≪DIYテクニック≫トリマーで簡単にアラレ組みを作る方法をご紹介!

トリマーでのアラレ組み加工
木箱を作る時などに、四角い継手を交互に出して接合する方法を「アラレ組み」と言います。

日本酒のマスなどにも使われる強固な接合方法ですが、ノコギリとノミで作るのは難しい技法となります。そのアラレ組みを、トリマーとテンプレートを活用する事で簡単に作る事ができます。

今回は9mm厚のシナベニア合板を使って、アラレ組みを行う方法をご紹介します。

道具

アラレ組み加工に必要な道具

  • トリマー(テンプレートガイド、6mmストレートビット)
  • スパナ
  • クランプ各種
  • 自作テンプレート

手順

トリマーの準備

トリマーのベースプレートを外して、テンプレートガイドを取り付けます。

トリマーテンプレートガイドの取り付け

6mmのストレートビットを取り付けます。ビットの出し量は、テンプレートガイドと合わせてホルダーで調整します。

トリマーテンプレートガイドのビット調整1

今回は9mm厚のシナベニアのアラレ組みなので、自作テンプレート下で9mmになるようにホルダーを調整します。

トリマーテンプレートガイドのビット調整2

切削準備

アラレ組みを行う場合は、「テンプレート台→捨て板→工作部材(2枚重ねて)」の順で組み付けます。(※工作部材…アラレ組み加工を行う部材のこと)

アラレ組みの準備

上記のものを作業台に固定します。テンプレートの奥側は、ビットとの差が2mmあります。

トリマー2mmの隙間

捨て板の半分までが切削できるように、厚さや位置の調整をします。

アラレ組みの位置関係1

アラレ組みの位置関係2

クランプ留めをする場合は、工作部材が傷付かないように当て板を施します。

アラレ組みの位置関係3

ベニア板をアラレ組みする場合は、前後に捨て板を当てないとササクレや割れが発生してしまいます。薄いベニアで良いので、捨て板を準備しましょう。

アラレ組みベニア使用時の注意1アラレ組みベニア使用時の注意1

セットが完了しました。

切削の準備完了

切削開始

トリマービットの回転は「時計回り」なので、自作テンプレートの中を時計回りに切削していきます。

トリマービットを時計回りに切削する

片方の板の切削が完了したら、もう1枚反対側の切削を行います。2枚を合わせて重なった部分が切削箇所になります。

トリマーで切削1

切削箇所を間違えないようにバツ印をつけます。

トリマーで切削2

自作テンプレートにセットして切削します。

トリマーで切削3

どちらも、工作部材の奥の捨て板半分まで切削ができていればOKです。

アラレ組み捨て板まで切削

完成

シナベニア合板は少し切削面が荒れますが、当て板を施す事で荒れを抑えることができます。この作業を繰り返すと、マスのようなアラレ組みの木箱になります。

アラレ組みの完成

まとめ

木箱の大きさやアラレ組みの継手幅に合わせてテンプレートを作成する事で、思い通りの木組み箱を作ることが可能になります。コツは必要ですが、練習を繰り返すと上手くできるようになるので、ぜひ挑戦してみましょう。

おすすめアイテム

トリマーがあれば、ホゾ組みやアラレ組みなど本格的な接合から、市販の家具のような装飾の縁取りも可能です。

テンプレートと木材をしっかり固定して作業を進めましょう。



トリマー記事一覧

フォローする

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る