100均シリーズ

≪DIY初心者入門≫100均木箱でブルックリン風小物収納を作ろう♪

ブルックリン風小物収納

100均木箱リメイク(カッティング)シートを使って、誰でも簡単にできるブルックリン風小物収納を作ろう♪

今回の作品は全てセリアパーツで作ることができます。また、釘も電動工具も使わないのでDIY初心者さんにオススメ!塗装も含めて3~4時間でパパっと出来る、お手軽DIYです♪

材料

  • 板:45×15cm…1枚
  • 木箱:3つ
  • リメイクシート(オールドウッドA)
  • アンティーク風吊り金具
  • ブリキプレート
  • フレークシール
  • 塗料1:ヌーロ(ダークグレー)
  • 塗料2:ターナーミルクペイント(ダストメディウム)

道具

  • カッター
  • 金物定規
  • 押さえヘラ
  • 刷毛
  • サンドペーパー#240、#400
  • 強力両面テープ:塩化ビニル用、一般材料用

DIYレシピ

リメイクシートのカット

板にリメイクシートを貼って、簡単にオシャレな板を作ります!今回使用するリメイクシートは、オールドウッドAというデザインのものです。

板にリメイクシートを貼る

まずは、デザインのどの部分が良いか検討します。継ぎ接ぎのある部分が、雰囲気良さそうですね↓

デザインを決めよう

使用する部分が決まったら、大きめにリメイクシートを切り出します。

リメイクシートを大きめに切り出す

一度板に巻いてみて、デザインが希望の位置に来るように調整します。

板にリメイクシートを巻いてみる

裏側の余分なシートは切り落としてしまいましょう。

余分なリメイクシートを切り落とす

次に、リメイクシートを板の大きさに合わせてカットしていきます。まずは、板を定規代わりにして、上下の端と左右に線を引きます。

板を定規代わりにして線を引く

板を外して、先程書いた線を延長させます。

引いた線を延長させる

余分な部分をカッターで切り落せば、シートの下準備は完了です。

余分な部分を切り落とす

リメイクシートを貼る

それでは早速シートを貼っていきます。まず、左側の裏紙を少しだけはがし、端の部分だけシートをペタッと板に貼ります。

リメイクシートを端から貼っていく

板を裏返し、押さえヘラを使って空気を追い出すようにシートを貼っていきます。

空気を追い出すように貼る

前面を貼り終えるとこんな感じです↓

板を裏返す

上下のシート部分を貼るときは、板の側面にたるみができないように、シートを軽く引っ張りながら貼っていきます。

リメイクシートをピーンと伸ばしながら貼る

全ての面を貼り終えたら、はみ出している部分をカッターで切り落とします。

はみ出た部分はカッターで切り落とす

オールドウッド調の板が完成しました!素晴らしいクオリティ♪

オールドウッド調の板が完成

木箱の塗装

100均の木箱はササクレやザラザラ感があるので、まずはしっかりとサンドペーパー#240でヤスリがけを行います。

木箱をヤスリがけする

≪DIYにこの番手≫紙やすり(サンドペーパー)の使い方と選び方をご紹介!
紙やすり(サンドペーパー)は木工DIYでは必需品です。木材の切り口を滑らかにしたり、角や表面を滑らかにしたりと、スベスベの木の質感を表現するには欠かせないアイテ...

ベースの色は、ウーノのダークグレーを使って塗装していきます。

木箱をダークグレーに塗装する

塗料が乾燥したら表面がまたザラついてくるので、なでるようにサンドペーパー#400を滑らせます。

表面をヤスリがけする

ベースの色を塗り終えました。この塗料は匂いがなく、とっても使いやすい塗料でした。しかも、1度塗りだけで仕上がったのにはビックリ!

木箱の塗装完了

このままの色では味気ないので、ターナーミルクペイントのダストメディウムで汚れ感を出します。

ダストメディウムで汚す

布に取って叩くように付けると、雰囲気良く仕上がります。

パーツの取り付け

板に吊り金具を2個、付属のネジで取り付けます。

吊り金具を取り付ける

ブリキプレートは強力な両面テープで貼り付けていきます。(塩化ビニル用を選んでみました。セリア産)

ブリキプレートの取り付け1

取れないように「これでもかっ!」というくらい貼ってみました。

ブリキプレートの取り付け2

木箱も同じく強力な両面テープで貼り付けます。(一般材料用。こちらもセリア産)

木箱の取り付け1

背板の部分に2列ほど貼ってみました。

木箱の取り付け2

完成

バランスを見ながら各パーツを板に貼り付けたら、ブルックリン風小物収納の出来上がりです!お疲れ様でした♪

ブルックリン風小物収納の完成

フレークシールを貼って遊んでみました。

両面テープを使用しているので、軽いものを入れるようにしてくださいね。(1日くらいは何も入れず、しっかり接着させた方が良いそうです。by両面テープ説明書)

製作を終えて

今回の作品は、リメイクシートの種類や木箱の色合いを変えるだけで、様々なテイストに変えることができます。板に木目柄のリメイクシートを貼るという斬新なやり方ではありますが(笑)、手軽にクオリティの高い演出ができるので「やっぱりリメイクシートは手放せないぜ★」と改めて思いました!

休日のちょっとした時間にできると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください♪

ご紹介した商品

ヌーロのダークグレーは、ブルックリン風や男前テイストにピッタリの色合いです。匂いもなく、絵の具感覚で使用できるので塗装が楽でした。

ダストメディウムは布に含ませ、擦ったり叩きつけながらホコリや汚れ感を演出できる塗料です。細かい粉が含まれているので、ザラつきのある質感に仕上がります。

100均シリーズ

合わせて読みたいオススメ記事

最新情報をお届けします

この記事をシェアする

ツクモ

投稿者の記事一覧

築20年の賃貸アパートに住みながら、100均を駆使したDIYをエンジョイ中♪女性DIYerならではの視点で、プチプラ&手軽さはもちろん、誰もが「DIYって楽しい!」と思えるようなアイデアや情報を発信できるよう日々奮闘中!

好きな事:DIY、料理(栄養管理)、WEBデザイン
好きな言葉:「良質なコンテンツと良質なタンパク質」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

気軽にフォローしてね

サイト内検索

DIY初心者の方はこちら

新着記事

  1. メイソンジャーペイントサムネイル
  2. 天空に浮いたウッドデッキ製作最終回サムネイル
  3. フェイク多肉植物の寄せ植えサムネイル
  4. ガラスボトルペイントサムネイル
  5. クラフトテープリメイクサムネイル
  6. ガラスカッターで簡単にワインボトルをカットする方法サムネイル
  7. ウッドデッキ製作裏話サムネイル
  8. 天空に浮いたウッドデッキ製作(製作編2)サムネイル
  9. 天空に浮いたウッドデッキ製作2
  10. マクラメハンギングサムネイル
PAGE TOP