【棚DIY】DIY初心者入門!基本的な棚板の作り方をマスターしよう

IMG_3214
一枚の板を棚に加工する方法を紹介します。板をそのまま使う方法もありますが、両端を少し加工するだけでDIYとは思えないクオリティの高い作品に仕上がります。

この棚板の作成は全てのDIYに関連していきますので、初心者の方はまずは一枚の板を加工する方法を習得することをオススメします。可動レールを使用すると、本格的なカフェ風棚を作ることができますよ。ぜひお試し下さい。

材料

可動棚材料

  • パイン集成材:厚さ18mm×長さ1,500mm…2本
  • ボタンビス:M4 15mm…8個
  • 防腐塗料:ガードラック(マホガニー)
  • 着色調整用:ウレタンニス(ウォールナット)
  • 仕上げ用:ウレタンニス(クリアー)

道具

  • 丸ノコ
  • 直角定規
  • 差し金
  • ノミ
  • 金づち
  • 紙やすり(#100、#300、#600~800)
  • 刷毛
  • インパクトドライバー

DIYレシピ

木材の切り出し

板の両サイドを斜めにカットするため、罫書き線を入れます。

DIY 棚板加工1

ノミで荒削りして、紙やすり#100で整えます。このような斜め線はノコギリや丸ノコでは切りづらいので、ノミで丁寧に削っていきます。

DIY 棚板加工2DIY 棚板加工3

ホコリを取り除いて固く絞った雑巾で表面を拭きます。(塗装した時に面が荒れるのを防止します。)

DIY 棚板加工4

すると表面が凸凹してきます。さらにもう一度#300の紙やすりがけをして面を整えます。

DIY 棚板加工5

塗装

塗料を布で塗り込みます。今回はガードラックを使用しました。

DIY 棚板塗装1

大胆にそして繊細に塗ります。たくさんつけるよりは擦りつける感じで、ムラが出ないように注意します。着色完了です。

DIY 棚板塗装2

乾燥させます。裏が乾燥したら表を同じように塗ります。ウレタンニス(着色用)で塗装します。

DIY ニス塗装1

着色用なのでムラが出ないように注意が必要です。ニスが垂れた場合は、乾く前になぞり取りましょう。

着色用はよく混ぜてから使いましょう。

DIY ニス塗装2

乾燥したら、仕上げ用の紙やすり(#600~#800)をかけてホコリを取ります。ペーパーでの磨き傷がありますが、下側だから気にしません。

DIY 棚板塗装4

仕上げ用はシンナーで少し伸ばしたウレタンニスで塗ります。

完成

乾燥したら可動棚にボタンビスで取り付けして完成です!

DIY 棚板取り付け1

まとめ

一枚の板に色を塗るより、両端に角度が付いているとプロっぽく仕上がります。今回は着色用を併用しながら塗装しましたが、出来れば色を着色ステインで付けてクリアーニスで仕上げる方が無難です。 つや消しに仕上げる場合もツヤありクリアーニスを1度塗って、2度目につや消しクリアーニスを塗ります。
※つや消しクリアーだけだと白くカビのようになります。

ぜひ一度お試し下さい。

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る