1×8材) 319mm…6枚
底板(SPF1×8材) 330mm…1枚
フタ(SPF1×8材) 165mm…2枚

SPF1×8材の寸法(横幅184mm×厚さ19mm)をそのまま使用して、重ね方で切り出す寸法を決めました。

木箱DIY 採寸2

縦板同士を繋ぐSPF1×2材と、フタ同士を繋ぐSPF1×8材は現物に合わせて切り出します。

木箱DIY 現物あわせ

組み立てる前に、切り出した部材の底板や板同士の合わせ目を塗装します。

木箱DIY 塗装

合わせ面を先にある程度塗装しておくと、組立て後の色塗りでムラが出にくくなります。

箱の組み立て

縦板をつなぐ木材は、現物合わせですがSPF1×2材を330mm切り出して使います。

木箱DIY 組み立て

切り口の合わせは箱の上面でそろえます。底面は多少ズレが出ますが、最後にカンナで整えます。

木箱DIY  組み立て3

上面の切り口を合わせ、縦板を固定していきます。コーススレッドは、30mmのスリムタイプを使いました。

クリーンツールボックス

スリムタイプのコーススレッドは、木材の端側で留めても木材が割れにくいです。

縦板と底板の組み立てが完了しました。

木箱DIY 組み立て4

最後に、側面の合わせ目や底面の切り口の段差をカンナで整えます。

木箱DIY カンナ処理

フタの組み立て

SPF1×8材を2枚使ってフタを作ります。その2枚を留める木材をフタ裏用に加工します。

今回はSPF1×8材を使います。棒状の木材で留めてもいいのですが、見た目の一体感を大切にしたいと思いSPF1×8材を選択しました。

木箱DIY 蓋製作

フタの開け閉めのときに引っかからないよう、カンナで面取りを行います。

木箱DIY 蓋製作2

面取りが終わったら、フタの左右上下が同じ寸法になる位置でフタを固定します。

木箱DIY 蓋製作3

コーススレッド30mmで固定します。

木箱DIY 固定

箱としての組み立てが完了しました。

木箱DIY 箱部完成

部品の取り付け

収納箱としての機能を追加します。

セリアで購入したアンティーク取手、アーチ型留め金、そしてホームセンターで購入した蝶番を取り付けます。

木箱DIY 蝶番と取手

蝶番は、取り付ける物の重量や取り付ける板の厚さを考慮して選びましょう。

各部品の取り付けには付属のビスを使います。ビスが小さいので、通常使うインパクトのビット2番ではなく1番を使います。

木箱DIY 蝶番取り付け2

さらにトルク調整ができるインパクトドライバーの場合は、弱めに設定します。

トルクとは、ネジを締めつける力のことを指します。

蝶番から取り付けます。最初に2mm前後のドリルビットで下穴を開けます。

木箱DIY 蝶番の取り付け

蝶番の取り付け穴の中心に下穴を開けます。

IMG_4062

付属のビスを、打ち込みすぎないように注意しながら取り付けます。蝶番の取り付けが完了したら、フタの開閉に問題がないか確認します。

IMG_4066

アンティーク取手も同様に取り付けます。

木箱DIY 取手の取り付け

アーチ型留め金は、上下別々に取り付けるのではなく、上下の部品をつなげた状態で取り付けるのがコツです。そうすれば、後でロックできないというハプニングを防止できます。

木箱DIY 完成

いかがでしょうか?いい感じです。

木箱DIY 完成2

ステンシル施工

最後にステンシルで文字を入れていきます。今回使ったのは、紙製ステンシルシートの大文字と小文字です。

ステンシルシート

ステンシルシート同士をマスキングテープで固定して、さらに幅広のマスキングテープで汚れ防止をします。

ステンシルマスキング

ステンシルは、スプレーやスポンジなど様々な表現方法がありますが、今回はエアーブラシを使いました。あまり使わない道具ですが、スプレー缶より細かい幅で吹き付けれるので、ピンポイント塗装に向いています。

ステンシル エアーブラシステンシル エアーブラシ2

《ステンシルDIY》自作シートの作り方や便利なスタンプをご紹介!
ステンシルは、DIYで家具や木箱を作った後の仕上げには欠かせない加工ですね。男前スタイルの演出や、普通の板にステンシルをするだけでもかっこいいディスプレイになり...

完成

完成しました。なかなかクールな「Clean Tool Box(クリーンツールボックス)」に仕上がりました。

木箱DIY 完成4

掃除用具もバッチリ収納可能です!

IMG_4088

男前トイレットペーパーホルダーとツーショットです。

IMG_4089

製作を終えて

木箱の制作は簡単でしたが、ステンシルをするだけでとてもクールな感じになるので、満足感が高い作品になりました。

掃除用具入れだけではもったいないので、他の用途としても使えるボックスを作りたいと思います。

ご紹介した商品

コメント

  1. サキ より:

    はじめまして!
    女性ですが、DIYを最近始めたばかりなのでとても参考にさせてもらってます!
    アンティーク風とってもステキですね!女性でもここまで作れるか不安ですが・・・。
    私はまだ独身ですが(汗)、自分の趣味でご家族も喜んでくれるのは幸せですよね。
    これからも楽しみにしてます♡

    • tsukuro-motto より:

      コメントありがとうございます!
      今度、基本的な箱の作り方等も掲載しますね。
      DIYは失敗も味ですから、気楽に楽しみましょう〜。

トップへ戻る