【DIY BACKYARD】車用トランク中敷棚を作る。実測は正確に。

こんにちはmottoです。

日頃お世話になっている先輩からのご依頼です。

『トランク内の棚を作ってくれない?』

『いいですよ!任せてください!』

出ました。いつもの即OK。

mottoの得意技です。

トランク中敷の下見と採寸

先輩のお宅に到着。

『この部分に中敷が欲しいのね。出来る?』

『あ〜大丈夫ですよ。違和感ない感じに考えてみますね。』

blog_トランク内の中敷棚

早速、採寸して大まかな大きさを把握します。

『幅が840mm、奥行きが720mmと。厚さは〜16mmくらいかな。』

トランク中敷の大きさに合わせた中敷棚を作って、現物合わせでRカットすればイケるな。

あとは、内装に似た生地があるか。が問題だな。

よし!生地探しだ!

内装に似ている生地探し

基本、部材や部品を探すときはamazonメインで検索しながら探します。

う〜ん。合皮とかチンチラしかないなぁ。

(チンチラ貼ったら、先輩怒るかなぁ。)

難航する内装生地探し。

(ダメ元で手芸店行ってみるか。)

手芸店は結構なアウェイ感。

どこに何があるかも分からない手芸店をウロウロしてると。

おっこれは!!

黒いし、毛羽立ってる感じに、程よい伸縮性!

見つけました。さすが手芸店!今後はホームと致します。

blog_内装生地

さぁ、問題の生地が見つかったので安心して製作には入れます。

トランク中敷棚の製作♫

問題の生地も見つかったのでトランク中敷棚のボードを製作です。

厚さが16mmなので、ベニア4mmと9mm+生地厚2mm=15mmと誤差。という感じで進めます。

blog_トランク中敷の材料

中敷棚は軽さが必要なので、強度と軽さのバランスを検討。

重量が掛かるであろう所に骨組みを入れて行きます。

blog_トランク中敷構成

4mmベニアに9mmベニア骨組みを接着。

固定はクランプ使いますが、足りない時はレンガ。

押さえれればいいんです。溶岩レンガは重いので威力十分。

blog_トランク中敷構成2

さ〜ボードが出来たぞっ!

Rカット想定部分は骨組みを増やしてあるので、カットしても大丈夫。

想定の範囲内ですっ!

blog_トランク中敷寸法

衝撃の事実とプチ挫折。。。反省

意気揚々と先輩のお宅に到着。

『先輩、あとは現物合わせでカットして生地張れば終わりですよ。』

『了解。宜しくね。』

新聞紙を使ってR部分の型を取ります。

blog_トランク中敷型取り

新聞紙のRをボードに移して、ジグソーでカットします。

blog_ジグソーでRカット

ガーガー。よしっ!

片側カット完了したので、合わせてみます。

んっ?あれっ?

どうしたのでしょう。ボードが入りません。

ど、どういう事?

なんの冗談でしょう。

メジャーで計ってみます。

えーっ!?

63.5mm!?

blog_トランク寸法

やってしまいました。

採寸ミスです。

奥行き63.5mmなのにナゼか72.0mmと。。。

丸ノコも持ってきてませんし、骨組みがズレてます。

『先輩。。寸法が合わないです。修正が必要です。』

『珍しいね。どうしたの?』

『単純な採寸ミスですね。。。』

車の内装は直線と思ったら、緩やかなカーブだったり。平面かと思ったら膨らんでたり。

特に車の部品や内装を採寸する時には注意が必要です。

何を勘違いしたかはわかりませんが、現物と照らし合わせしながらの製作が良かったと反省しました。

次回はリベンジですっ!

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る