≪家具DIY≫椅子や脚立にもなる3wayスツールを作ろう!【図面あり】

3waystool DIY
【図面PDFダウンロード可能】椅子としてだけではなく、様々な使い方ができるシンプルなスツールの作り方を紹介します。

椅子として、脚立として、ディスプレイとしても使える3wayスツール(脚立椅子)です。重量のあるものを乗せても耐えられるよう、片欠き継ぎ(かたかきつぎ)加工も施しています。図面PDFがダウンロードできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

材料

  • SPF2×3材:1820mm(2本)
  • SPF2×4材:910mm(1本)
  • SPF2×6材:400mm(1本)
  • 8mm丸棒
  • コーススレッド:50mm(18本)
  • ジェルカラーニス(マホガニー、ブラック)
図面ダウンロードはこちら
※別ウィンドウでPDFが開きます。

道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規
  • 電動ドライバードリル&ドリルガイド
  • スコヤ(プロトラクター、自由スコヤ)
  • 差し金
  • ノコギリ(胴突き&アサリなし)
  • 金槌&ノミ
  • サンドペーパー(#320)
  • クランプ
  • ウエス
  • インパクトドライバー

DIYレシピ

各部材の切り出し

まずはじめに、部材の切り出しを行います。

3wayスツールDIY 部材の切り出し

座る部分の板(SPF2×6材)を400mmに切り出します。

3wayスツールDIY 丸ノコ定規カット

長い木材を切る場合は、木材の下に捨て板を置くときれいに切れます。

3wayスツールDIY 捨て板で綺麗にカット

今回使う部材の切り出しが完了しました。

3wayスツールDIY 部材切り出し完了

切り出した部材の詳細
前脚 SPF2×3材:690mm(2本)
後脚 SPF2×3材:600mm(2本)
踏み板 SPF2×4材:345mm(2本)
上部座板 SPF2×6材:400mm(1本)
脚固定材 SPF2×3材:325mm(1本)、260mm(1本)

前脚の加工

前脚部分の製作です。斜めに接合するので、プロトラクターで斜めの墨線を入れます。今回は65度の角度に合わせます。

3wayスツールDIY 墨線3wayスツールDIY 切り欠き箇所

65度にカットする部分
前脚 上部・下部
前脚側面 踏み板をはめ込む部分(2段)
上部座板 前脚を接合する部分

丸ノコ定規を65度に合わせて切り出します。

3wayスツールDIY 65度カット

次に、踏み板との接合部分を溝切りします。脚立としても使うので、溝に踏み板をかまして安定感を出します。

3wayスツールDIY 片欠き墨線

溝の幅は踏み板SPF2×4材の厚みを直接合わせて墨線を引きます。

3wayスツールDIY 踏み板墨線

1段目の踏み板から20cm上に2段目を組みます。

3wayスツールDIY 差し金の使い方

墨線が引けたので、丸ノコで溝を切ります。丸ノコの刃を10mmに調整します。

3wayスツールDIY 差し金で出幅調整

墨線の内側に切り込みを2~3mm間隔で入れます。

3wayスツールDIY 片欠き溝切り

金づちでバンバン叩いて溝を作ります。

3wayスツールDIY 片欠き

そして、ノミできれいに仕上げれば溝の完成です。

≪DIYプロ級≫宮大工も驚く!?釘やビス不要の相欠き継ぎ(あいかきつぎ)方法をご紹介!
DIYは通常、木材と木材をコーススレッド(ビス)で止めるケースが多いと思いますが、釘やビスを使わずきれいな接合をしたいと思った時には「相欠き継ぎ(あいかきつぎ)...

上部座板の製作

前脚が上部の座板と65度でつながるので、プロトラクターで65度の墨線を引きます。

3wayスツールDIY プロトラクター墨出し

ノコギリを使い38mmのラインで切り出します。

3wayスツールDIY ノコギリ角度カット

3wayスツールDIY 組み付けイメージ

38mmはSPF2×3材の厚さ分です。

【DIY基礎知識】木材の角度はこれでチェック!スコヤの種類と使い方をご紹介
スコヤは、正確な角度を測定するための道具です。スコヤにも様々な種類があり、直角を測る「スコヤ」、45度を測る「留型スコヤ」、分度器がついた「プロトラクター」、...

さらに、上部の座板に後ろ脚接合部分のほぞ穴を掘ります。

3wayスツールDIY ドリルガイド

ほぞ穴は、後ろ脚SPF2×3材の寸法(65mm×38mm)から割り出します。今回は30mmの深さのほぞ穴を作ります。(8mm余りができる計算です。)
座板には、縦18mm×横45mm×深さ30mmのほぞ穴を開けます。(-5mmでも良かったかなと思います。)

3wayスツールDIY ほぞ穴イメージ

電動ドライバードリルとドリルガイドを使い、ほぞ穴の下穴を開けます。ドリルガイドを少しずつ横に移動させ、何個か下穴を開けます。

3wayスツールDIY ドリルガイド2

下穴を開けた後にノミで仕上げます。

3wayスツールDIY ほぞ穴加工

≪DIYテクニック≫これぞ元祖!ノミでホゾ穴を開ける方法を詳しく解説
ホゾ穴加工は「木組の基本となる手法」です。DIYでおなじみのツーバイ材でホゾ穴加工を施す場合は、節(フシ)を避けながら穴を開ける位置決めるため、ある程度の図面や...

後ろ脚の加工

後ろ脚(SPF2×3材)のほぞ先を作ります。木材の先端部分にほぞ先の墨線を引きます。(今回はケビキを使っていますが、鉛筆でもOKです。)

3wayスツールDIY ケビキ墨線

墨線に沿って胴突きノコギリで不要部分をカットします。

3wayスツールDIY ほぞ先の切り出し

作業台にクランプでしっかり固定し、胴突きノコギリで切り出しする方法もオススメです。

3wayスツールDIY クランプ固定

ほぞ先の加工が完了しました。

3wayスツールDIY ほぞ先完成

部材の塗装

踏み板と座板はマホガニー、脚部分はブラックで塗装します。

3wayスツールDIY ジェルカラーニス塗装

乾燥まで夏場で6時間ですが、2度目は完成してから塗るので半渇きで作業開始です。

3wayスツールDIY ジェルカラーニス乾燥

組み立て

踏み板固定用のビス穴を開けます。

3wayスツールDIY ビス位置

SPF2×3材の横幅65mmを三等分した位置に2箇所印をつけます。

3wayスツールDIY ドリル印

電動ドライバードリル(ドリル径:8mm)で深さ5mmのだぼ穴を開けます。

3wayスツールDIY ダボ穴加工

踏み板のだぼ穴を開け終わりました。

3wayスツールDIY ダボ穴加工2

踏み板の固定にはコーススレッド50mmを使います。

3wayスツールDIY コーススレッド

インパクトドライバーで打ち込み、踏み板を固定します。

3wayスツールDIY 脚固定

後ろ脚の固定部材を組み立てます。同じようにドリル径8mmでほぞ穴を開けて、コーススレッド50mmで固定します。

3wayスツールDIY 支え材加工

踏み板、前脚部分と座板、後ろ脚を仮組みします。(座板と後ろ足は木工用ボンドを塗ってはめ込みます。)

3wayスツールDIY 仮組み

ベニア板など平らな部分に乗せ、差し金を使い各部材の垂直と寸法を調整します。

3wayスツールDIY 脚位置調整

角度や寸法がずれている場合は、金づちで優しくコツコツ叩いて正しい位置に合わせていきます。正しい位置が決まったら、画像のようにさらにダボ穴を追加し、各部材を全部コーススレッド50mmで固定します。

3wayスツールDIY ダボ穴加工イメージ

8mm丸棒を10mm程度にカットして、ダボ穴に木工用ボンドを付けて埋め込みます。

3wayスツールDIY ダボ穴埋め込み

だぼ穴を埋め終わりました。木工用ボンドが乾いたら、丸棒をアサリなしノコギリでカットします。

3wayスツールDIY ダボ埋め3wayスツールDIY アサリなしノコぎり

全体の表面をサンドペーパー(#320)で整え、少しだけ角の塗装を落としシャビー感を演出します。

完成

最後に仕上げの塗装を行い完成です。

3wayスツールDIY 完成

デイスプレイの場合。

3wayスツールDIY デイスプレイイメージ

作業台との共演です。なかなかいい感じです。

3wayスツールDIY ディスプレイイメージ2

製作を終えて

本格的なツーバイ材での家具作りは初めてでしたが、とても勉強になりました。家具用木材とは違い、曲りや荒れがあるツーバイ材をどう活かすか考えることはとても難しかったですが、楽しい作業ですね。このスツール(脚立椅子)は大切に使っていきます。

ご紹介した商品

真っ直ぐな穴あけ加工に便利ツール


手軽に塗れるカラーニス

トップへ戻る