【DIY基礎知識】正しい丸ノコの使い方で安心・安全なDIYを楽しもう!

circularsaw_title
DIYを楽しむ上で欠かせないアイテムが『丸ノコ』です。木材の直線を切る道具として、使い方を覚えると手放せないくらい便利です。ただし、電動工具の中でも一番と言っていい程、間違った使い方をすると危険な道具でもあります。

正しい使い方をマスターして、快適なDIYライフを楽しみましょう。

価格帯

参考価格
アルミベース(刃径165mm) 10,000円前後

名称

IMG_4497

<ベースプレート>
アルミ製と鉄プレス製があります。購入する際は、精度が良いアルミ製ベースプレートがオススメです。

<墨線ガイド>
角度0度と45度の位置にガイドマークがあります。ただし、目安とした方が良いです。

<傾斜用角度調整ネジ>
刃の角度を傾斜させて決断するときに調整します。角度の確認はスコヤを使います。

IMG_4498

<出幅調整ロック>
切断する木材の厚さに合わせて刃の出幅を調整します。

<安全ガード>
丸ノコの取り回しの中で、ケガを防止するために刃をカバーしています。常に機能するか確認しましょう。

安全な使い方

事前の注意点

切る寸前までコンセントを抜いておきましょう。刃の調整をする時にはコンセントを抜いて行う。

②切断する時には、電源コードが引っかかっていないか確認をしましょう。

③台と台の間で切断をしてはいけません。キックバックが発生して丸ノコが暴れます。

IMG_4535

キックバックを防止するには、台を使わず捨て板(切断する木材と同じ大きさ、もしくはそれ以上の大きさの下に敷く板)を敷いて切断しましょう。
捨て板を敷くことで切り口もきれいになります。

捨て板は木材以外でも、安価な発泡スチロールやスチレンボードでも代用できます。

IMG_4534

刃の出幅調整

刃の出幅は、切断する木材+2mm程度に合わせます。

IMG_4504

刃の垂直確認

傾斜用調整ネジに目盛が付いていますが、目安として差し金やスコヤを使って確認します。

IMG_4536

各種ガイド紹介

直角定規

正確な直角や角度で切る場合は『ガイド』が必要です。任意の角度に分度器を合わせてロックし、切断する木材に当てて丸ノコを沿わせるだけで正確な切断ができます。

IMG_4532

丸ノコのベースプレートが治具(ジグ)の側面に沿って真っ直ぐ進むので、正確な切断ができます。

IMG_4530

治具とは、加工や組立の際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称のことを言います。

平行定規

幅の細い板材が必要になった時は、平行定規を使うと簡単に切り出せます。丸ノコの購入時に付属で付いてくる平行定規をそのまま使っても構いませんが、細い木材を購入し、取り付けるとより安定した切断ができます。

IMG_4499

切断する際は、切断したい板の幅に合わせて、平行定規の内側の面と刃の間の寸法を調節します。

IMG_4501

切断する際のコツは、常に平行定規を木材の端にぴったりと添わせていくことを意識して切断します。

IMG_4502

刃の交換

長く丸ノコを使っていると、切れ味が悪くなったり、切断スピードが落ちたりします。その時は無理をせず刃を交換しましょう。

IMG_4520

刃の外し方

①刃のロックボタンを押して、ボルトを緩めます。

IMG_4522

②緩んだら手で回してボルトを外し、アウターフランジを外します。

IMG_4523

③アウターフランジが外れると、刃はそのまま外れますので、そのまま新しい刃と交換します。

IMG_4525

刃の取り付け方

刃を取り付けるときは、本体の矢印と刃の矢印の向きを合わせます。あとは、刃を外した逆工程で取り付けます。ボルトはキツく緩まないように締め付けます。

IMG_4528

まとめ

丸ノコはDIYにおいて無くてはならないアイテムです。大きい音も出るため「扱うのが怖い」という印象を持たれがちですが、正しい知識を身に付ければ男女問わず安全に扱うことができます。作業効率も格段にアップしますし、大物DIYをする際は必須となるアイテムです。

丸ノコがあればレベルアップしたDIY作品も作ることができます。ぜひ正しい知識を身につけて、安心・安全に丸ノコを使用してください。

≪大工道具DIY≫簡単真っ直ぐ切断!丸ノコガイドを自作しよう!
丸ノコで真っ直ぐ切るために使用する便利道具「丸ノコガイド」。ベニアなど横幅や長さのあるものを真っ直ぐ切り出す時には、その長さに合った丸ノコガイドを用意する必...

ご紹介した商品

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る